かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠39(アフリカ)

2017年06月18日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑤(2008年2月実施)
  【阿弗利加 2 金いろのばつた】『青い夜のことば』(1999年刊)P165~
  参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、高村典子、
       藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
  レポーター:N・I       司会とまとめ:鹿取 未放
             
         
39 しぶ鏨(たがね)・なめくり鏨・ななこ打ちここアフリカの鏨はひとつ

      (まとめ)
 鏨は鋼鉄製の鑿(のみ)のこと。上の句に並べた鏨の名前がゆかしく歌に懐かしいニュアンスを加えている。45番歌に「われ昔鍛冶屋の友ありその祖父の打つ鎌の火を見てうやまひき」があり、作者の子ども時代になじんだ道具類だったのだろう。さてこんなふうに日本では様々な種類の鏨があるが、目の前のアフリカの人々はたった一種類の鏨を器用に扱って様々な作品を作り出している。鏨が一種類しか無いのは経済の差なのであろうが、それを乗り越える技に作者は感嘆している。(鹿取)
    

     (レポート)
 いろいろ用具はあるけれど、アフリカ人は諸々の事に器用なので、ここアフリカでは鏨ひとつで細工することができることを讃えています。(N・I)
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠38(ア... | トップ | 馬場あき子の外国詠40(ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL