日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

キタサンブラック秋初戦の京都大賞典を快勝。MCS南部杯はコパノリッキーがレコード勝ち!

2016年10月10日 | HAWKS

10月3連休の最終日だった10日(体育の日)は、京都競馬場で「京都大賞典」が、盛岡競馬場では秋のダートマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップ南部杯が行われました。京都では北島三郎さんの所有馬・キタサンブラックが登場し、盛岡ではコパノリッキー、ベストウォーリア、ホッコータルマエのダートGⅠ馬3頭が参戦しました。



京都のメイン・第51回京都大賞典(GⅡ・芝2400m)には、GⅠ2勝の①キタサンブラックの他に、2015年⑩ラブリーデイ、2014年④ラストインパクト、2013年⑨ヒットザターゲットの京都大賞典の歴代優勝馬、さらには2連勝中の⑥ヤマカツライデン、有馬記念2着⑧サウンズオブアース、③アドマイヤデウスなどが出走しました。
揃ったスタートで始まったこのレース、キタサンブラックが行くかと思いきや、ヤマカツライデンがキタブラより前に出て先手を取った。ラブリーデイが3番手につけ、アドマイヤデウス4番手、ラストインパクト5番手、サウンズオブアースは7番手で正面スタンド前を通過した。
1,2コーナーの中間点~向正面に入り、ヤマカツライデン先頭、キタサンブラック2番手、アドマイヤデウスとラブリーデイが3,4番手で並走。その後ろの5番手にラストインパクト、内側6番手にヒットザターゲット、外側7番手に⑤タマモベストプレイ、8番手にサウンズオブアースが控える。後方は⑦アクションスター、②ファタモルガーナと続く。
3コーナーを回り、ライデンがまだ先頭、キタブラが少し差を詰める。3番手のラブリーは頭が上がっている。外からラスパクがデウスとラブリーをかわし、3番手に浮上した。サウンズはまだ8番手待機。4コーナー手前でキタブラがライデンに並んだ。
最後の直線コースに差し掛かったところで、キタサンブラックが先頭に躍り出る。2番手争いではアドマイヤデウス・ラブリーデイ・ラストインパクト・ヤマカツライデンが競り合う。ゴールまで残り200mを切り、キタブラが抜け出し、デウスとラブリーが追いかけ、ゴール前でデウスが2番手に上がりキタブラに迫ったが、キタブラがそのまま先頭ゴールイン!キタサンブラック、秋初戦をキッチリ勝利!3度目のGⅠタイトル獲得へ好発進です!


GⅠ馬と歴代優勝馬が集結した京都大賞典は、単勝1番人気だったキタサンブラックの完勝に終わりました。アドマイヤデウスがクビ差の2着、連覇を狙ったラブリーデイは3着。3番人気だったサウンズオブアースはその後の4着に終わっています。
勝ったキタサンブラックは、これで重賞5勝目。京都コースでは3戦3勝と負け知らずです。鞍上の武豊騎手はこのレースで8勝目です。今回は12戦目にして初めての1番人気でしたが、そのプレッシャーを全く感じさせない余裕の勝利。スタートから2番手で追走し、4コーナーのところでは馬なりのまま先頭に立ち、その後はアドマイヤデウスとラブリーデイの追撃を振り切りました。
秋初戦のレースでしっかり勝ち切ったキタブラは、秋の天皇賞には向かわず、11月末のジャパンカップに向かう予定。もし優勝したら、府中でも「まつり」を歌うのだろうか?「与作」でも「兄弟仁義」でもいいけどね。







盛岡競馬場の第29回マイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ・ダート1600m)は14頭立ての予定でしたが、④ヒミノコンドル(岩手)が出走取消のため、13頭立てで争われました。JRA勢からは、史上2頭目の南部杯3連覇を狙う⑬ベストウォーリア、ダートGⅠ通算10勝の⑩ホッコータルマエ、GⅠ2連勝中の⑫コパノリッキーのほかに、フェブラリーステークス3着の⑧アスカノロマン、⑤レーザーバレット、⑨ラテンロックも参戦。地方からは③ライズライン、⑪シークロムの地元・岩手勢の他に、①オグリタイム(北海道)、②ナムラビクター(北海道)が出走しました。
2コーナーの奥ポケットからのスタートは、13頭ほぼ綺麗に揃う。長い引き込み線での先行争いで、ホッコータルマエ、コパノリッキー、ベストウォーリア、⑭ロイヤルクレスト(北海道)の4頭が行ったが、向正面に入ったところで、ロイヤルクレストがハナに立つ。ホッコータルマエが2番手に控え、コパノリッキーが3番手。ベストウォーリア・アスカノロマン・シークロムが4番手集団を形成し、ラテンロックがその後ろの7番手を進む。中団には、内側8番手にレーザーバレット、外側9番手ライズライン、ナムラビクターが10番手、11番手に⑦メイショウパーシー(高知)、12番手にオグリタイム。⑥タッチデュール(笠松)が集団から遅れて最後方。
3コーナーを通過し、タルマエが先頭のクレストに接近し、3番手のリッキーが前の2頭をじっくり見ている。アスロマとウォーリアが4,5番手から前を追い、レーザーが内ラチ沿いから一気に上昇し、先頭集団に追いついた。
4コーナー~直線コースに入り、内側のレーザーバレット、真ん中ホッコータルマエ、外側コパノリッキーと3頭が横に並ぶが、残り200mでリッキーが先頭に立つ。ベストウォーリアが2番手に上がったが、リッキーが押し切ってゴールイン!コパノリッキー、これでダートGⅠ3連勝!


秋のダートマイル王決定戦・MCS南部杯は、単勝1番人気のコパノリッキーが優勝。道中3番手追走から直線抜け出し、ベストウォーリアを抑えての快勝でした。2番人気だったベストウォーリアが2着、ホッコータルマエが3着に入り、GⅠ馬が上位を占めました。3番人気のアスカノロマンは4着。地方勢はライズラインの7着が最高でした。
かしわ記念&帝王賞に続き、ダートGⅠ3連勝を果たしたコパノリッキーは、南部杯初勝利。ダートGⅠ通算8勝目をマーク。鞍上の田辺裕信騎手&村山明調教師も同レース初勝利です。2014年の東京大賞典以来のコンビ復活だったけど、やっぱり強かった。勝ちタイム・1分33秒5は、従来の盛岡1600mのコースレコードを1秒以上も更新したどころか、クロフネの持つJRAレコード(1分33秒3)に0.2秒差に迫る好タイムです。
この後は11月3日に川崎競馬場で開催されるダートの祭典・JBCに参戦予定。クラシックで3連覇を目指すのか、まさかのスプリント参戦の可能性もあるでしょう。1400mとマイルより1ハロン短くなるけど、普通に勝っちゃったりして。リッキーは今年だけでGⅠを3回も制覇。年内にもあと1~2回はGⅠタイトルを取れると思います。王者の快進撃を止める馬は現れるのか?




10月16日は、京都競馬場で3歳牝馬のGⅠ競走・第21回秋華賞が行われます。紫苑ステークスを圧勝したビッシュ、桜花賞馬・ジュエラーのほかに、ヴィブロス、パールコード、フロンテアクイーン、カイザーバル、レッドアヴァンセ、クロスコミアなどが登録しております。オークス馬・シンハライトが左前浅屈腱炎で回避したため、ビッシュVSジュエラーの2強ムード。3歳牝馬の最後の1冠は誰の手に?








にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホークスがロッテに連勝し、... | トップ | YBCルヴァンカップ2016決勝 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。