かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠224(中国)

2017年10月10日 | 短歌一首鑑賞

  馬場あき子の旅の歌29(2010年6月実施)
     【李将軍の杏】『飛天の道』(2000年刊)179頁
      参加者:Y・I、T・K、曽我亮子、T・H、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放
      レポーター:T・H
      司会とまとめ:鹿取 未放


224 没法子(めいふあーず) 嗟嘆し賞嘆するここをゴビ灘(たん)と呼ぶただ砂に風

      (レポート)
 「没法子」は、しかたがありません。「嗟嘆」嘆くこと。「賞嘆」感心して、褒めること。仕方がありません、ここ「ゴビ灘」では、一面の砂山、砂礫の中にあっては、ただ嘆いたり感心したりするだけです。日本人のやわらかい感情など入れる余地のないような、この「ゴビ灘」、馬場先生もただただ驚きを表しておられる。(T・H)


      (まとめ)
「没法子」は、レポートにあるとおり「仕方がない、どうすることもできない」という意味。中国に来て覚えた言葉なのだろうか。「灘」は砂漠である。「ゴビ砂漠」のもったりした言葉ではなく、「ゴビ灘」と切って捨てるような鋭い言葉の選びが、人間を寄せ付けない風景の厳しさをよく伝えている。見渡す限り砂ばかりで草も木も家も何もない、ただ風が吹き荒れ、砂を巻き上げるだけのここをゴビ灘というのだ、だから「嗟嘆し賞嘆する」ことしかできない。嗟嘆、賞嘆、ゴビ灘と「タン」の音の脚韻も、嘆きの息の強さの感覚を伝えている。何もない、何も生まない、砂と風しかない風景に圧倒されている姿が見える。面白いのは不毛の砂漠にむかってただ嘆いているのではなく、嘆きつつ賞めているところで、その点がいかにも馬場の歌らしい。(鹿取)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加