Mr.Dashのぶろぐ館

奈良・大阪・日本アルプスの山々が大好きな、Mr.Dashのブログです。

2016年10月13日(木) 吉野山の裏コースを歩く、秋の宮滝セラピーロード

2016年10月14日 | 山登りの記録
■メイン写真
高城山の、サクラの紅葉


■今回のコース
宮滝バス停→柴橋→うたたね橋跡→桜木神社→高滝→御園分岐→上千本→吉野水分神社→
高城山→吉野水分神社→上千本→日拝地蔵→稚児松地蔵→如意輪寺(後醍醐天皇陵)→
中千本→勝手神社前→吉野山駅


ようやく歩きやすい気温になり、山ではこれから急速に紅葉・紅葉が進むのだろう。

吉野山のハイキングルートといえば、西河から蜻蛉の滝を経て青根ヶ峰から
吉野山を下ることが多い。

裏返せば、このコースから外れる場所には、なかなか足を向けないことが多い。
しかし、それらのランドマークをうまくつないで歩いてみると、意外にも見どころ
たっぷりで、かつ静かな吉野が楽しめるのだ。
私は勝手に、このルートを「吉野山の裏コース」と呼んでいる。



大和上市駅からコミュニティバスで宮滝バス停へ。
柴橋を渡り、宮滝の美しい渓流を堪能。



喜佐谷の、のどかな農村を歩いていたら、シカが悠然と!



桜木神社に寄る。樹齢約7~800年の杉の大木に圧倒される。



狂い咲きのサクラも見つけた。おかしな気候続きで、植物もたいへんだ。



高滝に寄ってみる。喜佐谷川右俣(象の小川)には、意外にも大きな滝がある。



そらに上流には、無名の2段滝がある。



杉の植林帯の中にぽつんと、アケボノソウが咲いていた。



吉野町が定めた、森林セラピーロードの休憩点。ハンモックがいっぱい!



切株に、かわいいリスさん。



宮滝御園分岐を過ぎたところで、登山地図にない裏道に入ったら、
シカの骨が散らばっているのを見つけた。



上千本に最短距離で出て、吉野水分神社へ。



そして本日のゴール、高城山展望台に到着。
朝から雲が厚かったが、ちょうど青空が出てきた。運がいい!
展望台からは、金剛山地が一望できる。



東には高見山の鋭峰が顔を覗かせる。



カエデも色づいてきている。

上千本に戻る。金峰山寺を見下ろす。



日拝地蔵の脇を通る。



石段の坂をひたすら下り、稚児松地蔵の四つ辻に出る。

滑りやすい岩に気をつけながら、如意輪寺まで下りてきた。



如意輪寺は、京都を追われた後醍醐天皇が、都に戻れるの日をひたすら
望み続けた終焉の地。境内の奥の階段を上がると、御廟がある。
歴代天皇の墓の中で唯一、北向き(京都の方角)なのだ。

中千本から、おなじみの観光街に出る。



いろんな文豪が宿泊した旅館・サクラ花壇の前を通る。



いろんな店をのぞいて歩くのも楽しい。



女性陣はみたらし団子に舌鼓、左党は酒屋で地酒を物色。
最後は楽しい観光モードに切り替わり、吉野駅へと下りた。
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月11日(火) 秀吉V... | トップ | 2016年10月15日(土) 平井大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。