いいタイトル思い浮かばんのですが。。。

とりあえず、ブログの別宅なんで 密かに しこしこと。。。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆ 深夜に狂喜・乱舞した オールナイト・ニッポン!

2007年01月29日 | Weblog


昭和の若者たちが 熱狂した深夜放送 について書いてみました。


オールナイトニッポンを、Wikipediaで調べると・・・

ニッポン放送の看板番組「オールナイトニッポン」 (All Night Nippon) は、ニッポン放送をキーステーションに全国で深夜放送されているラジオ番組。略称:「オールナイト」、「ANN(All Night Nipponの略)」。

1967年10月1日放送開始以来、35年以上も放送されている長寿番組で、全国的な人気と歴史を誇り、若者をターゲットとした深夜放送の代名詞的存在であり、ニッポン放送製作・放送の長年放送長寿番組では時間を問わないとすれば「テレフォン人生相談」に次ぐ第2位。数多くの人気パーソナリティが生まれた。最近は中高年層をターゲットとした「オールナイトニッポンエバーグリーン」の放送を開始した。

また、長寿パーソナリティは笑福亭鶴光の11年9ヶ月(1985年9月終了)であったが、現在も放送されているナインティナイン(「ナインティナインのオールナイトニッポン」(岡村隆史、矢部浩之ともに))の12年7ヶ月(2006年12月現在)、そして、松任谷由実の11年(1999年3月終了)と続いている。

普段、疑問に思っていた以下のことが、この百科で明確になった。


①番組開始時の口上

糸居五郎さんをはじめ、みなさんがビター・スイート・サンバに乗って喋っていた口上は「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる…」
ジングル(スポットで短く流れる音楽)は「ビバヤング(パヤパヤ)!」


②パーソナリティの時代と顔ぶれ

(2-1)中学生のとき、背伸びして聴いた「あまいくにお」さん(前・副社長、現・顧問)は、いつ頃、パーソナリティをやっていたか?

その答えは、1970年5月から1971年12月まで、木曜の晩(金曜の早朝)の 1時から5時までの4時間の長丁場をこなしていました。今から思うと、すごい~すごい~~!!(多分、あっしは、早寝した後、夜中に起きて、1時~3時くらいまで 聴いていたと思う)

(2-2)確か、人気絶頂の「あのねのね」の二人が滅茶苦茶なコトバを吐きながら、日曜の夜に楽しませてくれた時期は、いつ頃 だったか?

1973年9月から1974年5月。日曜をやる前の2ヶ月と日曜をやめた後の数か月、
水曜担当の時期があった。

(2-3)何と言っても、エッチで、青少年ばかりかオッサン、オバサンの心を癒してくれた(?)一番の思い出の「笑福亭鶴光」が日曜の夜に、楽しませてくれた時期は、いつ頃 だったか?

1974年6月から1985年9月まで(上の解説どおり、担当期間は、歴代2位)。
【当時、リスナーの間で話題になったフレーズ】
わんばんこ、乳頭の色は? どないだ~、ええか~、ええか~、ええのんか~?!!
(リクエストくれた本人に、深夜に電話して出てこないと)
寝さらせ~!!

いまでも、脳裏に、しっかりと焼きついておりまする。

(2-4)矢風ブログで、人気の高い「中島みゆき」姉さんが、楽しませてくれた時期は、いつ頃 だったか?

1979年4月から1987年3月の8年間、月曜1部(25:00~27:00)。みゆき姉さんのANNは、残念ながら、聴いた記憶が無い。

(2-5)矢風ブログに、ご熱心なファンがいる「谷山浩子」さんが、楽しませてくれた時期は、いつ頃 だったか?

1982年4月から1986年3月の4年間、木曜第2部(27:00~29:00)で ビートたけしさんの放送(木曜第1部)の後。みゆきさんの放送と同じ理由で、聴いた記憶が無い、勿体ないことをした。

それにしても、上記の人気者のほかに、タモリ、所ジョージ、松山千春、明石家さんま、長渕剛、吉田拓郎、桑田佳祐、とんねるず、ウッチャンナンチャン、松任谷由美さんなど等、ビッグなアーティスト、お笑い芸人が 我々を 楽しませてくれました。

1970年代前半は、JOLFアナウンサーが主体(ニッポン放送の現役では、那須恵理子アナ、塚越孝アナ、うえやなぎまさひこアナ、垣花正アナ、 荘口彰久アナ、吉田尚記アナ、宮崎文子デスクのお名前が拝見できます)、1975年頃から 歌手を含む、いわゆる放送タレントが加わり、1980年代以降は、タレント中心の形態になってきたのがわかります。


③オールナイトニッポンは、なぜ、人気が有るか(有ったか)?

ネット局一覧に、オールナイトニッポン(月~土25:00~27:00、36局)とあります。すなわち、第1部は、北は 北海道のSTVラジオから、南は 沖縄のラジオ沖縄まで、36の放送局を通じて、全国ネットしている(た)ため、関東以外のお友達も良くご存知な わけですね~!

これで、謎が解けました~~(笑)!!

アンコーさんの「オールナイトニッポンエバーグリーン(月~木27:00~29:00、※ニッポン放送のみ日28:00~29:00にも放送)」が、9局ネット(STVラジオ、茨城放送、栃木放送、KBS京都、南海放送、西日本放送、高知放送、九州朝日放送)のみというのが残念です。


さてさて、あなたの深夜放送、青春時代の思い出を見つける事が おできになりましたか??

あなたのANNの想い出をお聞かせください。

 

 

 

『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オフ・コースがお気に入り(... | トップ | 好きだった夫婦漫才 人生幸朗... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしも! (みっちゃん)
2007-01-29 18:47:06
鶴光の ええ乳しておりまっかー? と、乳頭の色は どないだ?? あたしも好きでした
ありがとさ~ん! (で~ぶ)
2007-02-01 01:03:51
みっちゃんさん、有難う! お友だちがいて、嬉しいですわ~!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
暑いのもイヤだけど寒いのもダメ (☆雪様\(~o~)/☆わいわい)
年中常春のところに住みたい。