日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

ホークス5連勝で単独首位浮上!6月MVPの柳田は2試合連発!

2017年07月07日 | HAWKS

7月は4戦4勝の福岡ソフトバンクホークスは、7日から札幌ドームに乗り込んで北海道日本ハムファイターズとの3連戦に臨みます。ホークスは現在VS日ハム戦で5連勝中、今回の3連戦でもカード勝ち越しとなるでしょうか?



両チームのスタメン
  ソフトバンク      日本ハム
1(二)明石健志    (中)西川遥輝
2(遊)今宮健太    (左)松本剛
3(中)柳田悠岐    (一)中田翔
4(一)内川聖一    (三)レアード
5(指)デスパイネ   (指)田中賢介
6(三)松田宣浩    (右)ドレイク
7(左)中村晃     (二)石井一成
8(捕)甲斐拓也    (捕)市川友也
9(右)上林誠知    (遊)中島卓也
 (投)東浜巨     (投)有原航平



5連勝を狙うホークスは、1回に2アウトから柳田がヒットで出塁するが、4番・内川が内野ゴロに倒れる。2回も中村がヒットを放ったが、甲斐が三振に倒れてまたも無得点。ホークス先発の東浜は、初回に10球で3者凡退に抑えると、2回はレアードとドレイクから三振を奪い、この回も3人で終えました。
0-0で迎えた3回、ホークスは先頭の上林が2塁打を放つと、1死3塁で今宮が日ハム先発・有原の6球目のスライダーをライトへ打ち上げ、日ハム右翼手・ドレイクの前に落ちるタイムリーヒット。3塁走者が生還し、ホークスが1点先制。なおも1死1塁で柳田が3球目をガツンと叩き、左中間スタンドへの2ラン本塁打!さらに2点を追加し、3-0とします。
しかしその裏、東浜が2死から中島に四球を許すと、西川にヒットを打たれる。ランナー2人を背負い、松本にレフト前へのタイムリーヒットを浴びて1点を失います。
2点リードの4回、ホークスは先頭の松田が有原の2球目のフォークをセンターへ弾き返し、大きな打球はバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打。4-1と再び3点差に拡げます。この後、中村の2塁打、甲斐の犠打で1死3塁と追加点のチャンスを作ったが、上林センターフライ→3塁走者動けず、明石も外野フライに倒れ、この回は1点のみ。
5回、ホークスは2死から内川が内野安打の後、代走・高田知季が盗塁を決めたが、デスパイネが三振に倒れて無得点。その裏、東浜がヒットと四球の走者を出し、ホームランで同点の場面で中田に直球を狙われる。ライトに飛んだ打球は、フェンス手前で上林がキャッチ。危ない所だったが、なんとか無失点に抑えます。
6回、東浜がレアードに四球を与えた後、田中にヒットを浴びて無死1,2塁、ドレイクの内野ゴロで1死2,3塁とピンチを拡げる。ここで日ハムは石井に代えて大谷翔平が代打で登場。ホークスは東浜から嘉弥真新也にスイッチ。大谷VS嘉弥真の対決はフルカウントまでもつれ込んだが、最後は嘉弥真が大谷をレフトフライに打ち取りました。ただ2死後、3番手の五十嵐亮太が代打・矢野謙次 に四球を与えて満塁とされたが、中島を内野ゴロに退けて3アウト。日ハムのチャンスを振り切り、0点で終えました。
終盤に差し掛かり、8回に5番手・岩嵜翔が連打で無死1,2塁のピンチを作りますが、ドレイクを併殺打に仕留めて2死とすると、代打・大田泰示をストレートで空振り三振。9回はサファテが締め、ホークスが逃げ切りました。



パリーグ 2017年7月7日(金)
日本ハムVSソフトバンク 13回戦
<ソフトバンク9勝4敗、札幌、観衆:27,107人>
ソ|003 100 000|4
日|001 000 000|1
[勝] 東浜(8勝3敗)
[負] 有原(5勝6敗)
[S] サファテ(1勝26セーブ)
[本] 柳田(ソ/22号)、松田(ソ/15号)


七夕の札幌対決は、柳田選手と松田選手のホームランが飛び出せば、東浜→嘉弥真→五十嵐→モイネロ→岩嵜→サファテの投手リレーで日ハムの反撃をしのぎました。6回に嘉弥真投手が大谷選手を抑え、8回は岩嵜投手が連打を浴びた後、新外国人選手をゲッツー。今季は嘉弥真投手と岩嵜投手に何度助けられたか…。
これでホークスは5連勝で貯金25となり、首位・楽天が西武に敗れたため、ホークスが今季初のパリーグ単独首位に立ちました!!いやぁ~、この時がついに来ました。0.5ゲーム差に迫りながらも何度も離され、先週の楽天との直接対決では2勝1敗と勝ち越しながらも、勝率の関係により「-0.5差」で首位お預け。7日現在、ホークスの勝率は.658、楽天は.657。わずか1厘差ですよ…。両チームのゲーム差は「1.5」です。このまま首位で折り返したい。
先発の東浜投手は、6回途中(5回1/3)まで106球を投げ、被安打4・5奪三振・4四球・1失点の内容で今季8勝目。2イニング連続3者凡退の後、3回に1点を失い、4回と5回もランナーを出したものの得点を許さず。2試合ぶりの白星を挙げ、自己最多の9勝まであと1勝に迫りました。
10安打を記録した打線は、ホームランを打った柳田選手と松田選手、さらに中村選手と上林選手の4人が2安打をマーク。6月月間MVPを獲得した柳田選手は、3回の打席で有原投手から2ラン本塁打。水曜日のオリックス戦に続いての2戦連発で、今季22本塁打目。しかし、次の打席で右ひざに自打球を当ててしまい、大事を取って途中交代。右ひざ打撲で済んだけど、翌日以降に影響が出ないか心配だ。
8日のデーゲームは、日本ハム・井口和朋VSソフトバンク・千賀滉大の予告先発で行われます。千賀投手は先週の楽天戦で4回まで投げて4失点を喫し、不本意な内容に終わりました。日ハム戦は今季3試合登板して3勝負けなし。札幌ドームとの相性も抜群なので、奪三振ショーも期待したいですね。土曜日の試合も勝って、チームの連勝と貯金を伸ばして、ガッチリ首位固めと行きましょう。



『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳田リーグ単独トップの21号... | トップ | 柳田3戦連発&千賀復活白星... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。