ある外資系SE⇒コンサルの戯言

『ある東大院生の呟き』跡地。入社6年目のコンサルタント(仮)

NTTドコモ 一次面接

2008年04月08日 23時55分26秒 | 就活

NTTドコモの一次面接を受けてきました。

場所は四ツ谷。

朝一でかなりテンション低めだったことに加え、暴風雨の影響で電車は遅れるわ、傘は折れるわ、スーツびしょ濡れになるわで、さんざんな状態で会場に到着。

運悪過ぎだろ…(^^;)

 

<形式>

2:1の個人面接。

面接官は人事若手と希望している職種の社員(私の場合はプロダクトデザイン)。(←たぶん)

時間は20分くらい(?)。みん就情報だと30分くらいって書いてあったはずなんですが(^^;)

 

<質問内容>

【志望理由&将来像編】

★ドコモを志望する理由は何ですか?→エントリーシートに書いた”入社してやりたいこと”を踏まえて言った

★その”やりたいこと”をもっと具体的に言ってください。

★それが今できていない原因は何だと思いますか?→金銭的コスト&時間的コスト&物理的要因

★その原因に関して、将来はどのようにしたら対応できると思いますか?

★商品企画をやりたいということですが、新しいケータイの機能に関してアイデアは持っていますか?

★その機能の実現可能性は?

★その機能は人気が出ると思いますか?→高齢者ウケは良くないかもしれないが、子供や若年層には人気が出ると思う

★将来はどのような働き方・役割をしていきたいですか?そのために必要なことは?

【自己PR編】

★周りの人からどんな人だと言われますか?その具体例は?

★それに対して、自分はどんな性格だと思いますか?その根拠は?

★自分の短所は何ですか?その短所が原因で苦労したことはありますか?

【研究編】

★研究内容をわかりやすく説明してください。

★その研究テーマを選んだキッカケは何ですか?

★研究のオリジナリティはどこですか?それは自分で考えたアイデアですか?

【最後に】

★これまで出てきた話でもよいので、自己PRを30秒で行ってください。

 

<感想>

部屋に入った瞬間から何とも言えない”負”の空気が…(^^;)

そして、二人の面接官の表情は終始真顔でした…笑顔は一切なし。

後ろで誰かが操作しているのでは…?と思ってしまうくらい。

去年ここの面接受けた二人の先輩から「思い出したくない面接」と聞いていたんですが、私も面接中ずっとそんなことを考えていました。

相手の反応がわからない面接がこんなに大変だとは。。。

たぶん日本テレビの面接以来の辛い面接でした。

まぁ特に何も考えずノープランで面接に臨んだ私も悪いんですが…

 

<結果>

19:30頃、ドコモからメールが来ていて、マイページで合否結果を発表したとのこと。

どうせお祈りと思って開いたら、二次面接の案内が…

研究室で見ていて、周りに先輩がいたのに、思わず「えっ!」と声を出してしまいました。

一体私のどこを見ていたんだ…?

たぶん顔とか無表情だったし、アイデアも実現可能性低かったと思うし。

そんな感じで納得いかないけど、とりあえずせっかくのチャンスなので二次面接頑張ってきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
«  | トップ | 今日の就活日記 4/8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL