かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠228(中国)

2017年10月14日 | 短歌一首鑑賞

   馬場あき子の旅の歌30(2010年9月実施)
      【李将軍の杏】『飛天の道』(2000年刊)181頁
       参加者:N・I、曽我亮子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
       レポーター:曽我 亮子
       司会とまとめ:鹿取 未放


228 西域は老仙の国太太(たいたい)の傍らにしてをとこ痩せゐつ

     (レポート)
 西域諸国は古来翁を「老仙」と敬い大切にする国柄だが、みるとふっくらした奥方のそばにいるのは、みな元気のないしょぼくれた男達ばかり…。作者は、現代はいずこも同じ、西域にも女性上位の風が吹いているのだなあと、感慨を込めて詠っておられる。(曽我)
  太太:妻の敬称


     (当日意見)
★莫高窟の絵を見て書いた歌ではないか。壁画の女性はみんなふっくらとしているから。(藤本)
★老仙といっても仙人ではなく妻帯している。「太太」の文字のイメージと、痩せた男との取り合
 わせの面白さを狙っている。(慧子)
★ユーモアがあって楽しい歌ですよね。男の老人なら誰でも老仙と呼んだとは思えないけど、もと
 もと西域は伝説の老仙が住むような土地柄だった。そして今、ふくよかなご婦人の傍らには決ま
 って痩せた男がついている。慧子さんの言うように「太太」と痩せた男の取り合わせの面白さも
 もちろんあるんだけど、痩せた男にかすかに仙人の精神性をみているのではないかな。(鹿取)


『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠227(... | トップ | 馬場あき子の外国詠229(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事