日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

デスパ、イイばい!ホークス今季初のサヨナラ勝ちで4連勝!

2017年04月21日 | HAWKS


ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦で3連勝を決めた福岡ソフトバンクホークスは、21日から本拠地・福岡ヤフオクで東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦です。現在パリーグ首位を快走中の楽天の快進撃を止められるかどうか?ソフトバンク・中田賢一VS楽天・釜田佳直の先発で始まった21日の試合は、延長戦までもつれ込みました。



両チームのスタメン
  ソフトバンク      東北楽天
1(左)中村晃     (遊)茂木栄五郎
2(遊)今宮健太    (右)ペゲーロ
3(中)柳田悠岐    (三)ウィーラー
4(一)内川聖一    (指)アマダー
5(指)デスパイネ   (一)銀次
6(三)松田宣浩    (中)島内宏明
7(右)吉村裕基    (左)岡島豪郎
8(捕)髙谷裕亮    (二)藤田一也
9(二)本多雄一    (捕)嶋基宏
 (投)中田賢一    (投)釜田佳直


今季2勝目を狙うホークス先発・中田ですが、初回に2死1,2塁といきなりピンチを背負い、銀次にセンター前へのタイムリーヒットを許し、先制点を献上。2回には先頭の岡島にストレートを狙われ、右中間ホームランテラスへのソロ本塁打を浴びて2点目を失います。3回と4回は無失点でしたが、5回に茂木にライトスタンドへのソロ本塁打を浴び、さらに1失点。結局中田は6回途中3失点で降板しました。
ホークス打線は4回まで楽天先発・釜田の前にノーヒットに抑えられ、5回にデスパイネがこの日チーム初安打を放ちますが、吉村が併殺打に倒れて無得点…。
全体的に良い所がない状態で迎えた6回裏も、高谷と本多が倒れて2アウトとなりますが、中村が四球を選ぶと、今宮の内野安打、柳田の四球で満塁のチャンス。ホームランが出れば一気に逆転の場面で、4番・内川が楽天2番手・福山博之の変化球を叩き、レフト前へのタイムリーヒット!2人の走者が生還し、2-3と1点差に詰め寄る。続くデスパイネが四球を選んで再び満塁となり、松田が福山の直球を振りぬき、レフト前タイムリー!3塁走者・柳田が生還したが、2塁走者・内川は本塁憤死。ホークスはこの回、2死満塁から2本のタイムリーが生まれ、3-3の同点に追いつきました!
終盤に入り、嘉弥真新也、森唯斗、サファテの中継ぎ陣が揃って楽天打線を0点に抑える好リリーフ。9回裏、ホークスはヒットと2つの四球で2死満塁と一打サヨナラの絶好の大チャンス到来。しかし、本多がレフトフライに倒れサヨナラならず。3-3のまま延長戦へ。
延長11回、5番手・岩嵜翔が2死から連打を浴びて1,2塁と勝ち越しのピンチを背負うが、代打・今江年晶をライトフライに退けて勝ち越し阻止。その裏、ホークスは2死1,3塁のチャンスを得るも、本多がセンターフライ。またも本多がチャンスで凡退し、12回へ。
12回、6番手・五十嵐亮太が四球のランナーを出したものの、0点で切り抜ける。これで楽天の勝利は消滅。なんとか1点欲しいホークスは、先頭の中村がヒットで出塁すると、今宮の犠打、連続四球で1死満塁。3塁走者が生還すればサヨナラのの場面で、デスパイネがセンターへキッチリと犠牲フライ。3塁走者・上林誠知(代走)が楽々と生還し、ホークスが4-3でサヨナラ勝ちを収めました。



パリーグ 2017年4月21日(金)
ソフトバンクVS楽天 4回戦
<2勝2敗、ヤフオク、観衆:30,142人>
楽|110 010 000 000|3
ソ|000 003 000 001X|4
[勝] 五十嵐 (2勝0敗)
[負] 青山 (0勝1敗)
[本] 岡島(楽/1号)、茂木(楽/5号)


5回終了時点で0-3とリードされ、投打で良いところなく、敗戦ムードが漂っていましたが、6回に2本のタイムリーヒットで3点を挙げて同点。7回以降は中継ぎ陣が好投を見せ、延長12回にデスパイネ選手の犠牲フライで勝負あり。今季初の延長戦を逆転サヨナラで飾り、見事に4連勝達成!首位を相手にサヨナラで勝つのは本当に嬉しい。ってか、正直負けると思ってたけどね。
サヨナラ犠牲フライでヒーローとなったデスパイネ選手は、楽天8番手・青山浩二投手の3球目をセンターへ打ち返した瞬間にサヨナラを確信。試合後のお立ち台では「デスパ、いいね!」の博多弁バージョンである「デスパ、いいばい」を初披露。このパフォーマンスが広く伝わってほしい。この日は5回の第2打席でチーム初安打となるセンター前ヒット、9回はレフト前ヒットを放ち、2安打のマルチヒットを記録しています。
6回に反撃の2点タイムリーを放った内川選手、相手投手の代わり端をレフト前に弾き返しました。今季の内川選手は勝負強いところを存分に見せておりますね。同点タイムリーを放った松田選手は、これで6試合連続安打。ただ、打率は.214と低いままです。
投手陣のほうは、先発の中田投手が6回途中(5回1/3)を投げて、被安打4・3奪三振・2四球・3失点。またしても初回に失点を喫し、ソロホームランを2度も被弾。敗戦投手にはならなかったけど、先発起用に応えられず。中田投手にはもっとしっかりしてほしいです。
中継ぎ陣ですが、嘉弥真投手と森投手、サファテ投手がしっかりゼロに抑えると、岩嵜投手は2イニング無失点。延長12回に登板した五十嵐投手が勝利投手となり、今季2勝目を挙げております。中継ぎ5人で楽天打線をわずか2安打・無失点に抑え込みました。この日のサヨナラ勝利は、中継ぎ陣が頑張ってくれたおかげだと思います。
22日・土曜日の予告先発は、4連勝中のソフトバンクは大隣憲司投手、2連敗中の楽天は美馬学投手が登板します。大隣投手は2軍戦で3試合登板し、安定したピッチングを見せたそうです。今季1軍初登板で復活を印象付けるピッチングを見せられるか期待しよう。






にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホークス今季2度目の3連勝... | トップ | イスラボニータが2年7か月... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。