日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

柳田ようやくお目覚め!待望の特大アーチを含む3打点!

2017年05月17日 | HAWKS

5連勝のあと2連敗中の福岡ソフトバンクホークス。前日の試合では先発の千賀滉大投手が1回途中に背中の違和感を訴え、わずか9球で降板。検査の結果、背中に異常がなく、大事には至らなかったのが幸いです。個人的には、千賀投手が降板した時点で負けたと思っていました。17日も京セラドームでオリックスバファローズと対戦したホークス、チームの連敗を阻止できたのか?



両チームのスタメン
  ソフトバンク     オリックス
1(二)明石健志   (左)武田健吾
2(遊)今宮健太   (中)駿太
3(中)柳田悠岐   (指)中島宏之
4(一)内川聖一   (左)T-岡田
5(指)デスパイネ  (三)小谷野栄一
6(左)中村晃    (一)モレル
7(三)松田宣浩   (捕)伊藤光
8(右)上林誠知   (遊)大城滉二
9(捕)甲斐拓也   (二)西野真弘
 (投)東浜巨    (投)松葉貴大


オリックス・松葉VSソフトバンク・東浜の先発で始まったこの試合、ホークスは1回に2死走者なしの場面で、柳田が松葉の5球目を打ち上げ、センターへ高々と上がった打球は、バックスクリーン上段に消えた…。柳田の特大ホームランで、ホークスが幸先良く先制。
3回、ホークスは先頭の上林が松葉の直球を叩いてライト前に運ぶと、快足を飛ばして2塁を陥れる。甲斐の犠打で1死3塁とした後、明石がレフトへキッチリと犠牲フライを放ち1点追加。
2点の援護を貰った東浜は、3回裏に2死から武田と駿太に連続ヒットを打たれ、1,3塁のピンチを迎えるが、中島を空振り三振に仕留めて得点を与えず。4回には四球とヒットで無死1,3塁と再び反撃のピンチ。しかし、モレルと伊藤を続けて三振を取ると、大城をライトフライに退け、ピンチを脱しました。
ホークスは6回、甲斐の内野安打、明石の四球、今宮の犠打で1死2,3塁と攻め立て、柳田が松葉の2球目のスライダーを捉え、センター前へのタイムリーヒット。ランナー2人が生還し、ホークス2点追加。なおも1死1塁で内川が松葉のフォークを叩き、左中間を破るタイムリー2塁打でもう1点追加。柳田&内川の連続タイムリーで3点を挙げ、5-0と突き放します。
7回には、先頭の松田がヒットのあと、盗塁で2塁に進む。1死2塁で甲斐が送りバント→オリックス2番手・ヘルメンが1塁悪送球。この間に松田が生還して6点目が入ります。
しかし8回、東浜が先頭の西野に2塁打を許すと、武田にセンター前タイムリーを浴びて1点を失う。連打を許した東浜がマウンドを降りた後、2番手・嘉弥真新也が1死2塁から中島にレフト前タイムリーを打たれ、6-2と4点差に。T-岡田の内野安打後、3番手・岩嵜翔が小谷野に四球を与え、1死満塁となる。ホームランを浴びれば同点に追いつかれる場面だったが、モレルを3球三振に抑えると、伊藤をストレートで空振り三振を奪い、オリックスの反撃を断ち切ります。
9回、4番手のサファテが武田に一発を浴びて1点返されたが、最後の打者をセンターフライに打ち取り試合終了。ホークスが6-3で逃げ切り勝ちを収めました。


パリーグ 2017年5月17日
オリックスVSソフトバンク 10回戦
<ソフトバンク6勝4敗、京セラドーム、観衆:14,932人>
ソ|101 003 100|6
オ|000 000 021|3
[勝] 東浜(4勝1敗)
[負] 松葉(1勝3敗)
[本] 柳田(ソ/5号)、武田(オ/2号)


3連敗は許されなかったこの日の試合は、柳田選手に待望の一発が生まれるなど、6得点を奪いました。投げては先発の東浜投手が7回まで無失点の好投。8回と9回にオリックスが反撃しましたが、追撃を凌いでなんとか勝利。連敗が止まったのはよかったけど、無失点で勝ちたかったですよ。終盤の失点が翌日の試合に影響が出るかもしれないなぁ。
今季4勝目の東浜投手は、8回途中(7回0/3)まで105球を投げ、被安打6・8奪三振・2四球・2失点。上々な立ち上がりのあと、3回と4回に立て続けにピンチを招くも要所を締めました。7回まで相手打線をゼロに抑え、味方打線の援護にも恵まれて、このまま完投・完封も行けるかと思われましたが、8回に連打を浴びたところで降板となりました。そんな東浜投手は、VSオリックス戦で初白星。過去9試合で未勝利と苦手にしていたチームにやっと1勝を挙げることができました。
打線はチーム全体で8安打。打のヒーロー・柳田選手は、松葉投手から2安打3打点。初回の打席で高めのストレートを捉え、センター上段の席まで飛ばしました。4月19日のロッテ戦以来となるホームランが生まれた後、第3打席では、低めの球に反応し、センター前に運ぶ2点タイムリーヒットを放ちました。熊本での楽天戦では3安打の猛打賞でしたが、16日の試合では3三振と沈黙。久しぶりのホームランで、不振脱却&復活の兆しが見えたかな?

1勝1敗で迎える18日は、ほっともっとフィールド神戸で行われます。予告先発は、オリックス・ディクソンVSソフトバンク・攝津正となっています。攝津投手はVSオリックス戦で2試合登板して9失点。なんでまたオリックス戦で登板させるんですか?どうせまたボコられると思います…。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も荒れたヴィクトリアマ... | トップ | 終盤突き放してオリックスに... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。