21世紀 脱原発 市民ウォーク in 滋賀

<脱原発 市民ウォーク in 滋賀> の 活動報告、お知らせなど を掲載 ♪
ときどき、トピックも ~☆

原発のない社会へ 2017びわこ集会

2017-01-30 22:35:25 | 記事
<原発のない社会へ 2017びわこ集会>

「3・11 原発のない社会へ 2017びわこ集会」が
5回目の統一集会として開催されます。

1・22集会でも関電本店前で発言いただいた井戸謙一弁護団長の基調報告、
そして1・22集会に参加されていた浪速の歌う巨人こと趙博さん のコンサート
が中心ですが、メモリアルデーというようなスケジュール闘争ではなく、
ぜひとも闘う集会として成功させたいと脱原発市民ウォークの仲間は取り組んでいる
ところです。

チラシのダウンロードは ⇒ コチラ





チラシのダウンロードは ⇒ コチラ


<1・22集会 / 厳寒の中での熱気と”音海の大ダコ”
              そして闘う集会としての3・11を>

1月22日の「高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会」お世話様でした。

「すごい豪雨の下でのデモ、
そして関電本店前の嵐のようなビル風と厳寒の中で90分間、
全国からの22人の訴え、忘れられない集会となりました」と
感想を寄せて下さった方もおられます。

そして別の仲間は、福井県高浜町教育委員会が1994年に出した
『若狭高浜むかしばなし』という全221頁の本から
「音海(おとみ)の大(おお)ダコ」というたいへん面白い話を見つけられた。
1週間、毎日1本ずつ足を取られた音海の大ダコが
最後の1本で大反撃に転じる話です。

高浜原発前を通らないと行けない日本海側の小さな半島の
住民の皆さん(134人67世帯)が自治会として
「高浜原発1・2号機運転延長反対」の意見書を採択され、
すぐに関電と福井県および高浜町に提出し、地区内三カ所に立て看板設置、
そして他地区にも広げるためノボリ旗作成と見事な展開で、
この2月とも言われる高浜原発3・4号機に関する福井原発訴訟(滋賀)仮処分の
大阪高裁抗告審をも見据えた時期におこなったものということです。

この物語を1・22集会翌日に”発見”された仲間は
「私には、失礼な言い方かもしれませんが、音海地区住民の方々の快挙が
大ダコの反撃にうつりました。ひょっとしたら、大ダコの怨念は
クレーンまで倒したのではないかと・・・。」
と便りを送ってくださいました。



高浜1・2号機は昨年6月、40年を超えて運転できるとする
原子力規制委員会の審査に合格。
安全対策工事のため、大型クレーン4台が使われ、うち1台が
本年1月20日夜、中央制御室などがある原子炉補助建屋と
燃料取り扱い建屋に、もたれ掛かかり転倒した。
当時は暴風警報が出ており、関電は転倒防止のため約5トン
の重りを付けていたという。
(稲村)

脱原発市民ウォークin滋賀 2月の予定 → コチラ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1・29(日)再稼働反対!... | トップ | 再稼働 反対! 原発のない福... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。