日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

世界陸上男子400mリレーで日本が銅メダル!ボルトのラストランは途中棄権。

2017年08月13日 | Sports

ロンドンで行われている「世界陸上2017」もいよいよ大詰め。日本時間13日早朝に男子400mリレーの決勝戦が行われました。昨年のリオデジャネイロ五輪で史上初の銀メダルを獲得した日本チームは、今大会でもメダル獲得に挑戦。そして、男子100mで銅メダルに終わったのウサイン・ボルト選手は、これが現役最後のレース。金メダルで有終の美を飾るはずが、まさかの結末が待っていました。



現地時間12日午前に行われた予選で、第1組に登場した日本は、多田修平→飯塚翔太→桐生祥秀→ケンブリッジ飛鳥の布陣で臨みましたが、バトンリレーで詰まるところもあれば、アンカーのケンブリッジ選手が伸びきれず、38秒21のタイムで、アメリカ、イギリスに次ぐ1組3位で決勝に進出。
続く第2組、ボルト選手がアンカーで登場したジャマイカは、37秒95で1位通過。その後、フランスと中国も決勝に駒を進めました。
予選では、アメリカが全体トップの37秒70を記録し、イギリスが37秒76で2番目、ジャマイカは3番目のタイム。日本のライバル・中国が38秒20で全体5位、日本は僅差で6番目の成績となりました。


迎えた決勝レース、日本はを不調のケンブリッジに代わって、藤光謙司選手をアンカーで起用。アメリカは第2走者にジャスティン・ガトリン、アンカーにはクリスチャン・コールマンが控える。英国はウジャー→ジェミリ→タルボット→ネサニエル・ミッチェル=ブレークの4人。ジャマイカは1走にマクレオド、2走にフォルテ、ヨハン・ブレークが3走、ボルトがアンカー。
大外9レーンに入った日本は、第1走者の多田が得意のロケットスタートを決めると、勢いそのままに第2走者の飯塚にバトンを渡す。飯塚もジャマイカ、米国、英国と互角の走りを見せる。第3走者・桐生は、英国・タルボットと競り合い、最終コーナーで控えるアンカーの藤光にバトンパス。4コーナーを回った時点で、英国先頭、米国2番手、ボルトと藤光が3番手を争うが、残り50mでボルトが故障発生!日本が3番手に上がり、英国が1着で金メダル、米国が2着、そして日本・藤光が3番手でゴールイン!日本が400mリレーで銅メダルを獲得しました!

男子400mリレー 結果
金メダル イギリス  37秒47
銀メダル アメリカ  37秒52
銅メダル 日本    38秒04


日本の男子短距離陣がまたしてもやってくれました。昨年のリオ五輪に続き、今回のロンドン世界陸上でも400mリレーでメダルを獲得しました。「史上最強メンバー」という前触れで、メダルの期待が高かったけど、200mで決勝に進出したサニブラウン・ハキーム選手が右太もも裏を痛めて欠場、ケンブリッジ選手も状態が悪く、予選タイムも全体の6番目だったので、メダルは厳しいだろうと思いました。決勝では多田選手が抜群のスタートを決めれば、飯塚選手と桐生選手も安定した走りを見せ、ケンブリッジ選手の代役・藤光選手の頑張りのおかげで銅メダル。個の力は他の国に劣るけど、チームワークでは世界トップクラスだ。
日本の銅メダルもすごかったんですが、ボルト選手が左太もも裏の違和感で途中棄権…。ボルトがレース中に苦痛の表情を浮かべるなんて見たことなかったので、本当にショックでした。100mで銅メダル、ラストランのリレーでまさかの故障…。10年近く世界の頂点に君臨し続けていた選手が、不完全燃焼の形で別れを告げることになります。一旦休んだ後に復帰して「東京五輪を目指す」って事はないよな…。




そして、またも日本陸上界に嬉しいニュースが飛び込んできました。現地時間13日午前に行われた男子50キロ競歩で、日本の荒井広宙選手が3時間41分17秒で銀メダル、小林快選手が3時間41分19秒で銅メダルを獲得しました。日本が競歩種目で複数のメダルを獲得したのは今回が初めての快挙です。また、丸尾知司選手も5位入賞を果たし、日本勢3選手が全員入賞という最高の結果となりました。
レースの方はヨアン・ディニズ(フランス)が3キロ過ぎから先頭に立つと、一旦トイレ休憩の後に再び引き離して独歩態勢を築きます。日本の荒井・小林・丸尾は2位集団で我慢のレースを続けますが、しばらくして丸尾が脱落。37~38キロのところで、荒井と小林が2位集団から抜け出し、この2人が銀メダルを争う展開に。丸尾も粘りの歩きで5位に浮上。終盤、グラバン(ウクライナ)に追い上げられますが、荒井が2位、小林が3位でフィニッシュ。優勝したディニズ選手は、2位に8分以上の大差をつけての圧勝。3時間33分12秒の大会新記録で金メダルです。

いやぁ、男子競歩は素晴らしい。一昨年の北京大会では谷井孝行選手が銅メダル、昨年のリオ五輪では荒井選手が銅メダル、今年は複数メダルの快挙達成です。メダリストを多く輩出しているマラソンに比べて、競歩は地味な印象でしかありませんでしたが、今年のロンドン世界陸上で競歩は男子50キロで全員入賞したのに対し、マラソンは男女ともに入賞無し。立場が逆転しましたね。日本の競歩の未来は明るいと思います。






『陸上競技』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホークス3試合連続の1点差... | トップ | 甲子園に負けない熱戦がここ... »
最近の画像もっと見る

Sports」カテゴリの最新記事