かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠3(ロシア)

2016年10月20日 | 短歌一首鑑賞

  馬場あき子の旅の歌1(2007年10月実施)
     【オーロラ号】『九花』(2003年刊)136頁
      参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、Y・S、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
      レポーター:K・I
     まとめ:鹿取未放

 
3 三十三度異常の夏のオロシアのイワン雷帝のやうな夕立

     (まとめ)
 イワン雷帝は、ロシア帝国の皇帝イワンⅣ世(1533~1583在位)のことで、農奴制につながる専制政治体制(ツァーリズム)を確立し、息子を殺すなどロシア史上最大の暴君とされている。その暴君が突然癇癪を起こして怒り狂っているような夕立だ、というのであろう。しかしここでは何か陽性な怒りで、この歌に「イワン雷帝」に対する悪のイメージはない。オロシアという古い呼び名も夕立によくマッチしている。
 7月中旬のロシアの気温は平均17度、日本の4月頃の気候だから羽織るものを用意するよう旅行社から言われてでかけてみると連日33度、34度の暑さだった。地球温暖化がいわれて久しいが、冬の長いロシアの人々はむしろこの気温を喜んでいるように見えた。クルージング中に、モスクワ川やヴォルガ川で喜々として泳いでいる人々の姿をよく見かけた。そして、そういうクルージングの最中にも、毎日決まったように突然夕立が訪れるのだった。予兆なく突然大粒の雨が降り出すので、その都度、甲板からあわてて屋根のある方向めがけて駆け込むのだった。だが、その夕立はむしろ旅行者を爽快な気分にさせてくれた。
 蛇足だが、『罪と罰』でラスコーリニコフが老婆を殺すのは、やはり異常に暑い気温続きの「七月はじめの酷暑の頃」とある。もちろん百年前にもこういう暑い夏はあったのである。(鹿取)


      (レポート)
 これは旅行した作者の体験(K・I)

   
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬場あき子の外国詠2(ロシア) | トップ | 馬場あき子の外国詠4 (ロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL