かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠176(中国)

2017年08月05日 | 短歌一首鑑賞
 
馬場あき子の旅の歌22(2009年10月)【紺】『葡萄唐草』(1985年刊)
       参加者:Y・I、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
       レポーター:渡部慧子
        司会とまとめ:鹿取 未放


176 春たくる上海予園門前市媼が紅巾を売る手冷たし

     (レポート)
 中国庭園のうち上海のものは明、清時代に多く造園され、予園もこの時代のもの。その門前には骨董店が集まり、時代ものはもちろん、陶磁器、硯、高級時計、美術品など実にさまざまで、玉石混淆の品揃えであろう。
 さて14世紀に紅巾によって頭を包み同集団とした紅巾の乱(白蓮教徒の乱)が起こったのだが、その紅巾を媼が商っている。言いなりに買うもよし、疑って値切るもよし、旅の楽しさとして一首に残しているのだが、「売る手冷たし」とは偽物を掴ませようという冷ややかさを見抜いての措辞であろうか。いやそんな商いをしつつ生きていくことのあわれが、自然の摂理「春たくる」ときにもいたしかたなく滲んでいると感受されたのであろう。(慧子)


     (まとめ)
 いくら骨董市でも14世紀の「紅巾の乱」を起こした人々がかむっていた「紅巾」を売っているとは考えにくい。万一残っていたら博物館に収蔵されているだろうから、スカーフか何か紅い布を売っていたのだろう。この媼は貧しい商い人だと思われる。買い求めたときふと触れた媼の手が冷たかったのではなかろうか。「春たくる」といっているが作者が訪れた4月上旬は早春ではないにしろ「春まっさかり」というにはまだまだ寒いからここは媼の手の冷たさを際だたせるための短歌的虚構か。ちなみに4月上旬の上海の平均気温は東京とほぼ同じ14度℃である。 (鹿取)
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠175(... | トップ | 馬場あき子の外国詠177(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL