21世紀 脱原発 市民ウォーク in 滋賀

<脱原発 市民ウォーク in 滋賀> の 活動報告、お知らせなど を掲載 ♪
ときどき、トピックも ~☆

9条ネット・滋賀 第50回 学習会

2016-10-16 22:25:02 | 記事
市民ウォーク実行委員会・呼びかけ人のおひとりである
稲村守さんより投稿がありましたので、以下に掲載します。

***********************

<9条ネット・滋賀 第50回学習会>

と き・2016年12月16日(金)19:00~           
ところ・草津まちづくりセンター TEL077-562-9240           
参加費・¥500 (学割あり)    
アクセス・JR草津駅西口下車。西へ進み、二つ目の信号を越えて
     一つ目の角を左折         

テーマ・最新の憲法情勢・・安倍首相の野望           
講 師・大阪経済法科大学 澤野義一法学部教授(憲法専攻)   


▼澤野義一さんの原発と憲法を問う意欲的な著書
 『脱原発と平和の憲法理論』
  法律文化社・刊
  2015.11.3発行
  175頁、¥3600+税



◆◆ライブ~歌で時代と平和を考える~VOL3が開催されました◆◆

憲法があるから私たちの今がある
歌で時代と平和を考える~VOL3開催 
---- 1000人委員会・しが ----

10月8日(土)、滋賀県近江八幡市文化会館ホールで、
「ライブ~歌で時代と平和を考える~VOL3」が開催された。

主催は「戦争をさせない1000人委員会・しが」。
中でも自治労・県教組の若い組合員が中心に企画立案準備を行った。

昨年5月から「ことばから音楽へ、ことばから声へ」として
高校生にも参加してもらう平和コンサートや、
昨秋びわ湖岸での沖縄をテーマとしたコンサートと模擬店
によるフェスティバルを取り組み、今回がフィナーレとなった。

3回のライブに、滋賀県弁護士会所属・伊藤建弁護士(30歳)の
コーディネートによる「憲法しゃべりば」を2回はさんで、
平和フォーラム加盟労組役員登場の寸劇のビデオを見ながら、
老若男女12人が「個人の尊厳」や「立憲主義」、
アメリカ独立宣言・フランス革命など民主主義獲得の歴史に
思いをはせる討論会をおこなった。


そのことを通じて憲法9条を守ることの重大性を確認する、
その中身を研鑽するために伊藤弁護士を講師として、
5回の憲法学習会と会議・準備作業もおこなってきた。

この「ヒップでホップなLIVEで憲法しゃべりば」は、
「私たちの生活の中に溶けこんでいる音楽。身の回りの疑問に
ふと気づき、立ち止まって考える時、毎日の暮らしの中に寄り添う
音楽と同じくらいに、憲法も、私たちの背中を押してくれるようなもの。
そして、私たちを守っているのが憲法です」と呼びかける。

未来の憲法のありようを考える時、
いつでもどこでも団塊の世代が多数派の憲法集会を脱却すべく、
17歳の自作曲も披露してくれた高校生ギタリストにも
シンポジストになってもらい、
JR草津駅前でいつも歌っているラッパー・山本びんたさんと
仲間たちのエンディングライブでは、ジーパン姿の伊藤弁護士も先頭に立って、
憲法メッセージラップを決めた。




◆◆ 10月2日、若狭の原発を考える会主催 ◆◆
11歳での広島被爆体験を語り、美浜原発3号機再稼働の危険に
思いをはせる米澤鐡志さん。
会場いっぱいの盛況。

外では熊川いっぷく時代まつりの人波。
鯖街道の宿場町。


***********************

♬ お知らせ ♬
<脱原発 市民ウォーク in 滋賀>
10月は独自の取り組みをおこなわず、
「さいなら原発10.23びわこ集会」に合流します。 → コチラ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱原発 市民ウォーク in 滋賀... | トップ | 何もかも未確定の 核廃棄物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。