日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

ジャパンダートダービー2017 東京ダービー馬・ヒガシウィルウィンがJRA勢を撃破!

2017年07月12日 | 競馬

3歳世代のダート最強馬決定戦・第19回ジャパンダートダービー(GⅠ・2000m 14頭立て)が12日、東京・大井競馬場で行われました。JRA勢からはユニコーンステークスを勝った⑫サンライズノヴァ、同レース3着⑧サンライズソア、③タガノディグオ・⑭ノーブルサターン・⑩リゾネーターの「兵庫チャンピオンシップ組」、②ローズプリンスダム、⑦シゲルコングの7頭が参戦。地方勢は、羽田盃馬⑥キャプテンキング(大井)、東京ダービー馬④ヒガシウィルウィン(船橋)、⑨サンタンパ&⑬サザンオールスターの愛知勢2頭などが出走しました。


単勝の人気は、1番人気サンライズノヴァ(2.7倍)、2番人気タガノディグオ(4.1倍)、リゾネーター3番人気(4.8倍)、4番人気のサンライズソア(6.0倍)まで10倍以下。以下はヒガシウィルウィン、ローズプリンスダム、キャプテンキング、ノーブルサターン、⑪ブラウンレガート(大井)と続きました。

スタートでノーブルサターンとブラウンレガートの2頭が好ダッシュを見せ、ノーブルサターンが先手を取った。ローズプリンスダムとシゲルコングが2番手を争い、サンライズソア5番手、リゾネーター6番手、ヒガシウィルウィン7番手、キャプテンキング8番手、サンライズノヴァは10番手で正面スタンド前を通過。
1,2コーナーを回って向正面のところで、ノーブルサターン先頭、2番手にローズプリンスダム、3,4番手の位置にサンライズソアとシゲルコングが並ぶ。5番手リゾネーター、その後ろの中団の位置にヒガシウィルウィン・キャプテンキング・サンライズノヴァの3頭が固まっている。9番手にタガノディグオがいて、10番手ブラウンレガート。11番手に⑤キャッスルクラウン(船橋)、12,13番手にサンタンパとサザンオールスターの愛知コンビ、最後方に①サヴァアルジャン(浦和)という展開。
外回り3コーナーで、サターンがゆったりとした流れで逃げ、リゾネーターが外から接近。プリンスダム3番手、ソアが4番手に下がり、さらにはヒガシウィルとノヴァも好位につけた。
4コーナーを過ぎ、最後の直線の攻防へ。粘るノーブルサターンに外からリゾネーターが迫ると、サンライズソアが最内を突こうとする。外からヒガシウィルウィン、タガノディグオも一番外から追い込んで来た。ゴール残り200mを切り、今度はソアが前に出るが、外からヒガシウィルが差を詰め、間からリゾネーターも突っ込もうとする。ゴール前でソアとヒガシウィルの2頭が抜け出し、最後はほとんど並んでゴールイン!サンライズソアが粘ったか、それともヒガシウィルウィンが最後にかわしたか?



ジャパンダートダービー 全着順&払戻金
1着④ヒガシウィルウィン  2分05秒8
2着⑧サンライズソア     クビ
3着③タガノディグオ     1馬身
4着⑩リゾネーター      クビ
5着⑭ノーブルサターン   1馬身3/4
6着⑫サンライズノヴァ
7着⑪ブラウンレガート
8着②ローズプリンスダム
9着⑥キャプテンキング
10着⑦シゲルコング
11着⑤キャッスルクラウン
12着⑬サザンオールスター
13着⑨サンタンパ
14着①サヴァアルジャン

単勝 ④ 1,020円
複勝 ④ 250円  ⑧200円  ③ 150円
枠複 3⃣-5⃣  940円
枠単 3⃣-5⃣ 1,770円
馬複 ④-⑧ 3,080円
馬単 ④-⑧ 7,500円
ワイド ④-⑧ 790円 ③-④ 520円 ③-⑧ 460円
三連複 ③-④-⑧ 3,050円
三連単 ④-⑧-③ 28,450円


今年の3歳ダート王者を決める戦いは大接戦となりましたが、4番人気・ヒガシウィルウィンが、ゴール前でサンライズソアを差し切って優勝しました。地方所属馬のJDD制覇は、2010年のマグニフィカ以来7年ぶりの快挙です。クビ差の2着に敗れたサンライズソアは、ラスト200mで一度は先頭に立ったけど、粘り切れませんでした。2番人気のタガノディグオは大外から懸命に追い込んだものの3着。3番人気のリゾネーター4着、1番人気のサンライズノヴァは直線伸びずに6着。羽田盃馬・キャプテンキングは9着に終わっています。
優勝したヒガシウィルウィンは、東京ダービーに続いての南関東クラシック2冠制覇。鞍上の本田正重騎手(船橋所属)は、JDD初勝利&ダート交流GⅠ初勝利。ヒガシウィルの主戦騎手の森泰斗騎手が落馬負傷してしまい、本田騎手が代役を務めることになりましたが、好騎乗でJRA勢を撃破しました。管理する佐藤賢二調教師は2001年のトーシンブリザード以来となるJDD2勝目。
ヒガシウィルウィンは北海道でデビューした後、3歳になった今年1月に南関東に移籍。移籍初戦のニューイヤーカップで勝利すると、京浜盃で重賞2連勝。羽田盃で2着に敗れるも、東京ダービーでは6馬身差の圧勝。南関東転入後は、今回の勝利を含めて4戦3勝。JDDでJRA勢を撃破したことが評価され、NARグランプリの年度代表馬に選ばれるかもしれませんね。秋のJBCクラシック,東京大賞典もそうですが、ゆくゆくは中央のダートGⅠに参戦することもあるでしょう。これから先は厳しい戦いが続きますが、地方馬&3歳ダート王者の意地で、再びGⅠの舞台で下剋上を起こせるよう期待しています。


『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼーヴィント福島で2度目の... | トップ | マイナビオールスター2017 ... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。