日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

アエロリット秋が楽しみな逃げ切りV!新潟直千バトルはラインミーティアが制す!

2017年07月30日 | 競馬

2017年の夏競馬は、今週から新潟・札幌・小倉開催が始まりました。7月最後の日曜日だった30日は、札幌と新潟で重賞レースがありました。札幌の「クイーンステークス」は、今年の春のGⅠを勝ったアエロリットとアドマイヤリードが登場。新潟名物・直線1000mの重賞レース「アイビスサマーダッシュ」には、直千巧者たちが集結しました。


札幌メイン・第65回北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ・芝1800m 13頭立て)は、NHKマイルカップ覇者②アエロリット、ヴィクトリアマイルを制した⑫アドマイヤリードのGⅠ馬2頭の他に、中山牝馬ステークスを勝った①トーセンビクトリー、マーメイドステークスの勝ち馬⑥マキシマムドパリ、昨年の秋華賞で2着だった⑩パールコード、重賞ではよく上位に入る④クインズミラーグロ、昨年2着③シャルール、フローラステークス2着⑦ヤマカツグレースなど、好メンバーが揃いました。
スタートは13頭綺麗に飛び出し、好ダッシュを見せたアエロリットとシャルールの2頭が先行争い、⑧クロスコミア3番手、ヤマカツグレース4番手に控え、パールコード6番手、トーセンビクトリー7番手、マキシマムドパリとアドマイヤリードは中団より後ろの位置でスタンド前を通過した。
1コーナーを過ぎたところで、アエロリットが早くも先頭に立つと、後続を引き離しにかかる。シャルールが2番手につけ、3番手クロコスミア、内側4番手にヤマカツグレース。⑨ラインハートとパールコードが5,6番手で並び、トーセンビクトリー7番手、外から⑪ノットフォーマルが8番手。9番手⑬エテルナミノル。中団より後ろのグループには、内側10番手クインズミラーグロ、11番手アドマイヤリード、12番手マキシマムドパリ、最後方に⑤ハツガツオという展開。
3コーナーを回り、アエロが大差をつけて一人旅を続けるが、ゴール残り600mで後続勢との差が縮まり始める。シャルール2番手、クロコが3番手に上がり、ヤマグレ4番手、パルコ5番手、トービク6番手。ミラーグロ、アドリー、マキパリはまだ後方。
最後の直線コースに入り、アエロリットがまだ先頭をキープ。残り200mでトーセンビクトリーが2番手から猛追し、さらにはクインズミラーグロが3番手に上がる。しかし、アエロリットが後続を振り切り先頭でゴールイン!3歳マイル女王・アエロリット、会心の逃げ切りで古馬勢を完封しました!

「北の女王決定戦」は、単勝2番人気のアエロリットが鮮やかに逃げ切って快勝。2着にはトーセンビクトリーが入りましたが、4コーナーで内側から斜行して他馬の進路を妨害したとして、鞍上の福永祐一騎手が8月5日~13日までの騎乗停止しょぶんを受けました。レース映像を見ても追い出し方が強引だったなあ。下手すりゃ降着でしょ。3着のクインズミラーグロは、重賞では5戦連続で馬券圏内。安定感はあるけど、重賞制覇が遠いですね…。1番人気だったアドマイヤリードは6着、3番人気のマキシマムドパリは7着。2頭とも道中は後方待機だったけど、アエロリットとの差が開きすぎたなあ。
アエロリットは前走のNHKMCに続いての重賞2連勝。鞍上の横山典弘騎手は、「クイーンステークス」が中山開催だった時に一度勝利していますが、札幌開催になってからは初勝利です。今回は初めての1800m戦でしたが、序盤から積極果敢に飛ばし、3,4コーナーで後続勢との差が詰まったときは「失速したか?」と思われました。しかし、最後の直線で再び加速し、最後は2着に2馬身半の差をつけての快勝。この日のアエロは、前走から+18キロ(478Kg→496Kg)と馬体重を大幅に増加。その分、走りにパワフルに感じました。距離延長&初の古馬相手に結果を残したので、秋華賞が楽しみになりそうだ。



新潟のメイン競走・第17回アイビスサマーダッシュ(GⅢ・芝直線1000m 16頭立て)は、昨年このレースで2着だった⑩ネロ、韋駄天ステークスを勝った⑩フィドゥーシア、駿風ステークス優勝馬③プレイズエターナル、邁進特別覇者⑮ラインミーティア、昨年秋のルミエールオータムダッシュ優勝の④ラインスピリット、さらには⑭レジーナフォルテ、⑫レッドラウダ、⑦シンボリディスコ、CBC賞3着⑯アクティブミノル、新潟直千で3勝の実績を持つ⑤アースエンジェルなどが参戦。
注目のスタートは、16頭横一線。アクティブミノルとフィドゥーシアが外ラチ沿いに進路を取り、レジーナフォルテ3番手。第2グループには、⑥イオラニ・シンボリディスコ・⑧ダンシングワンダー・ネロ・⑪レヴァンテライオン・⑫レッドラウダの6頭。アースエンジェルは10番手追走。11番手にラインミーティア、12番手①ナリタスターワン、13番手プレイズエターナル、ラインスピリット14番手、15番手②ブライトチェリー、⑬キープレイヤーが最後方。
ゴール残り400mを切り、フィドゥーシアが抜け出し、2番手争いでは内にレジフォル、外ラチにアクティブ、その間を割ってミーティアが上がってきている。ネロはまだ6番手あたり。これは万事休すか?ラスト100mを切り、フィドゥーシアが押し切るかと思いきや、ラインミーティアが襲いかかり、ゴール前でフィドゥーシアをかわしてゴールイン!ラインミーティア執念の差し切り勝ち!

サマースプリントシリーズ第3戦・アイビスサマーダッシュは、単勝8番人気の伏兵・ラインミーティアが、早めに抜け出したフィドゥーシアをゴール前で差し切って優勝。勝ちタイムは54秒2でした。1番人気のフィドゥーシアは首差の2着、3着には3歳牝馬のレジーナフォルテが入り、2番人気のアクティブミノルは4着。3番人気のネロは10着に終わっております。
勝ったラインミーティアは、2013年のファルコンステークス以来2度目の重賞挑戦で重賞初勝利。鞍上の西田雄一郎騎手は、2010年のアイビスSD以来となる7年ぶりの重賞勝ち。ゴール直後に喜びのガッツポーズを見せ、表彰式ではメイプル超合金と記念撮影をしました。今年4月からコンビを組み、邁進特別で勝った後、駿風ステークスと韋駄天ステークスで4着。今回のレースでは、前半は後ろの位置にいたんですが、ラスト400mを切ってからスルスルと追い上げ、いつの間にか2番手まで上がり、最後にフィドゥーシアを捕らえました。新潟1000mのコース経験の長さ、西田騎手の好騎乗がもたらした勝利だと思います。
ちなみにですが、ミーティアの父・メイショウボーラー産駒は、JRAの平地重賞競走で初勝利。この馬の母・アラマサフェアリーの祖父はオグリキャップだそうです。オグリの血は今も生きています。



来週・8月6日は、新潟競馬場で3歳ダート重賞のレパードステークス、小倉競馬場はサマー2000シリーズ第3戦・小倉記念が行われます。
レパードステークスには、ベルモントステークスで無念の出走取消となったエピカリスが参戦。さらには、ユニコーンステークス2着・ハルクンノテソーロ、2連勝中のテンザワールドとスターストラック、、タガノディグオ・ノーブルサターンの「ジャパンダートダービー組」、UAEダービーに挑んだアディラート、ダンサクドゥーロなどが登録。
小倉記念の方は、ストロングタイタン、サンマルティン、バンドワゴン、スピリッツミノル、ベルーフ、ヴォーシュなどが出走予定です。










『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ハムキラー千賀、今季5戦... | トップ | 辛くも逃げ切り3連勝!今宮... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。