日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

ザックJAPANペルーに引き分け。U-22代表は豪州に逆転勝ち!

2011年06月02日 | soccer

サッカーの国際親善試合「キリンカップサッカー2011」日本VSペルー戦が1日、新潟の東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。今年1月のアジア杯以来の国際AマッチとなるザックJAPANは、長友佑都・本田圭佑・岡崎慎司・安田理大といった海外組、西大伍・柴崎晃誠・宇佐美貴史が初招集されました。対戦相手のペルーはFIFAランク54位と順位は格下ですが、過去の対戦成績は1勝2敗1分けと負け越しています。9月のブラジルW杯3次予選に向けて幸先良いスタートを切りたいザックJAPANでしたが、消化不良な内容となりました。


日本のスタメン
GK 1 川島永嗣
DF 2 伊野波雅彦
DF 4 栗原勇蔵
DF 15 今野泰幸
MF 7 遠藤保仁
MF 17 長谷部誠
MF 20 西大伍
MF 21 安田理大
FW 9 岡崎慎司
FW 11 前田遼一
FW 16 関口訓充
日本は国内組が中心で、3-4-3システムを導入。DFには伊野波と栗原、中盤には安田と西、FWに関口がスタメン入り。長友、本多、宇佐美、内田篤人、李忠成らはベンチスタートとなりました。


日本ボールで始まったこの試合、前半8分、ペルーにチャンスが訪れ、ファルファンのスルーパスにクエバが抜け出すも、GK川島がキャッチします。この後15分にラバナル、19分にFKをクルサードが蹴るもゴールならず。日本は23分に、右サイドからのFKを遠藤が変化をつけ、長谷部がミドルシュートを放ちましたが枠を捉えられず。27分、ペルーはバルビンがロングシュート。しかし、これを川島がパンチで防ぎました。その1分後に日本は遠藤→長谷部がシュートもダメ。38分、西が右サイドでクロスを入れたが、岡崎合わせられず。前半は両チーム無得点で終了。
後半に入り、日本は本田圭佑を投入。立ち上がりから日本が果敢に攻め込み、後半10分に前田が倒されてFKを獲得。中央でのFKを本田が直接狙いましたが、ゴール左上に逸れてしまいます。後半20分過ぎからは長友佑都と李忠成を立て続けに投入。後半30分に李がドリブルでペナルティエリア内に進入しようとするも、相手DFに阻まれてしまいます。
残り10分を切り、ペルーは37分に右サイドのスローインからロバトンがエリア内でグラウンダーのクロスを入れるが、ゴール前で途中出場の森脇良太が間一髪でクリア。日本は39分に本田が倒されながらもロングシュートを放ったが、惜しくも決まらず。40分には長友クロス→李→岡崎ボレーも失敗。本田がGKと競り合うも決まらず。
41分過ぎからペルーに攻め込まれ、ジョトゥンの強烈なシュートを川島が防ぎ、この後もルイディアス、ロバトンと立て続けに狙うも、川島が気迫の守りを見せます。44分、CKのこぼれ球をラミレスがヘディングシュート。またもや川島セーブ→ポスト直撃。波状攻撃を守り抜いた日本は終了間際に正面の位置でFKを獲得。このFKを遠藤が直接狙うもわずかに外れて試合終了。両チームとも決め手を欠き、0-0の引き分けに終わりました。


なんだか今回の試合は消化不良に終わりましたね。ゴールが生まれなかったのもそうだけど、3-4-3のシステムがうまく機能しない、新戦力が結果を残せない、チャンスらしいチャンスが少なかったです。無敗記録を「13」に伸ばしたけれど、ザックJAPANの試合で消化不良&不完全燃焼に感じたのは初めてじゃないかと思います。
後半から途中出場した長友選手と本田選手は、前日帰国したばかりなのに、移動の疲れと時差ボケを感じさせないプレーを披露。本田選手は惜しいシュートが2度もありました。川島選手は終盤のペルーの猛攻を体を張って守り抜きました。よく耐えた。その一方で伊野波選手と安田選手が足の違和感を訴えて途中交代、宇佐美選手は出場機会無しで代表デビュー戦は次戦に持ち越し…。宇佐美見たかったな~。



日本VSペルー戦の前座として行われた「U-22日本代表 VS U-22オーストラリア代表」戦は、FW陣が結果を残しました。
開始早々、日本は永井が敵陣で相手DFからボールを奪うもシュートできず、パスを受けた山村和也がシュートを放つもDFに当たりCK。続くCKではチャンスに至らず、逆に豪州がカウンターを仕掛け、ホフマン→イェシッチと繋ぎ、最後はニコルスが流し込んで豪州が先制点を奪います。勢いに乗る豪州はその後もペースを掴みますが、シュートをGK権田修一がセーブし続け、守備陣が追加点を与えさせません。日本は21分に東慶吾がシュートするもGK正面。22分に右サイドの酒井宏樹のクロスが直接ゴールに向かうもポスト直撃。豪州1点リードで迎えた前半ロスタイム、山村がドリブルで持ち込んだ後にスルーパス、永井が冷静に決めて1-1の同点に追い付きます。
後半に入ると日本の決定的チャンスが続き、後半5分に清武弘嗣が左足シュートを狙うもバー直撃。後半11分には原口元気がドリブルで持ち込んでエリア手前でシュートも枠外。そして迎えた後半19分、永井が相手のバックパスを奪い、右足のループシュートはゴールネットに吸い込まれて逆転。22分にはCKから永井ミドル→山崎亮平がコース変えようとするも空振り。24分には東のスルーパスに永井が抜け出すもシュート打てず。ダメ押し点が欲しい日本は後半39分、右サイドにいた永井のクロスに、途中出場・大迫勇也が滑り込みながらも右足で合わせて3点目を奪い勝負あり。日本がFW陣の活躍で豪州に3-1で逆転勝ちしました。
U-22代表の方はFW陣がいい仕事をしましたね。特に永井選手は持ち前の俊足を活かし、相手DFを翻弄。2ゴール1アシストと全ての得点に絡む活躍をみせました。永井選手のスピードは相手にとって脅威に感じるでしょう。大迫選手も結果を出し、滑り込みながらも何とかゴールに持ち込みました。
その一方で課題も見つかり、立ち上がりに失点したり、相手にカウンターに対応できなかったり、再三に渡りピンチが続き、前半33分には山村選手のクリアがオウンゴールになりかけたりと守備面に不安を残しました。6月19日のクウェートとの2次予選までに修正してほしい…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

ジャンル:
サッカー
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内川の一発で9連勝!大台の1... | トップ | アクシデントがあっても負け... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サッカー ペルーと分ける 0-0 (王様の耳はロバの耳)
日本、ペルーと分ける=ゴール奪えず―キリン杯サッカー(時事通信) - goo ニュース 日本代表の個人技の素晴らしさに注目するなんて言うほど「サッカー好き」でない者だから昨日1日のペルー戦は面白くなかった。 せめて2-2とか3-3で引き分けなら面白い勝負だったの...
国際親善試合:日本代表-ペルー代表 (Yellow Life Blog - 柏レイソル&バルサ観戦記・ロードバイク等)
日本代表 0-0 ペルー代表 チャリティーマッチから2ヶ月ぶりの代表戦。相手は南米選手権を控えるペルー代表です。 前半は観れなかったので割愛。後半の日本は西に代えて本田を投入 ...
日本vsペルー代表、0-0で引き分け サッカーキリン杯  (ネット社会、その光と影を追うー )
サッカーの国際親善試合、キリンカップは1日、新潟・東北電力ビ
日本代表、ペルーとスコアレスドロー? (いい加減社長の日記)
試合自体は、観てなかったんだけど^^; サッカー日本代表は1日、新潟・東北電力ビッグスワンスタジアムでキリンカップの初戦でペルーと対戦。 1月のアジアカップ以来の国際試合に臨んだ日本は、ペルーと0―0で引き分けました・ 後半に本田、長友らを投入し、...
サッカー日本代表、ペルーとスコアレスドロー (Sky7FC 1982)
サッカー日本代表が、キリンカップサッカー2011でペルー代表と対戦し、0-0に終わりました。 先発メンバー GK:川島永嗣 DF:伊野波雅彦、栗原勇蔵、今野泰幸、安田理大 MF:遠藤保仁、長谷部誠、西大伍 FW:岡崎慎司、前田遼一、関口訓充 試合は、0-0で終了。
ペルーとスコアレス (O塚政晴と愉快な仲間達)
まずはU-22オーストラリア戦。 五輪2次予選へ向けての壮行試合だった関塚ジャパンを観たかったので急いで帰り、BS朝日で後半35分に間に合った。 そこまでは前半3分に先制され、前半終了間際に永井のゴールで追い付き、さらに永井が逆転ゴールで2-1の状...
課題は多めに設定したか?(キリン杯・vsペルー戦) (Ali della liberta (in Stadio))
 「19時女子プロレス」視聴のため、後半から見てました(汗)。  とりあえず、スタメンに安田や関口らを起用するなど「全体の底上げ」を図るかのようなメンバー構成で臨んだものでしたかね。途中交代メ...
消化不良・・・キリン杯ペルー戦 (雲の上からHello! )
宇佐美出せやぁあああ!!! キリンカップ2011 日本 0 - 0 ペルー 日本のスタメンは川島、栗原、今野、伊野波、西、長谷部、遠藤、安田、関口、岡崎、前田の11人。3-4-3の布陣でしたね。西は初出場、初先発。 前半、なかなか上手くいかない...
永井ってすげぇな。 (コウサする日々)
U-22日本代表強化試合 日本3-1オーストラリア U-22の日本代表の試合を後半の途中から見ました。 永井選手がグランパスの選手ですし、注目しましたが、2得点1アシスト ...
3-4-3の弱点はトップ下の不在? (けいいちの日記)
昨日の話題ですが、ぺルー戦についての感想です。 ぺルー戦は本格的に3-4-3を国際Aマッチで試す機会となりましたが、不発に終わってしまいました。 前半はトップの前田にが行き渡らず、攻撃はチグハグ。ザック流の3-4-3の核となるサイドアタッカーの安田と(...
ザックジャパン観戦新戦力を投入してザックシステムを試したがシステムの課題がハッキリしたルポ (オールマイティにコメンテート)
1日サッカー国際親善試合キリンカップ 日本対ペルー戦が東北電力ビックスワンで行われ、 0対0でそれぞれ決定的なチャンスがあったものの 活かす事ができずスコアレスドロ ...
キリンカップ・ペルー戦 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
本日キリンカップ・日本代表vsペルー代表の試合が行われ、結果は0-0のドローでした。 正直見せ場の少ないつまらない試合でした。とにかくシュートまで行ける機会が少なかったです。 新しいメンバーやフォ...
サッカーキリンカップ・日本代表vsペルー代表 (ASAのBlog体験版)
国際Aマッチは実に1月のアジアカップ以来となりましたが、日本代表が再始動。どちらかといえば若手(中堅?)の多い国内組と、それぞれに経験を積んで帰ってきた海外組との構成で ...
ペルー戦はスコアレスドロー (FREE TIME)
今日からキリンカップサッカー2011が開幕。 日本代表は、東北電力ビックスワンスタジアムにてプルーとの対戦。
追い詰めるも 日本代表ペルーとスコアレスドロー (Blue)
最後の遠藤のFKは力が入りましたね。残念ながらスコアレスドローに終わりました。海外組のコンディションも 今ひとつだったので仕方のない部分もありますが。【送料無料選択可!】 ...
ダブルで代表 (宴の痕)
・キリンカップ。 日本0-0ペルー (日本:なし) ファルファンってペルーだったんだ…。 何気に初耳でした。 さて、にしーーー!!! なんと西スタメンと来た。 代表メンバーの ...
日本代表VSペルー (ガンバ応援 From 北摂)
ミチがスタメン!後半,足を痛めたように見えたけど大丈夫かな?ヤットさん,フル出場お疲れ様です!結果は0:0のドロー。準備期間が少なかったせいか,全体の動きが重かった印象。もどかしかった。積極性にも欠けた気がする。宇佐美選手の代表デビューはお預けとなりまし...
ペルーとドロー (JAOの趣味日誌)
日本、無得点でペルーとドロー…無敗記録「13」に更新/キリン杯 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース yahooニュースより サッカー日本代表は1日、新潟・東北電力ビッグスワンスタジアムでキリンカップの初戦でペルーと対戦。後半に本田、長友らを投入....
日本 0-0 ペルー(キリンカップ2011) (スポネト)
キリンカップ2011、日本対ペルーの対戦はスコアレスドローに終わった。 日本 0-0 ペルー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000526-sanspo-socc