かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

渡辺松男の一首鑑賞 412

2017年06月30日 | 短歌一首鑑賞

  渡辺松男研究49(2017年5月実施)『寒気氾濫』(1997年)
    【睫はうごく】P165
     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、A・Y、渡部慧子、鹿取未放
     レポーター:泉 真帆       司会と記録:鹿取未放
  

412 真空へそよろそよろと切られたるひかりの髪は落ちてゆくなり

      (レポート)
 散髪の場面だろうか。「そよろそよろ」という表現から、愛しい君が長い髪をカットしている場面のようにも感じられる。カットされた髪ははらりはらりと柔らかく真空状態のなかへ散ってゆく。君を想う心が、君の髪までも輝かせるのだろう。君をまえにすると「真空」になってしまう、そんな恋心なのではないだろうか。(真帆)


      (当日発言)
★松男さんの初期の相聞歌だと思いました。(真帆)
★この髪は真空へ落ちて行くんですよね。真空でないと髪はそよろそよろとは落ちないで、バサッ
 と落ちますから。君の髪が切られてもまだつやつやしていて光りを帯びて落ちていくという相聞
 歌を作る人はいるかもしれないけど、「真空へ」とは松男さん以外言わないでしょうね。リアル
 な相聞歌として読めば真空は絶対あり得ない想定で、その場合は何かの比喩と読むのでしょうが。
 私は、ひかりが切られて髪の毛のように細長い筋になって動いていることを詠んでいるのかと思
 っていました。普通ひかりは鋭角で速い速度を思いますけど、ここは柔らかい。(鹿取)
★半永久的な自分の心を言っているのかなあ。たまたま髪にしただけであって。(慧子)

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡辺松男の一首鑑賞 411 | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞 413 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL