日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

マイナビオールスター2017 第2戦もパリーグ逆転勝利!MVPは同点弾のデスパイネ。

2017年07月15日 | Sports

プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2017」は15日、ZOZOマリンスタジアムで第2戦が行われました。第1戦では、終盤に勝ち越したパリーグが6-2で勝利し、8回に決勝タイムリーを打った内川聖一選手がMVPに選ばれました。千葉での第2戦、パリーグの連勝か、それともセリーグが前夜の借りを返すのか?


両チームのスタメン
    パリーグ
1(右)秋山翔吾(西武)
2(中)柳田悠岐(ソフトバンク)
3(一)内川聖一(ソフトバンク)
4(指)デスパイネ(ソフトバンク)
5(三)レアード(日本ハム)
6(左)T-岡田(オリックス)
7(二)鈴木大地(ロッテ)
8(捕)田村龍弘(ロッテ)
9(遊)源田壮亮(西武)
 (投)則本昂大(楽天)

    セリーグ
1(右)糸井嘉男(阪神)
2(中)丸佳浩(広島)
3(三)マギー(巨人)
4(指)筒香嘉智(DenA)
5(一)阿部慎之助(巨人)
6(左)ゲレーロ(中日)
7(二)宮﨑敏郎(DenA)
8(遊)田中広輔(広島)
9(捕)小林誠司(巨人)
 (投)菅野智之(巨人)

第2戦の先発ピッチャーは、全パ・則本VS全セ・菅野。全セは千葉県出身の丸と阿部が共にスタメン入り。全パはロッテ所属の鈴木と田村が共にスタメンに名を連ね、昨季までロッテに在籍していたデスパイネが4番に座りました。


全パ先発・則本は、1回に糸井と丸を打ち取った後、3番・マギーを高めのストレートで3球三振に切って取る。2回は全セ4番・筒香から見逃し三振を奪うと、さらに阿部にも三振を取り、この回も3者凡退。則本は2イニングをパーフェクトに抑えます。
対する全セ先発・菅野は、1回に秋山にライト前ヒットを許すと、2死後に4番・デスパイネにもヒットを打たれ、1,3塁のピンチを背負ったが、レアードを空振り三振に仕留め、立ち上がりのピンチを切り抜ける。2回は3者凡退で終え、こちらも2回無失点でした。
0-0で迎えた3回、全セは2死走者なしで9番・小林が全パ2番手・金子千尋(オリックス)の初球を振り抜き、レフトスタンドに突き刺さるソロ本塁打!伏兵の一発で全セが1点を先制します。
しかし4回裏、全パはデスパイネが全セ2番手・秋山拓己(阪神)の2球目をフルスイング!センターバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放ち、1-1の同点とします。
5回、全パ3番手・美馬学(楽天)が3者凡退に抑え、その裏の全パの攻撃で、先頭の鈴木が全セ3番手・井納翔一(DeNA)の直球を捉え、ライトフェンス直撃の3塁打。一打勝ち越しのチャンスを迎えた全パは、2死後に秋山がライトへのタイムリー2塁打を放ち、全パが2-1と勝ち越します。
1点をリードした全パは、6回から4番手の二木康太(ロッテ)が登板し、2イニングを無失点に抑える。
7回裏、前の打席で3塁打を打った鈴木が、全セ4番手・小川泰弘 (ヤクルト)の5球目を狙い撃ち!ライトへ舞い上がった打球は、スタンドへ吸い込まれた!鈴木大地が本拠地でホームランを放ち、全パが1点追加!その直後、大谷翔平(日ハム)が代打で登場。大谷は小川の高めの直球を捉え、レフトポール際に大きな当たりを放ったが、フェンス手前でキャッチされた…。
2点を追う全セは、9回に梅野隆太郎(阪神)がヒットで出塁。ホームランが出れば同点の場面だったが、鈴木誠也(広島)と丸が倒れて2死、鳥谷敬(阪神)は内野ゴロに打ち取られゲームセット。第2戦も全パが3-1で全セを下しました。




オールスター 2017年7月15日(土)
全パVS全セ 第2戦 ZOZOマリン
(全パ2勝、26,407人)
セ|001 000 000|1
パ|000 110 10X|3
勝:美馬(1勝)
S:谷元(1S)
負:井納(1敗)
本塁打:[セ] 小林1号(3回表ソロ)
    [パ] デスパイネ1号(4回裏ソロ)、鈴木1号(7回裏ソロ)



ZOZOマリンスタジアムで行われたオールスター第2戦は、菅野投手と則本投手の両先発が共に2回無失点の好投を見せた後、3回に巨人・小林選手の先制ホームランが生まれました。しかし、全パはデスパイネの同点弾、秋山選手のタイムリーで逆転、7回はロッテのキャプテン・鈴木選手のソロ本塁打で突き放しました。パリーグは前日に続いての逆転勝ち。2011年以来の連勝を飾りました。
MVPには4回にソロ本塁打を放ったデスパイネ選手が選出。勝ち越しタイムリーを打った秋山選手か、2本の長打でファンを大いに沸かせた鈴木選手が選ばれるだろうと思いましたが、まさか2日続けてホークスの選手が選ばれるとは…。デスパイネ選手は最初の打席で菅野投手からシングルヒット、次の打席ではロッテ時代の応援歌が流れ、その曲に乗せてバックスクリーンに直撃する会心の一撃。さらに第3打席でもヒットを打ち、3打席連続ヒットの猛打賞。古巣の本拠地でMVPを獲得したデスパイネ選手、ロッテファンにいい恩返しができましたね。
鈴木大地選手も本拠地で奮闘しました。5回の打席では高めの球を強振し、ライトフェンス直撃の3塁打。打球も高く上がって、あと少しでスタンドに入りそうでした。その次の7回の打席では、低めの直球をすくい上げ、今度は正真正銘のホームラン。ロッテの主将としての面目躍如の活躍ぶりでした。

今年のオールスターは、パリーグの2連勝で終了。来年は京セラドーム大阪、熊本・藤崎台県営野球場で開催されます。熊本での開催は、2016年熊本地震の復興支援の一環として行われます。

17日からはペナントレース後半戦が始まります。セリーグ首位の広島は、甲子園球場で2位・阪神との3連戦。パリーグ首位の楽天は、18~20日まで日本ハムと3連戦(18日は函館)。福岡ソフトバンクホークスは、パリーグ3位・西武との3連戦。17,18日はヤフオクドーム、19日は北九州市民球場で鷹の祭典が行われます。ホークスは現在3連敗中で、首位・楽天に1.5ゲーム差で追う展開。後半戦は勝ちまくって、2年ぶりのパリーグ王座奪還を果たしてほしいです!




『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナビオールスター2017 ... | トップ | 函館記念はルミナスウォリア... »
最近の画像もっと見る

Sports」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。