かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

渡辺松男の一首鑑賞 2の6

2017年07月11日 | 短歌一首鑑賞

  渡辺松男研究2の1(2017年6月実施)『泡宇宙の蛙』(1999年)
    【無限振動体】P12
     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、A・Y、渡部慧子、鹿取未放
     レポーター:渡部慧子      司会と記録:鹿取未放

  
6  月光のこぼれてはくるかそけさよ茸は陰を選択しけり

      (レポート)
 茸は大型の菌類の総称で、木の蔭や朽木などに生える。さんさんと降る太陽光を好まないことを「月光のこぼれてはくるかそけさよ」と詩的に表現する。また、分類上の隠花植物をふまえての下の句「茸は陰を選択しけり」の意味と「けり」の意味、効果をこめて結ばれる。(慧子)


      (当日意見)
★「けり」の意味、効果とは?(鹿取)
★ 詠嘆ですか。(慧子)
★そうですねえ、「選択したんだなあ」って。茸という種の意志としてそうしたという事ですね。
 人類が二足歩行を選択した、というような意味合いで。そうして茸は陰に生えてるんだけどそこ
 に月光がこぼれてくる、それもかそかだと捉えているところがほそみというか美しいですね。
   (鹿取)

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡辺松男の一首鑑賞 2の5 | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞 2の7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL