日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

交流戦天王山!ホークスが広島に先勝して同率首位!

2017年06月16日 | HAWKS

東京ドームでの読売ジャイアンツとの3連戦を1勝2敗で終えた福岡ソフトバンクホークスは、16日からMazda Zoom-Zoom スタジアム広島で広島東洋カープとの3連戦に臨みます。ここまで交流戦15試合を終えて、広島は11勝4敗で首位、ホークスは10勝5敗で2位につけています。交流戦最終カードは、交流戦1位を懸けた天王山です。ホークスはこの3連戦を勝ち越せば、3年連続勝率1位の可能性があります。直接対決初戦の先発投手は、広島・ジョンソンVSソフトバンク・バンデンハークの外国人対決でした。



両チームのスタメン
    広島        ソフトバンク
1(遊)田中広輔     (三)松田宣浩
2(二)菊池涼介     (遊)今宮健太
3(中)丸佳浩      (中)柳田悠岐
4(右)鈴木誠也     (右)江川智晃
5(左)松山竜平     (左)中村晃
6(一)エルドレッド   (二)川島慶三
7(三)安部友裕     (一)明石健志
8(捕)石原慶幸     (捕)甲斐拓也
9(投)ジョンソン    (投)バンデンハーク



1回、ホークスは先頭の松田が広島先発・ジョンソンからレフト前ヒットを放つと、続く今宮が送りバントと思いきや、ヒッティングに変えてセンター前ヒット!バスターエンドランが決まり、無死1,3塁のチャンス。3番・柳田の場面でジョンソンが2球目を暴投し、3塁走者の松田が生還して1点先制。なおも無死2塁で柳田が3球目のストレートを流し打ち、レフト前へのタイムリーヒットで1点追加。初回に幸先良く2点をもぎ取りました。
しかしその裏、ホークス先発のバンデンハークが、2死走者なしで丸にスライダーを狙われ、レフトスタンドへのソロ本塁打を打たれて1点失います。
2-1とホークス1点リードの3回、ホークスは先頭の柳田が四球で出塁すると、江川の犠打、中村の内野ゴロの間に3塁まで進塁。2死3塁で川島がジョンソンの直球を強振!レフトへの大きな打球は、大きく伸びてスタンドイン!伏兵・川島の2ラン本塁打で、ホークスが2点を追加。4回には1死3塁から松田の3塁ゴロの間に1点入り、5-1とリードを拡げます。
バンデンハークは2回と3回を0点に抑えますが、4回裏に先頭の丸に直球を痛打され、左中間スタンドへのソロ本塁打を被弾。丸にこの日2本目のホームランを浴びて2点目を失う。さらに6回、1死走者なしから、またしても丸に直球を狙われ、レフトへのソロ本塁打。丸に3打席連続本塁打を献上し、スコアも5-3と2点差に迫られる。
7回、バンデンハークが2本のヒットを許し、2死1,2塁のピンチを背負う。長打が出れば同点、ホームランで逆転される場面だったが、田中を三振に仕留めてピンチ脱出。
8回は2番手・岩嵜翔が先頭打者にヒットを許した後、3打席連続ホームランの丸と対戦。ここはフォークで空振り三振に切って取り、丸の4打席連続アーチを阻止。続く4番・鈴木を併殺打に仕留め、無失点リリーフ。9回は守護神・サファテが3者凡退に抑えてゲームセット。ホークスが5-3で3連戦の初戦を勝利しました。


プロ野球交流戦 2017年6月16日(金)
広島VSソフトバンク 1回戦
<ソフトバンク1勝、マツダ、観衆:31,523人>
ソ|202 100 000|5
広|100 101 000|3
[勝] バンデンハーク(7勝3敗)
[負] ジョンソン(1勝2敗)
[S] サファテ(20セーブ)
[本] 川島(ソ/2号)、丸(広/9号、10号、11号)


交流戦首位攻防戦の第1ラウンドは、内川誠一選手とデスパイネ選手を欠いているホークス打線が、広島先発・ジョンソン投手から5点を奪い、投げては先発のバンデンハーク投手が7回まで3失点に抑えました。カード初戦を制したホークス、これで広島と11勝5敗で並び同率首位。この試合に負ければ交流戦1位はほぼ絶望的でしたが、なんとか望みを繋ぎました。残り2戦もしっかり勝って、3年連続勝率1位を決めてもらいたいが…。
今季7勝目を挙げたバンデンハーク投手は、7回まで110球を投げ、被安打8・9奪三振・1四球・3失点。普段コンビを組む高谷捕手が負傷のため、甲斐捕手と初めてバッテリーを組んだ今回、丸選手に3連発を浴びたものの、2回から7回まで毎回奪三振を記録しました。バンデンハーク投手はこの交流戦で3連勝。気づけばホークスの勝ち頭になりましたね。
打線のほうはチーム全体で6安打。初回に上位打線が3連打、4回には川島選手の2ラン本塁打が飛び出しました。打のヒーローとなった川島選手、ジョンソン投手の内角の直球をフルスイングし、レフトスタンドへ飛ばしました。川島選手にとってホークス移籍後通算4本目のホームランです。
この日はパリーグ首位の楽天が阪神に敗れたため、ゲーム差が再び「0.5」に接近。楽天は今月に入って2度目の3連敗です。交流戦3位の西武は中日に勝利して「0.5ゲーム差」です。
17日の予告先発投手は、広島・野村祐輔VSソフトバンク・松本裕樹投手となっています。松本投手は先週の阪神戦で5回まで投げて4失点を喫して敗戦投手になりました。2回に四球3個で満塁とし、それから4失点でした。先々週のDeNA戦のようなピッチングをすれば、2勝目もあるかも。もし17日の試合でホークスが勝利し、西武と阪神が引き分け以下ならば、ホークスの3年連続の最高勝率が決定します。ホークスの勝利と中日の勝利を願います。




『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交流戦4カード連続勝ち越し... | トップ | 函館SSは今年も3歳牝馬が勝... »
最近の画像もっと見る

HAWKS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。