黄昏時の今、君は何を思う

登山 ホンダビート レガシィ Cクラスクーペスポーツ スキー カメラ ギター 読書 そして「DATURA」を綴る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幌尻岳登頂成功 額平川コース日帰り 平成28年7月10日 第六話 補足事項

2017-01-09 00:23:40 | Mountain climbing
現在は一般車両は、第一ゲートから先には行けなくなりました。これで、日帰り登山が実際に難しくなったと言われています。
この第一ゲートから、バイクやマウンテンバイクなどで、北海道電力取水施設まで行く作戦もありました。
今回、シャトルバスに小型の折りたたみ自転車、モンキーやゴリラなどのミニバイクを持ち込む、同じように使用する作戦もあるなぁと感じました。
ハイエース、マイクロバスが満車状態でなければ持ち込めるでしょう。
ただ、登山の本質から自分の脚力だけでなく、そのようなものに頼るのは邪道かなぁと思いました。

とよぬか山荘は、無料のwifiがあってインターネットでの情報収集可能です。これもとても助かりました。
利用料も宿泊、夕、朝食ついて5,000円は安いです。素泊まりは3,000円です。
設備も豊富です。本州の方がこんな安く本当にいいのだろうかと言っていました。簡単な売店、コインランドーなどあり、お風呂は無料です。

日帰りをする殆どの人が、念のために幌尻山荘で一泊することまで考えて予約を入れている現状がありました。
このことは、両方の山荘に人たちも了承済みです。幌尻山荘は一泊1,500円で利用しなかった場合は、返金か寄付を選ぶことになります。僕は後者を選びました。

送迎バスも同様にもしもの予約を入れておきます。尚、送迎車はキャセル料は取られません。使った分だけです。片道2,000円、往復4,000円です。

水に関してですが、煮沸して飲むというのが大道ですが、念のために持っていくには、アーバンテック SUPER DELIOS(スーパー デリオス) 携帯浄水器 2,545円というものも、最近使われているようです。

とりあえず備忘録兼、何かの参考になればと思い、今回色々書かせてもらいました。
それではご検討お祈りいたします。




幌尻山荘です。写真HPから借用しました。
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幌尻岳登頂成功 額平川コー... | トップ | (テスラ)TESLA ベアフット BA... »
最近の画像もっと見る

Mountain climbing」カテゴリの最新記事