かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠36(アフリカ)

2017年06月15日 | 短歌一首鑑賞

  馬場あき子の外国詠 ④(2008年1月実施)
  【阿弗利加 2 金いろのばつた】『青い夜のことば』(1999年刊)P162~
  参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、T・S、高村典子、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
  レポーター 渡部慧子 司会とまとめ 鹿取未放 
 
36 人間は大きくあれば蠅などとたたかはずゆつたりと羊頭を吊る

      (まとめ)
 上句がゆったりとしていておおらかで魅力的なうたである。鑑賞はある程度まで自由なのだが、レポーターのいう羊頭狗肉はこの歌では関係ないだろうし、蠅をマスコミ報道などに見立てるのは穿ちすぎだろう。少なくとも作者の作歌意図にマスコミ報道云々はなかっただろう。ユーモアを含んだ上句は面白く、下の句は事実そのままの情景ととって十分よい歌に思われる。
 なお、先月鑑賞した中にも蠅の歌があった。(鹿取)
ベルベル族のテントに入りてミントティ飲む朝の顔蠅まみれなり  馬場あき子
         

      (レポート)
 〈羊頭狗肉〉つまり〈羊頭を掲げて狗肉を売る〉ということわざがある。狗肉とは犬の肉で下等なものとされているので、看板に偽りありという意味。さて掲出歌、実際に羊頭を吊りそこへ蠅もたかっている現場へ作者は来合わせた。このスーク内の肉屋は看板どおりの商いをしているのであろうが、吊られているものから〈羊頭狗肉〉という言葉を連想し、蠅をマスコミ報道などにみたてたとも思える。今も昔も、世の東西を問わず、食品偽装という想像も可能な一首なのだが、掲出歌の冒頭に注目したい。「人間は大きくあれば」と詠うとおり、この肉屋は蠅を追うでもなく泰然と商いをし、またそれに対し不潔などとさかしらにつぶやかない作者の面構えのみえる一首だ。(慧子)
                                       

     (当日意見)
★面白がっている。文明に対する批評の思いがある。(藤本)

『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠35(ア... | トップ | 馬場あき子の外国詠37(ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌一首鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL