Mr.ダーリンのブログ

湘南の釣りとグルメの徒然日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年釣り納め

2015-12-27 14:28:34 | 日記
 2015年は良く釣れた年であったと記憶したい。例年に比べ釣り日数は半分以下なのに、ソウダ、イナダ、黒鯛と数多く釣れた。また、大型のウスバハギやワラサなど珍しい魚も釣り場を賑わしてくれた。先週で今年は釣り納めとしようと思っていたのだが、友人から昨日(12月26日)、大型のイナダを知人達が釣り上げたとの連絡を受け、心がざわめき、急に釣りに行くことにした。しかし、釣り予報では波高が2m→1.5mで大潮。普通ならば、これでは釣り場に入ることができない値である。しかし、波周期は5秒で微風、波は収まる方向。干潮が12時なので、もしかしたら10時くらいになれば釣りが可能になるかもと思い、健康のために運動するつもりで江ノ島裏磯まで海を見に行くことにした。
 今日は釣りはできないだろうと考えながら歩いていると、釣り場に向かう山越えの道で釣り場から引き上げてくる釣り人とすれ違った。釣り場の状況を聞いてみると案の定、磯は波を被っていて、釣りはできないとの事。覚悟し予想はしていたが意気消沈。7時少し前に釣り場に到着する。



これはダメだ。しばらく、海を眺めてから帰ろうと思い、波が来ない岩場に荷物を置き、海の様子を見る。さすがに大潮、満潮時間のため、波が次から次に磯に押し上がっていた。しかし、波間隔は短く、急な大波は来ない。これは、もしかしたら、期待したとおり10時くらいになれば入れるかもしれないと思い始める。



 そして、2時間半が過ぎた9時30分、波かぶりが少ないボラ場で第一投目を投げいれる。棚は深場の12m、ハリス長は3ヒロで始める。釣り場には誰もいないため、タモ入れはできないため、安全のため4号ハリスとした。波は収まってきたが、まだ波間にウキが消えることがあり、ヒットと見間違えることが多かった。釣り場を大平に移し、実績のあるイナダポイントに集中して仕掛けを投げいれる。底荒れしているかと思いきや、一投毎に餌は取られていく。これは良い状況と気合を入れて小まめに餌を付け直していくと突如、嬉しい幸運が私に訪れた。10時30を過ぎた頃、近場に漂うウキが消えた。また、波間にウキが消えたのだろう、程なくウキが見えるはずだと思っていると、ウキは一向に現れず、アタリが直接手元に伝わってきた。グイグイと引き込む、頭を振る引き込み、これは良型のイナダだ。磯際まで寄せたところで急に焦る。タモ入れができないことを思い出し、できるだけ引き上げやすい場所に魚を導く。そして、一気に引き上げた。






 釣れたのは予想どおり、良型のイナダであった。本日はコンディション最悪のため、クリぼっちならぬクレ(暮)ぼっちであったが満足の釣行であった。竿を出すことも諦めていたのに、なんと幸運なことか、今年も良い釣り納めをすることができた。昨年の12月27日の水温を調べてみると約15度であった。それが本日の水温は19から20度、年明けまでこの状態が続くことを願いながら新年を迎えたい。


 
 11時頃には観光客も磯に上がれる程に。



今夜はブリ?しゃぶ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーズン最終章

2015-12-20 19:06:26 | 日記

2015年12月19日11時30分の江ノ島裏磯
 
12月15日20時、会社帰りの電車の中で釣り友達からイナダがまだ釣れているとのメール連絡があった。次の土曜日は久しぶりに予定が無い土曜日、天候次第であるがホームグランドの江ノ島に釣行することにした。朝5時半に起床し、まだ暗い中、江ノ島に向かう。12月にしてはそれほど、寒さは厳しく無く、夜空には星々が輝いていた。6時20分、釣り場に到着する。既に、常連の釣り人達が竿を振るっていた。顔なじみの方々から皆、異口同音に「久しぶり!」と言われた。前回、釣行したのは11月10日、この時期、1ヶ月以上釣行に来なかったことは、これまであまり無い。置き場で隣あわした顔なじみの方から状況を聞くと、今日はまだ、何も釣れてい無いとの事。その方は水曜日にも来たそうで、その際はイナダを3本も釣り上げたという。なるほど、まだ好調な状態が続いているようだ。さらに別の方に聞くと、今年はワラサも何本も上がっていて、3号ハリスでは頻繁に切られてしまうらしい。そこで、3ヒロのハリス4号、チヌ針4号の大物仕掛けで棚を約10mで開始する。



6時30分、第1投目、ウキが着水し、起き上がって10秒ほどした後に、「のっそりと」海中に消えていった。合わせを入れた途端、ゴンゴン、ゴンゴンと下に下にと引き込まれていく。わかりやすい黒鯛のあたりである。釣り仲間のMさんにタモ入れをして頂き、はたして上がったのは40cm弱の黒鯛であった。



幸先の良い一投目で、さぞかし、今日は大漁かと思いきや、その後、私だけで無く、誰のウキも沈むことが無かった。偶に、ソウダカツオがポツリと釣れるくらい。昨日も来たという顔なじみの方に聞くと、昨日はほぼ全員、丸ボーズでイナダも黒鯛も上がら無かったようだ。遂に、イナダや黒鯛の群れは江ノ島から離れていったのかもしれない。1投目の黒鯛はまぐれ当たりであった。結局、私はソウダを1匹、追加しただけで、本命の大型イナダは釣れず、11時すぎに収竿とした。
 今年は総じて良い釣果が得られた年であった。シーズン最終章のこの時期、あと1回、是非とも釣行し釣り納めとしたいと思う。海の幸に感謝。




今夜は黒鯛のしゃぶしゃぶ

<10月31日の釣果>


<11月10日の釣果> ウスバハギなど頂き物多し




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの裏磯釣行(2015年10月10日釣果)

2015-10-10 23:42:21 | 日記

 10月にして今年初めてのブログ更新。知人の多くから「釣り止めたの?」、「仕事忙しいの?」、「元気だった?」など、ご心配のお言葉を頂いた。決して、釣りに興味が無くなった訳でもなく、週末休んでいなかった訳でもなく、ましてや入院していた訳でもなかった。少し、もう一つの趣味のゴルフの回数が増えたのと、天候不順で釣果を上げるタイミングが合わなかったことが理由である。久しぶりに満足いく釣果を上げることができたのでブログ更新に。



朝6時に江ノ島裏磯の大平に到着。この時間帯はまだ、カゴ釣り師は釣りを開始していない。大平、ボラ場ともにルアーマンか投げサビキの釣り人が磯場を占めている。私が到着する以前はイナダは上がっていなかったようだが、丁度、到着した時に二人のルアーマンが続けてイナダをヒットさせた。今日に至るまで今シーズン、かなりの数のイナダがこの裏磯で上がっている。今年は本当にイナダが好調である。磯の片隅でエギングでアオリイカを狙っていた知り合いのM氏がエギングを諦め、カゴ釣りを開始した。すると、一投目からイナダをヒットさせた。それを見て、私も急ぎ、カゴ釣りの準備を完了し10Mの棚で6時20分釣行を開始する。ハリス2.5号、針はチヌ2号。やや近めに投げ入れたウキが着水後、間も無く水中に消えた。一投めから幸先が良くヒットしたのは40cm強のイナダ。その後、2投目、3投目と3連続でイナダがヒットする。これでは直ぐにクーラーが満杯になるなと心配になるが、そんなには上手く事は進まなかった。朝の地合が終わると、その後は偶に誰かの竿にヒットする程度。結局、11時の終了までにイナダは6匹釣れた。一方、この時期、もう一つのターゲットのヒラソウダは今シーズン、不調である。この日も釣れたのは30cm程の小型のヒラソウダばかりであった。幸運にも私は38cmの先ずまずのサイズを2匹あげることができたが、このサイズは全体でも殆ど釣れなかった。途中、釣れない時間帯もあったが4時間半程の釣行で程々に飽きない程度で魚を上げることができ大変満足いく釣行であった。加えて最後の一投で45cmの良型のクロダイがヒット、やはり釣りは本当に面白い。


イナダは知り合いに2匹プレゼント。三連休の食材としては十分。




<追記>
後日、藤沢の小田急百貨店にて同じ江の島産の同じ型のイナダが販売されていた。意外と高いことに驚いた。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

青物復活

2014-11-30 22:48:33 | 日記


平ソウダが旨い季節となった。平ソウダがシラスを荒食いし、メタボ状態になった通称ブラ平。魚の皮下は油でべったりとし食欲をそそるグラデーション色になる。一般に市場にはでない魚であり、これを食する事ができるのは正に釣り人の特権である。年々釣れなくなってきた江ノ島の青物が今年は好調である。11月24日、30日と釣行したのだが24日は平ソウダが好調に釣れ、30日はイナダがダブルで釣れた。12月までこの調子が続けば、魚がいっそう成長し、美味しい贈り物となる。


11月24日の釣果、最も大きい平ソウダは40cmを超えて来た。


11月30日の釣果、イナダは45cm、43cm。油が乗って来た。


11月30日に私が釣ったイナダ、その後、下の写真のワラサが他の釣り人にヒット。イナダとワラサではパワーが全く違う。


私が釣ったものではありません。思わず写真を撮らせてもらいました。次回は釣りたい!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

TYPHOON

2014-11-08 22:42:26 | 日記
風の音で目覚めた夜明けは薄明かり
あなたの肩にかけるシーツ
そっと腕をのばしてラジオをつけましょうか
もうそこまで来たタイフーン...........
(松任谷由実 TYPHOONから)

今年は本当に直撃台風が多く、さらに週末にかけてやって来た。釣り人にとって最も佳境のこの時期、一日でも多く釣りたいのに本当に困った台風だ。
その台風の合間をぬって、釣場と獲物を変えて釣りと料理を楽しんだ。

10月19日 江ノ島大平






10月26日 腰越漁港






11月8日 江ノ島ボラ場




コメント
この記事をはてなブックマークに追加