日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

スプリンターズステークス&凱旋門賞 枠順発表

2016年09月30日 | 競馬
10月2日に中山競馬場でスプリンターズステークス(GⅠ・芝1200m)、その日の夜はフランス・シャンティイ競馬場で凱旋門賞(G1・芝2400m)が行われますが、9月30日に2つのレースの枠順が発表されました。



まず、日本からマカヒキが参戦する第95回凱旋門賞の枠順を紹介。このレースには、マカヒキのほかに、6連勝中のポストポンド(英国)、英国&アイルランドダービー馬のハーザンド(アイルランド)、GⅠ4勝のハイランドリール(アイルランド)、ファウンド(アイルランド)、昨年3着のニューベイ(フランス)、ヴェルメイユ賞覇者・レフトハンド(フランス)、フォワ賞覇者・シルバーウェーヴ(フランス)などが出走します。

気になる枠順はこちら。
1番[8]ニューベイ(仏)    59.5kg V.シュミノー
2番[7]ポストポンド(英)   59.5kg A.アッゼニ
3番[13]ミグワール(仏)    59.5kg O.ペリエ
4番[11]ハイランドリール(愛) 59.5kg S.ヘファナン
5番[9]ワンフットインヘヴン(仏) 59.5kg C.デムーロ
6番[2]ザグレーギャツビー(英) 59.5kg J.ドイル
7番[4]シルバーウェーヴ(仏)  59.5kg C.スミヨン
8番[16]オーダーオブセントジョージ(愛) 59.5kg L.デットーリ
9番[3]シルジャンズサガ(仏) 58kg P.ブドー
10番[12]ファウンド(愛) 58kg R.ムーア
11番[6]ハーザンド(愛) 56kg P.スマレン
12番[1]ヴェデヴァニ(仏)  56kg A.バデル
13番[5]タリスマニック(仏) 56kg M.バルザローナ
14番[14]マカヒキ(日) 56kg C.ルメール
15番[10]サヴォワヴィーヴル(独) 56kg F.ティリツキ
16番[15]レフトハンド(仏) 54.5kg M.ギュイヨン


日本勢初制覇の期待がかかるマカヒキは、外枠の14番枠からのスタート。本命と言われているポストポンドは7番枠、ハイランドリールは11番枠、ニューベイは8番枠に入りました。

今年の凱旋門は、フランスの無敗の3歳牝馬・ラクレソニエールがケガのため出走回避。さらには出走すると思われていたアルマンザール(アイリッシュチャンピオンS覇者)、GⅠ6勝のマインディング(アイルランド)も回避。有力勢が相次いで取り止めたため、マカヒキにも優勝するチャンスが巡ってきた感じ。
ただねぇ~、ポストポンドは現在6連勝中。ドバイシーマクラシックでドゥラメンテを軽く蹴散らすと、前走のインターナショナルステークス(8月17日@ヨーク競馬場)でも完勝。2400mでは間違いなく世界最強です。ポストポンドの快進撃をマカヒキとルメール騎手が止めたら快挙だと思いますが…。
イギリスのブックメーカーによる最新オッズでは、ポストポンドが1番人気、マカヒキが2番人気、ファウンド3番人気、4番人気がハーザンド、5番人気ニューベイとなっています。ポストポンドがほぼ圧倒的人気といえますね。
そして、今回の凱旋門賞は日本国内でも馬券が発売されます。JRAが海外競馬の馬券を販売するのはこれが初めてです。日本のオッズはJRA独自のものとなり、ブックメーカーのオッズとは異なります。JRAのインターネット投票「即PAT」、「A-PAT」で購入可能。競馬場またはウインズ(場外馬券売場)では買うことができないのでご注意を。




スプリンターズステークスの枠順はこうなっております。
①ビッグアーサー(福永祐一)
②ブランボヌール(武豊)
③ティーハーフ(池添謙一)
④ソルヴェイグ(田辺裕信)
⑤シュウジ(川田将雅)
⑥ベルカント(蛯名正義)
⑦スノードラゴン(大野拓弥)
⑧サクラゴスペル(横山典弘)
⑨サトノルパン(和田竜二)
⑩レッドアリオン(川須栄彦)
⑪ダンスディレクター(浜中俊)
⑫レッツゴードンキ(岩田康誠)
⑬レッドファルクス(M.デムーロ)
⑭ウリウリ(戸崎圭太)
⑮ミッキーアイル(松山弘平)
⑯ネロ(内田博幸)


高松宮記念に続くスプリントGⅠ連勝を狙うビッグアーサーは、最内枠の1枠1番。サマースプリントシリーズのチャンピオン・ベルカントは3枠6番。3歳勢では、武豊との新コンビで挑むブランボヌールは1枠2番、ソルヴェイグは2枠4番、シュウジは3枠5番に入っております。その他、2年前の優勝馬・スノードラゴンは4枠7番、2014年桜花賞馬のレッツゴードンキが6枠12番、2014年3歳マイル王ミッキーアイルは8枠15番、昨年2着サクラゴスペルは4枠8番となっています。
ビッグアーサーは前走のセントウルステークスで、最内枠で逃げ切り勝ち。今回も最内枠を引き当てたので、セントウルの再現が起こりそうな予感がします。中山コースというより関東遠征は初めてなのが正直不安だし、「セントウルステークス優勝馬はスプリンターズステークスで勝てない」というジンクスを破れるかどうか。
あと、このレースにはディープインパクト産駒が4頭も出走。ディープ産駒はスプリントGⅠでまだ勝利がありませんが、今回は産駒初のスプリントGⅠ馬が誕生するかもしれません。ブランボヌールは前走のキーンランドカップで優勝し、1200mで3戦3勝。ミッキーアイルは前走の高松宮記念で2着でした。アイルは昨年の雪辱に燃えているし、ウリウリとサトノルパンも虎視眈々と番狂わせを狙っております。

日曜日は競馬ファンにとって楽しみな1日になりそうです。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サトノダイヤモンドも秋初戦... | トップ | レッドファルクスが3連勝で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。