日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

今年も荒れたヴィクトリアマイル!春の女王はアドマイヤリード!

2017年05月14日 | 競馬

春の現役最強牝馬決定戦・第12回ヴィクトリアマイル(GⅠ・芝1600m 16頭立て)が14日、東京競馬場で行われました。昨年は3連単で2070万5810円の超高配当が飛び出しましたが、今年も波乱の決着となるのか?ドバイターフ覇者・ヴィブロスが出ない今年は、阪神牝馬ステークスで復活勝利を挙げた⑪ミッキークイーン、高松宮記念で2着の⑭レッツゴードンキ、悲願成就に燃える未完の大器⑦ルージュバック、昨年のエリザベス女王杯を制した⑧クイーンズリングの「5歳世代」、⑤アドマイヤリード・④ソルヴェイグ・③ジュールポレール・⑩デンコウアンジュ・⑮フロンテアクイーン・①アットザシーサイドの4歳世代組、さらには4年連続出走の②スマートレイアー、福島牝馬ステークスを勝った⑫ウキヨノカゼも出走しました。



単勝の人気は、1番人気ミッキークイーン(1.9倍)、2番人気ルージュバック(7.6倍)、3番人気レッツゴードンキ(7.9倍)。4番人気スマートレイアー(8.9倍)、5番人気のクイーンズリング(9.4倍)までが10倍を切り、その後にアドマイヤリード、ジュールポレール、ウキヨノカゼ、ソルヴェイグ、⑥アスカビレンと続きました。

スタートは17頭綺麗に出揃い、好スタートを見せたソルヴェイグが先手を奪う。2番手に⑰リーサルウェポン、3番手集団にはアスカビレン・スマートレイアー・レッツゴードンキの3頭が固まっている。6番手⑩オートクレール、7番手ジュールポレール、ミッキークイーンは8番手を追走。中団の9番手グループにはクイーンズリング・デンコウアンジュ・⑯クリノラホールの3頭が並び、その後ろの12番手にアドマイヤリード、外側13番手ウキヨノカゼ。後方の14番手集団には、アットザシーサイド・ルージュバック・フロンテアクイーンの3頭が並び、最後方に⑬ヒルノマテーラ。
3,4コーナー中間を過ぎ、先頭の800mを47.9秒で通過。リーサルが外から接近し、ドンキとレイアーが好位追走、クイリンが内ラチからポジションを押し上げる。ミキクイは7,8番手あたり、アドリーは中団馬郡、ルージュはまだ後方。
17頭一団の状態で最後の直線に差し掛かり、ミッキークイーンとレッツゴードンキは外に持ち出す。先頭争いはソルヴェイグ、真ん中スマートレイアー、内側クイーンズリングの3頭が競り合う。しかしゴール残り300mを切ってもソルヴェイグが粘って引き離そうとする。大外からはデンコウアンジュが足を伸ばしてやってきた!ラスト残り200mで、馬群を割って入るアドマイヤリードが抜け出しを図る。レイアーが必死に食い下がり、アンジュが猛追するが、アドリーがゴール前で抜け出して1着FINISH!アドマイヤリードが最後に突き抜け、GⅠタイトルを奪取しました!


ヴィクトリアマイル 全着順&払戻金
1着⑤アドマイヤリード  1分33秒9
2着⑩デンコウアンジュ   1馬身1/4
3着③ジュールポレール    クビ
4着②スマートレイアー   アタマ
5着③ソルヴェイグ      クビ
6着⑧クイーンズリング
7着⑪ミッキークイーン
8着⑮フロンテアクイーン
9着⑫ウキヨノカゼ
10着⑦ルージュバック
11着⑭レッツゴードンキ
12着①アットザシーサイド
13着⑥アスカビレン
14着⑬ヒルノマテーラ
15着⑯クリノラホール
16着⑰リーサルウェポン
17着⑨オートクレール

単勝 ⑤ 1,350円
複勝 ⑤ 440円 ⑩ 1,580円 ③ 480円
枠連 3⃣-5⃣ 11,230円
馬連 ⑤-⑩ 42,710円
馬単 ⑤-⑩ 73,750円
ワイド ⑤-⑩ 8,380円 ③-⑤ 1,890円 ⑧-⑩ 10,530円
3連複 ③-⑤-⑩ 123,870円
3連単 ⑤-⑩-③ 918,700円


母の日に行われたヴィクトリアマイルは、単勝6番人気・アドマイヤリードがゴール前で抜け出して優勝。重賞競走初勝利をGⅠで飾り、春の古馬女王の座に輝きました。11番人気の伏兵デンコウアンジュが、大外から脚を伸ばして2着。アンジュが勢い良く上がってきたときは、勝っちゃうんじゃないかって思ったけどなぁ。3着争いは接戦でしたが、7番人気・ジュールポレールが先着し、スマートレイアー4着。4度目のVM挑戦も実りませんでした…。結果的には4歳世代が上位を占め、同じ4歳馬のソルヴェイグも5着と好走しました。枠連・馬連・馬単で万馬券、3連単で91万円台と今年も大荒れの決着となりました。
1番人気だったミッキークイーンは7着、3番人気・ルージュバック10着、2番人気のレッツゴードンキは11着と上位陣は総崩れ。ミッキークイーンは前走の阪神牝馬ステークスの時は重馬場で快勝したのに、稍重の今回は馬の動きが鈍かったですね…。ドンキとアンジュに挟まれて勢いを削がれたのもあるけど。
勝ったアドマイヤリードは、父・ステイゴールド、母・ベルアリュールⅡという血統。ステイゴールド産駒の牝馬がGⅠ競走を勝ったのは、レッドリヴェール(2013年阪神ジュベナイルフィリーズ)に次いで2頭目。馬主の近藤利一さんは、2008年の春の天皇賞以来、約9年ぶりのJRA・GⅠ勝利。かつて多くのGⅠ馬を輩出してきた「アドマイヤ軍団」の復活の狼煙となるのか?
鞍上のクリストフ・ルメール騎手は、ヴィクトリアマイル初勝利。この日はGⅠ勝利の他に、第1レースでJRA通算600勝を達成すると、1日で9連対(1着4回、2着5回)を記録しました。来週のオークスはソウルスターリングに騎乗するので、2週連続GⅠ勝利もあり得るかも。

アドマイヤリードは、昨年10月の堀川特別で2着に入ったときから連対を続け、北大路特別と飛鳥ステークスで連勝した後、前走・阪神牝馬ステークスで2着。そして、今回のヴィクトリアマイルで6連続連対となりました。この日は序盤から中団より後ろの位置を追走すると、直線ではのスマートレイアーとソルヴェイグの間を割って抜け出しました。狭い位置からよく脚を伸ばしたなって思いました。
牝馬の4歳世代は、メジャーエンブレム,シンハライト,ジュエラーがケガで次々と引退し、メンバーが手薄になったんじゃないかと心配されましたが、ヴィブロスがドバイのGⅠで勝ち、アドマイヤリードがVM制覇。しかも上位5頭に4歳勢が4頭も入りました。大阪杯&春の天皇賞で不甲斐なかった4歳牡馬陣とは大違いだな。



5月21日は、3歳牝馬クラシック第2戦・オークスが行われます。レーヌミノル,リスグラシュー,ソウルスターリング、アドマイヤミヤビなどの桜花賞組、3連勝でフローラステークスを勝ったモズカッチャン、スイートピーステークスを勝ったブラックスビーチ、忘れな草賞を制したハローユニコーン、フローレスマジックなどが出走予定。レーヌミノルが桜花賞に続いての2冠制覇か、怪物牝馬といわれたソウルスターリングが桜のリベンジか?3歳牝馬の頂点に立つのは一体どの馬になるのか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリーグ首位攻防戦IN熊本!... | トップ | 柳田ようやくお目覚め!待望... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。