かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠(中国) 171

2016年06月05日 | 短歌一首鑑賞

    馬場あき子旅の歌22(2009年10月)【紺】『葡萄唐草』(1985年刊)
         参加者:Y・I、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
         レポーター:渡部 慧子
          司会とまとめ:鹿取 未放

171 長江の彼方より春は来るといふ雨はれて上海の桃ほころびぬ

     (レポート)
 上海は江南と呼ばれる長江下流の南部に位置し、気候温暖な地として知られている。ちょうど杜牧の「江南の春」という七言絶句があり、それを念頭にしての掲出歌ではないだろうか。中国の春は桜ならぬ桃が喜ばれ、中国人の憧憬としての桃源郷を、私達もよく知るところだ。おりしも「雨はれて」よろこばしく当地上海を讃えるべく「桃ほころびぬ」と詠いあげたのだ。(慧子)
       江南春
    千 里 鶯 啼 緑 映 紅
    水 村 山 郭 酒 旗 風
    南 朝 四 百 八 十 寺
    多 少 楼 台 煙 雨 中


          (当日意見)
★上海への挨拶歌である。「長江の彼方」と言って場所を限定しなかったところも良い。(慧子)
★きれいすぎる。先生らしくない。(T・S) 


      (まとめ)
 1983(昭和58)年3月30日から4月4日まで朝日歌壇選者として訪問した馬場にとって初めての外国旅行である中国での作。馬場の中国旅行は2回、その旅行日程と旅行詠掲載歌集を馬場あき子全集別巻より抜粋する【この後、シルクロードの旅(ウルムチ、トルファン、敦煌、莫高窟、天山など)が続くが、この頁では省略。】

○1983(昭和58)年3月30日~4月4日
   上海(魯迅記念館、玉仏寺など)
   杭州(西湖、六和塔、霊隠寺など)~拙政園、獅子林など
   蘇州(西園、虎丘斜塔など)~上海
○1985(昭和60)年4月27日~5月3日
   蘇州、西安、北京を巡る。


■『葡萄唐草』   昭和60年11月   立風書房
     中国詠「紺」13首
■『雪木』     昭和62年7月      角川書店
     中国詠「向日葵の種子」11首

 異国に初めてやってきたわくわく感が、大づかみな景の捉え方と弾むようなリズムから伺える。
まさに憧れの土地への挨拶歌で、土地褒めとして長江、桃の花をたたえている。そういうわけでT・Sさんの「きれいすぎる」という非難は当たらない。レポーターが引いた漢詩「江南の春」の書き下し文は次のとおり。(鹿取)
      江南の春
   千里鶯啼いて緑紅に映ず
   水村山郭 酒旗の風
   南朝 四百八十寺(しひゃくはっしんじ)
   多少の楼台煙雨の中

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠320(... | トップ | 馬場あき子の外国詠172(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事