ふらいすたーげ

人生、一生、日々まじめ

※Fleisstage(勤勉日々)は造語です。
当サイトはリンクフリーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メーデー

2007-05-04 00:44:29 | イベント
新大久保からスタート。前方には福島さんも。一番前はDJとサウンドカー。

実行委員の皆様お疲れさまでした。メーンの人たちが、実務している姿は、自分たちで作りあげているという印象を強くうけた。

連合のメーデーも金沢市で行われました。格差社会を批判していたようで、この問題が今テーマになっていることがわかりました。

30日のメーデーは大成功だったと思います。とかく派手なことを想像しやすいのがイベント。それで、うまくいったという声があちこちから聞こえたからには、大成功ということでしょう。

さすがに歌舞伎町を通るときはとても変な感じがしました。しかし、いつもは巨大にみえる東京もみなで普通に大行進するだけで、大したことないように見えます。それだけ、日常は経済的な記号に翻弄され表象されていたりして。デモのときはかかるものが色あせて見えます。少年時代の遠足のときもそうでした。

会場には、社民党党首の福島瑞穂さんもいらっしゃいました。そして、デモ行進にも。しかも先頭で。私も写真の後、はじめ先頭だったので、話しかけつつ、しばらく隣で一緒に行進させてもらいました。ありがたい。

そして何か変な感じもした。テレビに出てくる人が大音量の中、警察の指図の中を歩くのも。沿道の人に常に手を振ってました。翌日もメーデーだとおっしゃってました。さすがエネルギーが違います。

また、終了後にはお話を伺うこともできました。北陸電力臨界隠しについて聞くこともできて嬉しかったです。

もう一人。別の意味で「有名人」がいました。塩見孝也さんです。いきなり後ろから背中を叩かれ、「おー久しぶりだな」と言われ、はじめは誰かと思いました。みなさんいろいろとこの10年で変わりました。しかし塩見さんは、変わりません。あそこまで変わらないのもすごいと思います。喜んで若者らしいデモに参加し、「やっぱり最近の若者とも交流していかんとよ~」と言ってたので「おやっ?」と一瞬思ったのですが、すぐさま「でもこれはな、どっちかというと生活面からの運動であってよ、政治的な思想運動にはなりにくいというかな…」

…やはり変わらずそこに行くのです。だてに20年の刑務所生活を理論武装で乗り切ってない。

「新宿でやるのがいいんだよ」とおっしゃっていた氏。確かに、インパクトあります。これはサウンドデモだし、音量もバカにならない。DJと踊る若者。若者へのインパクトもある。

塩見さんは、前々日の沖縄デーのイベントにも出演され、デモ行進もしたそうです。喜納昌吉さんや斎藤貴男さんも出演していたし、話しが聴ける。沖縄運動の方とも会える。もちろんアジる素晴らしい塩見さんも見れるので余力あれば行きたかったです。18歳のとき見た、仲間由紀恵さんのイベント以来、私は沖縄が絡むと目の色が変わります。沖縄には得体のしれないエネルギーがあり、政治、社会に反映されています。


話しを戻しますと、はじめに集会してからデモ行進でした。集会のとき、グッドウィルで生計を立てている方のお話が、一番直に訴えるものがありました。雨宮さんの本のタイトル、そして今回のメーデーの主要テーマでもある、「生きさせろ」という声でした。今の社会は、多少の誇張も承知で言うなら、人が当たり前に生存する環境を次々と破壊しているのだ。

今回のシュプレヒコールは楽しかった。特有のものをいくつか挙げる。

「交通費を出せ」
「グッドウィル(フルキャスト)は携帯電話代を出せ」
「派遣会社は潰れろ」
「過労死は御手洗(奥田、折口)の責任だ」
「生きられる世の中にしろ」
「生きるだけで金をとるな」
「くだらないものを買わせるな」
「生きさせろ」
「マック難民を追い出すな」
「レオパレスから追い出すな」

爆笑があったのは以下の連続攻撃だ。

「麻生はセメントを掘れ」「御手洗はプリンタインクにフタをしろ」*
「奥田はライン労働をしろ」
「折口は派遣先にたらい回されろ」
「安倍は一人でチャレンジしろ」

*長いのは誰一人聞こえなかった気がする。反省点では?


中には「えっ?」という声が聞こえたセリフまで。ただのルサンチマン丸出しのようなセリフまで…。

「金もちは金を分けろ」
「会社の金(税金)で飲み食いさせろ」


すぐ声が枯れてきた、私だけでなく、いまの世の中、そうばかでかい声をカラオケ以外に上げるひとがいるだろうか。

警官の量は相変わらずすさまじいものだった。9時すぎの夜になっても見張りの公安がいた。ただ今回はあまりうざいことはなかった。ただ旗が少しでもはみ出ると注意してきて、やはりうるさい。

帰ってからは交流会。湯浅誠さん、雨宮処凛さん、矢部史郎さん、QTさんの問題提起があった。ただそれより興味深かったのは、高円寺一帯でいま暴れ回っているという「素人の乱」と、区議選に立候補したという松本哉の存在だ。みんなでバカの映像をみましょうと始まった選挙戦映像だった。とは言っても連日駅前でロックの爆音を鳴らし続けて混乱を引き起こしただけのような気もするが。しかし、放置自転車や住宅について、けっこうバカにできないことを言っている。なにか素晴らしいものを感じる。詳しくはネット検索して見てください。

帰りは、戸山公園で飲み会でした。ここが山手線内かと思うくらい静かだった。緑もあった。群馬の郊外に迷い込んだような。
ふと、軍事施設→公園→早稲田の集い場→今ここにいるプレカリアートやサヨ系集団
を連想した。東京はいろいろな人間の歴史を常に背負う場で、それは宿命なのかとか。

私は始終不調でした。今回は予定の2割くらいしか話せませんでした。それでも収穫は大きいものがありました。
ジャンル:
モブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未知 | トップ | 求心力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『階級社会』 (右近の日々是好日。)
 こんにちは。今回は、マルクス主義社会学のH先生による『階級社会 現代社会の格差を問う』(講談社選書メチエ、2006年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  H先生は、まず、「階級」とは、所有する経済的な社会的資源によって人々が区分化され、序列化...