かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠250(中国)

2016年10月13日 | 短歌一首鑑賞

   馬場あき子の旅の歌33(2010年11月実施)
    【砂の大地】『飛天の道』(2000年刊)193頁
     参加者: N・I、Y・I、佐々木実之、T・S、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
     レポーター: 藤本満須子
     司会とまとめ:鹿取 未放


250 キルギスは柘榴モンゴルは剣を描けりそのパオに生れてみどり児眠る

     (レポート)
 歌はカザフ人、カザフの女、キルギス、モンゴルへと視点が向かっていく。パオに生まれて眠っている赤子に目を向けた1首である。キルギスのパオには石榴の刺繍が見えたのだろう。壁に掛けられているたくさんの絨毯の中に見つけたのかも知れない。(藤本)

  
      (意見)
★パオを覗いて見なくても、こういうところで赤ん坊が育つのだという感慨を詠んでいるというこ
 とでいいのではないか。(実之)

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠249(... | トップ | 馬場あき子の外国詠251(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL