かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

渡辺松男の一首鑑賞 185

2015年01月21日 | 短歌一首鑑賞

 渡辺松男研究 23 【眉間】『寒気氾濫』(1997年)79頁
            参加者:泉真帆、かまくらうてな、渡部慧子、鹿取未放、石井彩子と鈴木良明は紙上参加
             レポーター: 泉 真帆
            司会と記録:鹿取 未放

 ◆今回よりナンバーの表示を変更しました。
    
185 土がにおい汗ぼうぼうの扇状地 農に痩せいし祖父の鳩尾(みずおち)

  (レポート)(2015年1月)
 扇状地を農地として使うには、想像を超える苦労があるのだろう。農業を営む作者の祖父は、鳩尾がくぼむほど痩せている。そんな姿を上句の「土がにおい」「汗ぼうぼう」が引き出す。作者は群馬県に住む。ここは大間々扇状地かもしれない。(真帆)


(紙上意見)(2015年1月)
★農作地としては厳しい扇状地を開拓しつつ、農業を営んだ祖父を、鳩尾に滴り落ちる汗や、褪せた姿
 と視覚で捉えている。「ばうぼう」という濁音が 、草が茫茫と生え乱れている様と、汗が滂沱の如く
 流れ落ちる様と,二重に用いられ、農に塗れた無骨な祖父の姿を浮かび上がらせる。(石井)
★「扇状地」は川が山地から平地へ流れる所にできる地形である。祖父は痩せて、「土がにおい汗 ぼう
 ぼうの扇状地」と形容されるような鳩尾をしつつ 、苦労して長く農業を営んできた。(鈴木)


(当日意見)(2015年1月)
★扇状地のイメージを鳩尾に転換したテクニックが面白い。ただ3句と結句で体言止めになっていて違和感を感じる。
 私は前登志夫のファンで、こういう構造の歌があるかどうか彼の6冊の歌集を調べました。そしたら1首か2首し
 かなかった。他の人の歌集にも極めて少ない。だからこの 構造の歌はやらない方がよい。でも逆にいうとこうして
 並べることで扇状地と鳩尾が自分の言いたいポイントだということがよく分かる。ここはポイントが明瞭に伝わる
 ので成功していると思 う。(うてな)
★確かに一般的には3句と結句で体言止めにすると、ぶつ切れになってなめらかな律を損なうし失敗することが多いで
 すけれど、これはいい歌だと思い ます。扇状地と鳩尾という形態的にイメー ジの似たものを衝突させてしかも抒
 情性を保っているし、祖父への思いも滲んでいる。余談だ けど、松男さんの造型したおじいさん像というのが私は
 どの歌をとっても好きです。(鹿取)
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠 377... | トップ | 渡辺松男の一首鑑賞 186 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メーンバー増えました (泉真帆)
2015-01-21 09:47:12
この日は参加者が4人。さびしくなるかと思いきや、新しく会員に「かまくら うてな」さんもお迎えし、充実した会でした。次回もたのしみです。
頼もしい仲間 (鹿取未放)
2015-01-21 11:11:56
真帆さん、コメントありがとう!
ほんと、少人数の寂しさを吹き飛ばす、頼もしい方がいらっしゃいましたね。うてなさんの真情こもった力強い発言に圧倒されました。これからが楽しみですね。

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事