日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

勝負の後半戦スタート!東浜が自己最多タイの9勝目!

2017年07月17日 | HAWKS

プロ野球は17日からシーズン後半戦に突入。前半戦をパリーグ2位で折り返した福岡ソフトバンクホークスは、3位の埼玉西武ライオンズとの3連戦。17日と18日は福岡ヤフオクドーム、19日は北九州市民球場で「鷹の祭典」が行われます。後半戦初戦の17日の先発投手は、ソフトバンク・東浜巨VS西武・十亀剣。現在3連敗中のホークス、後半戦白星スタートを飾れるか?



両チームのスタメン
  ソフトバンク     埼玉西武
1(二)川﨑宗則   (中)秋山翔吾
2(遊)髙田知季   (遊)源田壮亮
3(中)柳田悠岐   (二)浅村栄斗
4(一)内川聖一   (三)中村剛也
5(指)デスパイネ  (左)栗山巧
6(左)中村晃    (一)山川穂高
7(三)松田宣浩   (指)メヒア
8(右)上林誠知   (右)外崎修汰
9(捕)甲斐拓也   (捕)岡田雅利
 (投)東浜巨    (投)十亀剣


ここまで8勝を挙げているホークス先発の東浜は、初回は西武の上位3人を全て内野ゴロに打ち取って3者凡退の好スタート。2回は2死を取った後に山川から三振を奪い、2イニング連続3者凡退に抑えます。
ホークス打線は、1回に柳田が四球を選ぶも、内川が遊撃ゴロに倒れて無得点。2回は2アウトから松田と上林がヒットで繋ぎ、2死1,3塁とチャンスを作りますが、甲斐が空振り三振を喫して先制点を奪えません。
3回、東浜がメヒアにレフト線に2塁打を浴びると、外崎にもヒットを許し、無死1,3塁のピンチを背負う。この場面で岡田を遊撃ゴロ→3塁走者・メヒアを三本間で挟殺。1死2,3塁となり、秋山を2塁ゴロに打ち取ったが、3塁走者が生還し、東浜は1点を失った。
4回、東浜が先頭打者を出した後、4番・中村剛のセンター前に抜けそうな当たりを2塁手・川崎が飛びつき、華麗なグラブトスで1塁走者を2塁で封殺。遊撃手・高田が1塁に転送し、ダブルプレー成立。その裏のホークスの攻撃で、先頭のデスパイネが西武先発・十亀の4球目のスライダーを打ち上げる。右中間へ高く上がった打球は、ホームランテラスに着弾。デスパイネのソロ本塁打で、ホークスが1-1の同点に追いつきます。
ホークスは5回、1死から川崎のヒット、高田の2塁打、柳田の四球で満塁のチャンスを作る。犠牲フライでも勝ち越しの場面で、内川が4球目の直球を打ち返してセンター前へのタイムリーヒット。川崎が生還すると、2塁走者・高田も本塁を狙ったが、西武の中継プレーに阻まれ憤死。それでもホークスが2-1と勝ち越しに成功しました。
リードを貰った東浜は、6回を3者凡退に抑えると、7回は浅村にヒットを許すが、1死後に栗山を投手ゴロ併殺打に仕留めて無得点。8回、山川にフェンス直撃の2塁打を浴びたが、メヒアと外崎を続けて三振に切ってとり2死。しかし、代打・炭谷銀仁朗に死球を与え、ランナーを2人背負う。西武1番・秋山のところで、東浜から嘉弥真新也にスイッチ。一打同点または逆転のピンチで登板した嘉弥真は、秋山をスライダーで空振り三振に仕留め、反撃を封じました。
嘉弥真好リリーフのその裏、デスパイネレフト前安打、松田2塁打で2死2,3塁、上林敬遠で満塁。甲斐の代打・長谷川勇也の場面で、西武2番手・大石達也が暴投。この間に3塁走者が生還し、ホークスに大きな3点目が入る。そして9回は守護神・サファテが締めて試合終了。ホークスが3-1で西武に勝利しました。



パリーグ 2017年7月17日(月)
ソフトバンクVS西武 13回戦 ヤフオクドーム 
<ソフトバンク8勝5敗 観衆:38,585人>
西|001 000 000|1
ソ|000 110 01X|3
[勝] 東浜(9勝3敗)
[負] 十亀(4勝4敗)
[S] サファテ(1勝1敗28セーブ)
[本] デスパイネ(ソ/22号)


ペナントレース後半戦の初戦は、オールスターゲームでMVPを獲得した内川選手とデスパイネ選手が存在感を示しました。デスパイネ選手が4回に同点ホームランを放つと、内川選手は5回の満塁のチャンスで勝ち越しタイムリーヒット。終盤には暴投で追加点を挙げました。先発の東浜投手は、8回途中(7回2/3)まで西武打線を1点に抑える好投。後半戦を白星スタートを飾ったホークスは、連敗を3で止め、試合の無かった首位・楽天に1ゲーム差に縮めました。
東浜投手は99球を投げ、被安打5・6奪三振・1死球・1失点の内容で今季9勝目。3回に連打が原因で先制点を献上したものの、失点はこれのみ。4回と7回にランナーを出す場面がありましたが、いずれも併殺打で切り抜けました。シーズンベストだった昨年の9勝に並ぶと共に、勝利数でもパリーグトップタイ。次の登板で自身初の2ケタ勝利に挑みます。
打線の方は全体で10安打。ヒットの数では西武の2倍。松田選手が3安打の猛打賞、上林選手は2安打のマルチヒット。4回に同点アーチを放ったデスパイネ選手は、十亀選手が投じたスライダーを上手く捉え、左中間のテラス席へ。この一発でリーグトップを行く柳田選手に1本差に迫りました。
5回に勝ち越しタイムリーを打った内川選手は、内角高めのストレートを上手く捌いて、詰まりながらもセンター前に運びました。通算2000本安打まで残り33本、後半戦はヒットを量産してほしいですね。

18日の予告先発は、ソフトバンク・バンデンハークVS西武・野上亮磨となっています。バンデンハーク投手はここ3試合白星が無く、9日の日ハム戦では7回2失点で今季4敗目。西武戦では3試合で2勝0敗ですが、前回の対戦では6回5失点でした。ホークス打線が野上投手を打ち砕いて、バンデンに勝ち星をプレゼントできればいいのですが…。




『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 函館記念はルミナスウォリア... | トップ | バンデンハーク約1か月ぶり... »
最近の画像もっと見る

HAWKS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。