日刊魔胃蹴

やばい、リオ五輪ロスになっちゃうかもしれない。

終盤突き放してオリックスに快勝!内川が決勝弾、柳田は2打席連続タイムリー!

2017年05月18日 | HAWKS

オリックスバファローズとの3連戦を戦っている福岡ソフトバンクホークス、水曜日の試合は柳田悠岐選手が1本塁打3打点と活躍し、東浜巨投手が8回途中2失点の好投でオリックスに勝利しました。1勝1敗のタイで迎える18日は、ほっともっとフィールド神戸で行われ、オリックス・ディクソンVSソフトバンク・攝津正の先発で始まりました。



 両チームのスタメン
  ソフトバンク     オリックス
1(二)川﨑宗則   (右)武田健吾
2(遊)今宮健太   (中)駿太
3(中)柳田悠岐   (指)中島宏之
4(一)内川聖一   (左)T-岡田
5(指)デスパイネ  (三)小谷野栄一
6(左)中村晃    (一)モレル
7(三)松田宣浩   (二)大城滉二
8(右)上林誠知   (遊)縞田拓弥
9(捕)髙谷裕亮   (捕)若月健矢
 (投)攝津正    (投)ディクソン



1回、ホークスは先頭の川崎がライト前ヒットを放つと、2死後に内川が四球を選び、ランナー2人置いたが、デスパイネがライトフライに倒れて2者残塁。その裏、ホークス先発・攝津が、オリックス先頭の武田にヒットを許すと、中島にもヒットを浴びて1死1,3塁のピンチを背負い、4番・T-岡田にセンター前へのタイムリーヒットを打たれ、先制点を許します。
1点を追うホークスは、2回に中村と上林がヒットで出塁し、1死1,3塁と攻めるも、上林が盗塁失敗、高谷も内野ゴロに倒れて無得点に終わる。3回、1死から今宮が四球を選ぶと、柳田がオリックス先発・ディクソンのカーブを捉え、レフト線への2塁打。1塁から今宮が生還し、1-1の同点とします。
しかし4回、攝津がT-岡田のヒット、モレルの四球で1死1,2塁とされ、大城にシンカーを狙われてレフト前へのタイムリーヒットを浴び、1-2と勝ち越されます。
またもリードされたホークスでしたが、5回に2死後に今宮が四球で出塁し、柳田が初球を打ち上げて平凡なフライで3アウトかと思われたが、ボールを追いかけていたオリックス遊撃手・縞田がキャッチできず、レフトの前にポトリと落ちた。1塁から今宮がホームインし、打った柳田は2塁へ。柳田のラッキーなタイムリー2塁打で、2-2と振り出しに戻します。
6回、ホークスは3つの四球で2死満塁のチャンスを作ったが、1番・川崎がオリックス2番手・大山暁史のスライダーの前に三振を喫し、勝ち越し点を奪えず。その裏、攝津が小谷野とモレルに連続ヒットを許し、1死1,3塁でバッター・大城のところで、攝津を下げて五十嵐亮太にスイッチ。2番手・五十嵐は、大城を3塁ゴロに打ち取ると、縞田の代打・西野真弘をストレートで空振り三振に仕留め、勝ち越し点を与えません。
ピンチを凌いだホークスは7回、2死走者なしで、内川がオリックス3番手・吉田一将の3球目を振り抜く。レフトへ舞い上がった打球は、スタンドへと吸い込まれた!4番の一振りでホークスが3-2と逆転します!
初めてリードを奪ったホークスは、8回に松田と上林の連打で1死1,3塁とし、高谷がスクイズを決めて1点を追加。なおもランナーを2塁に置いて、川崎がオリックス4番手・黒木優太からセンターへのタイムリー2塁打を放ち5点目。さらに今宮のセンター前タイムリーで1点を挙げ、この回3点を加えます。9回にはデスパイネがオリックス6番手・小林慶祐のストレートを捉え、左中間スタンドへのダメ押しソロ本塁打でトドメを刺しました。



パリーグ 2017年5月18日
オリックス 対 ソフトバンク 11回戦
<ソフトバンク7勝4敗、ほっともっと、観衆:12,008人>
ソ|001 010 131|7
オ|100 100 000|2
[勝] 五十嵐(4勝)
[負] 吉田一(1敗)
[本] 内川(ソ/7号)、デスパイネ(ソ/10号)


神戸でのオリックス戦は、オリックスが先行してはホークスが追いつくという展開で進みましたが、ホークスが7回の内川選手のホームランで勝ち越すと、その後も追加点を奪って突き放しました。試合も7-2で快勝。先発ピッチャーが攝津投手ということで、「あぁ負けだな」って思いましたが、攝津投手に黒星がつかなくてよかったです。前日に続きオリックスに連勝したホークス、この3連戦を2勝1敗で終えました。一方のオリックスは、6カード連続の負け越し。4月の快進撃は何だったんですかね~。
先発の攝津投手は、6回途中(5回1/3)まで投げて、被安打7・2奪三振・1四球・2失点。初回に先制点を与えると、4回にも先頭打者の出塁が失点につながりました。前回オリックスと対戦した時は3回でノックアウトされましたが、この日は6回途中まで投げられましたね。
6回に攝津投手が連打を浴びた後に登板した2番手の五十嵐投手は、打者2人をしっかりと抑え、前の投手が作ったピンチを上手く処理。その直後に勝ち越し点が入り、五十嵐投手に勝ち投手の権利を取得。これで五十嵐投手は今季4勝目。先発投手より白星を多く挙げてる気がする…。
11安打のホークス打線は、川崎選手、柳田選手、上林選手の3人が2安打を記録。柳田選手は2打席連続でタイムリー2塁打を放ち、1本目は低めのボールをレフト線に運び、2本目は打ち取られたかと思いきや、レフトとショートの間にポトリと落ちるというラッキーな2塁打。2本とも今宮選手が四球で出塁した後に生まれたもので、今宮選手もよく走りました。
7回に勝ち越しのソロ本塁打を放った内川選手は、吉田投手の高めのスライダーをうまく捉え、レフトスタンドに叩き込みました。その前まではディクソン投手に抑え込まれていたけど、終盤に差し掛かった場面で4番の仕事を果たしましたね~。9回にダメ押しの一発を放ったデスパイネ選手は、チームトップの10本塁打。実に1週間ぶりの一発が出ました。日ハム・レアード選手に1本差に迫っております。

関西での3連戦を終えたホークスは埼玉に移動し、19日からメットライフドームで西武との3連戦に臨みます。西武は現在、2カード連続3タテで6連勝中です。2位・ホークスと3位・西武とのゲーム差は「3.0」。仮に西武に3連敗を喫すれば、ゲーム差がなくなり、3位に転落する恐れも…。次のカードも勝ち越しを狙え!





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳田ようやくお目覚め!待望... | トップ | ホークスが西武の連勝を止め... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。