かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

渡辺松男の一首鑑賞 360

2016年10月31日 | 短歌一首鑑賞

      渡辺松男研究43(2016年10月実施)『寒気氾濫』(1997年)【半眼】P147
          参加者:泉真帆、M・S、鈴木良明、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放
           レポーター:泉 真帆
           司会と記録:鹿取 未放


360 再会の山毛欅の樹幹を抱くときのその悦びのぐぐぐぐと春

     (レポート)
 渡辺松男歌の魅力は、情動を歪めず一首に気分をのせられるところだと思う。読者はそこをたのしめる。「ぐぐぐぐ」というオノマトペで、悦びがだんだんと実感として迫ってくる様が表現されていると思う。視角的にも「ぐ」を重ねてたのしい。「再会」に心情が込められていると思う。(真帆)


       (当日意見)
★別に山毛欅でいいけど、まあ恋人との二重写しになっているんでしょうね。作者は山毛欅だけと
 とってほしいのかしら。(鹿取)
★あくまで山毛欅に再会できた喜びじゃないですか。違う?(真帆)
★真帆さんの解釈はいいと思いますよ。でも二重写しというのもありだと思う。(鹿取)
★一連を読んでいくと人との再会だから、ダブって読んでもいいと思います。誰かを抱きたきとか
 も出てきましたから。ただ、松男さんは木が好きだから、うまく言葉が斡旋されている。あんま
 り人を前面に出してもあれだし、批評を書くのが難しいですね。(鈴木)
★私はどちらかというと、この歌は山毛欅のことだけと採りたい気分なのですが、素肌、白蓮の下
 で待つ、うつそみを恋うの後に置かれた歌だと思うと、どうしても恋人を重ねて読むことになっ
 てしまいます。(鹿取)
★でも、「ぐぐぐぐ」って松男さんしか使えないですね。(鈴木)
★素敵ですね、気分が出ていますよね。(鹿取)
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡辺松男の一首鑑賞 359 | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞  361 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL