日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

今季初の2ケタ得点で楽天に大勝!初スタメンの長谷川勇也が2打席連続3塁打!

2017年04月05日 | HAWKS

開幕カード3連勝を飾り、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・仙台に乗り込んだ福岡ソフトバンクホークスですが、4日の初戦は先発の千賀滉大投手が7失点を喫し、試合も1-7と完敗しました…。楽天相手に連敗は許されない5日の試合は、楽天・釜田佳直VSソフトバンク・武田翔太の先発でスタート。試合はホークス打線が爆発しました。


両チームのスタメン  
  ソフトバンク        楽天
1(遊)今宮健太    (遊)茂木栄五郎
2(二)本多雄一    (右)ペゲーロ
3(中)柳田悠岐    (三)ウィーラー
4(一)内川聖一    (指)アマダー
5(指)デスパイネ    (一)銀次
6(右)中村晃      (中)島内宏明
7(三)松田宣浩    (左)聖澤諒
8(左)長谷川勇也   (二)藤田一也
9(捕)髙谷裕亮    (捕)嶋基宏
 (投)武田翔太    (投)釜田佳直


1回は両チームとも無得点でしたが、2回にホークスが内川の2塁打、デスパイネの四球、中村の犠打で2死2,3塁のチャンスを作ると、今季初スタメンの長谷川が楽天先発・釜田の4球目を捉え、ライトフェンス直撃のタイムリー3塁打で2点を先制。3回にはヒットと四球でランナー2人置いて、4番・内川がストレートを強振。レフトスタンドに突き刺さる3ラン本塁打を放ち5-0。4回は先頭の松田がレフト前ヒット&エラーで2塁に進むと、長谷川の右中間を破るタイムリー3塁打で1点追加。なおも1死3塁で今宮のセンター前タイムリーでもう1点加え、4回まで7点を奪い、楽天・釜田をノックアウトしました。
5回、ホークスは2死から中村と松田の連続ヒット、長谷川の四球で満塁とし、高谷が楽天2番手・小山雄輝からレフト前への2点タイムリーヒットを放つ。今宮四球で再び満塁となり、本多の押し出し四球でこの回3点目。さらには柳田がセンター前へのタイムリーヒットで2点追加。この回5点を奪い、12-0と大差をつける。
しかしその裏、4回まで無失点の好投を続けていた武田が、2死1,2塁で茂木にレフト線へのタイムリー2塁打を打たれて1点を失うと、続くペゲーロにライトへのタイムリーヒットを浴び、さらに2点を失う。武田はこの回3点を失った。
終盤に入り、7回に3番手・嘉弥真新也がヒットと2つの死球で2死満塁のピンチを作ったが、4番手・五十嵐亮太ががアマダーを空振り三振に仕留める。しかし、8回に途中出場・三好匠にタイムリーを浴びて1失点。スコアも12-4と8点差に。
9回、ホークスは1死2,3塁から今宮の内野ゴロの間に13点目を挙げると、続く本多が2塁へのタイムリー内野安打で14点目。途中出場・甲斐拓也にもタイムリーが生まれ、この回3点を加え15-4。今季初の2ケタ得点のホークス、楽天に大勝です。


パリーグ 2017年4月5日 (水)
楽天VSソフトバンク  2回戦
<1勝1敗、Koboパーク宮城、26,298人>
ソ|023 250 003|15
楽|000 030 010|4
[勝] 武田(1勝)
[負] 釜田(1敗)
[本] 内川(ソ/2号)


平日なのにデーゲームだったこの日の試合は、ホークス打線がよく繋がりました。2回から5回まで毎回得点を挙げ、5回まで12得点。9回にも追加点を挙げ、今季最多の15得点の猛攻。投げては先発の武田投手が5回まで投げ、中盤以降は余裕の継投策でした。前夜の完敗から一転、この日は圧勝のホークス、楽天の開幕からの連勝をストップさせました。両チームとも4勝1敗で並び、6日の試合で勝った方がパリーグ単独首位となります。
この日のホークス打線は、16安打&15得点。いずれも今季初めてで、しかも先発全員安打を達成。今季初スタメンの長谷川選手は、2打席連続でタイムリー3塁打を放ち3打点。最初の打席でライトフェンス直撃の2点タイムリー3塁打、次の打席では右中間を破りました。2本とも甘く入った球をしっかり捉えており、もう一伸びあったらスタンドに入りそうでしたよ。オープン戦では.172と不調だったけど、2本の長打を打ったから、そのうち調子が良くなると思います。
4回に2ランホームランを放った内川選手は、開幕から5試合連続ヒットと打撃好調。釜田投手のストレートを叩くと、弾丸ライナーでレフトスタンドに叩き込みました。しかし、5回は2度も打席に立って2度凡退。こういうときもあります。今宮選手,本多選手、柳田選手の1~3番、9番・高谷選手が2打点を記録。今宮選手は3安打の猛打賞をマークしております。開幕2戦目から3試合連続でノーヒット中だった松田選手は、2打席連続ヒットを記録。2本ともレフト前に運びましたね。
先発の武田投手は、5回まで85級を投げて、被安打3・3四球・3失点。初回と2回を3人で退け、4回まではノーヒットピッチングを続けていましたが、5回に初安打を許した後、楽天の1,2番に連続タイムリーを浴びて3失点を喫しました。本人も「もっと投げたかった」と内容に不満気でした。次の登板では5回以上投げられるように。
5日の予告先発は、楽天・森雄大VSソフトバンク・バンデンハークとなっています。バンデンハーク投手は3月31日の中日との2軍戦に登板し、5回1失点で勝利投手に。右手人差し指のマメの影響が心配されましたが、特に心配はないのかな?ホークスは敵地で楽天に連勝し、2カード連続勝ち越し&パリーグ単独首位に躍り出ることができるのか?








にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開幕カード3連勝!内川&上... | トップ | 4番・内川が1試合2発!開... »
最近の画像もっと見る

HAWKS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。