ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

影武者のお通し(春雨の中華風サラダ)

2016-06-21 00:42:07 | 和食「影武者」
毎日の影武者@夜の部のお通し、ついついマンネリになってしまいがちで
何か新しいのないかな・・と考えて、思いついたのがこれ。



中華風春雨サラダ。

バリで簡単に手に入る春雨といえば、これしかなくて



袋から出してみると、、、



長〜〜〜〜い乾燥春雨がグルグルと巻いてあるのがぎっしりと塊になっていて
力を入れて「うんにゃああ〜〜〜〜」とほぐそうとしても、うまくほぐれません。



こんなに長いままじゃね・・・と思ってハサミで切ろうとしても



硬くて切れない・・\(´×`)/・・・

激しく取っ組み合った結果、、、もうワヤ。(←名古屋弁)



仕方なく、このまま茹でました。
・・・といっても袋には「何分茹でる」とかの説明は一切なしで困りましたが
試し試し食べてみて、2〜3分茹でればいいことがわかりました。

ザルに上げて水で冷やし、よーく水を切って、まな板に乗せてからほどよい長さに切ります。
具は錦糸卵とキュウリ、さっと茹でたニンジンとキクラゲ(細く千切りにね)、
調味料は酢・砂糖・醤油・ゴマ油がすべて同量。
仕上げに炒りごまを振って出来上がり。



後は冷蔵庫でよ〜く冷やしてね。
春雨つるるん、キュウリがシャキシャキ、キクラゲコリコリ、歯ごたえも美味しいよ。
茹でたエビやイカを加えてもいいかも。



今日のバリは晴れ時々曇りでした。









この記事をはてなブックマークに追加

モリンガのお菜@和食編

2016-06-17 23:57:54 | バリごはん&食材・スパイス・ハーブ
モリンガ(インドネシア語でKelor)の葉っぱを
お義母ちゃんがご近所さんから山のようにもらってきました。
ざざざざーっと葉っぱだけ枝から扱き取った後の枝。
こんなにたくさんもらっちゃって、、、。





今日のおうちごはんは、こんなお菜になりました。モリンガは小豆・ササゲとともにスープ煮に。



ほっこりする素朴なお味でした。

そしてまだ山のように残っていた葉っぱを影武者に持ってきて
和風にお料理してみましたよ。

まず、塩少々を入れて沸騰させたお湯で、10秒くらい茹でます。
生のままだとほんのり苦みがあるのですが、さっと茹でるだけでクセはなくなります。



しっかりお湯を切って、ウチワで冷まして・・・



おひたし。



お味噌汁の実に。



今日は朝からモリンガ三昧でした。



この記事をはてなブックマークに追加

雨・・・

2016-06-16 23:01:47 | 和食「影武者」
今日は夕方の出勤時に豪雨で道が大洪水、
営業時間中もパラパラ降っていて
お店はいつになくヒマでした。



ここ5日くらいずっと曇りのち時々雨、という感じで
マイマイもたくさん庭に出没しています。



この雲がどこかに行ったら、本格的な乾季に入るのでしょうか?



この記事をはてなブックマークに追加

お初のバリ料理のお味は・・・?

2016-06-11 01:11:18 | ダプール・バリ料理教室
今日は久々のお料理教室でした。
ご参加下さったのはHさんとお母さま。
初回の基本コースを作りました。



ジュウロクササゲのスパイシー・ココナツミルク・ソース和えを混ぜ混ぜ。



いただきまーす!



Hさんは初めてのバリで、前日に着いたばかり。しかもクタからはるばるお越し下さいました。
このお料理教室で初めてバリ料理を召し上がったのだそうです。
辛さだけは控えめに、でもちゃんとスパイスは基本通り。
さてさて、ご感想はいかがだったでしょうか?

結果は・・・
Hさんもお母さまも、「美味しい!」と召し上がってくださいましたよ。

よかった!!
お初のバリ料理、私としては責任重大ですからね。
Hさんはバリ旅行で「現地の文化に触れてみたい」というご希望があって、
ネットでダプール・バリの教室を見つけて下さったのだそうです。
なので、バリの食文化のこともいろいろお話しながらのお料理でした。
Hさん、お母さま、ご期待に添えられたでしょうか?
ご参加下さってどうもありがとうございました!

「食」を通してその国の文化に触れてみる、というのもとても面白いですよね。
実は、お料理教室を開催している時、
たまたま影武者にランチにおみえになったインドネシア人の奥さまに
「さっきは何のお料理をしていたの?
 え?バリ料理教室?和食のお料理教室はないの?
 ぜひやってほしいわ、和食、習いたい!」
・・・と言われたことが何度もあります。
今日もジャカルタからみえたお客さまから熱い要望がありました。

やったら楽しいだろうな〜、と思いつつ、、、、

いやいや、そんな余裕ないですよね、ハハハ。









この記事をはてなブックマークに追加

モリンガのお菜

2016-06-09 01:35:02 | バリごはん&食材・スパイス・ハーブ
今日のバリごはん。



バリ風卵焼き、テンペのカリカリ甘辛、ピンダン、そしてモリンガとジュウロクササゲとジャガイモのスープ煮。

「モリンガ」は、こんな植物です。



上の画像はWikipediaより。

モリンガは、和名で「ワサビノキ」、学名は「Moringa oleifera Lam」、インドネシア語は「Kelor」。
英語でも通称「Moringa」というそうです。
この小さい丸い形の葉っぱです。



ネットで調べたら・・・

『高さ5~10mの小高木。インド北部の原産。現在ではアフリカ、東南アジア、熱帯アメリカなどで栽培される。
成長が速く、数年で高さ10mを超える。花は白からクリーム色で芳香があり、8~30cmの円錐花序に多数の花をつける。
果実は長さ30~60cmの細長いさや状。熟すと裂開し、翼(よく)のある多数の種子を放出する。
種子はベン・ナッツと呼ばれ、ベン油(Ben Oil)を採取する。ベン油はサラダ油などの食用となるほか、
油絵の具の溶剤、石鹸などに利用される。また、葉と果実は、野菜として食用にされる。
根はセイヨウワサビの代用品となり、英名の Horse Radish Tree や和名の「ワサビノキ」はこれに由来する。
インドネシアでは葉を Kelor と称し、通経、壊血病、腹痛などに用いる。鑑賞樹としての利用もある。』
(引用 http://www.plantstamps.net/stamps/moringaceae.htm)

他にも、
『別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」とも呼ばれており、
人や動物にとって大切なさまざまな栄養素が豊富に含まれています。
とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが魅力で、
近年、アンチエイジング効果が注目されている、ポリフェノールは、なんと赤ワインの8倍…!
他にも、アミノ酸は米酢の97倍!鉄分はプルーンの82倍!ビタミンEは卵の96倍!カルシウムは牛乳の16倍!
食物繊維はレタスの28倍!葉酸はホウレン草の4.6倍などなど…すごいデータがあります。
これだけ優秀な栄養成分を豊富に含んでいる植物は本当に珍しく、その高い栄養価と効能から
海外では「緑のミルク」「生命の木」と呼ばれています。』
(引用 http://www.moringa-power.net/)

お隣の町内にあるお義母ちゃんの実家にこの木があって、
時々、葉っぱだけ採ってもらってくるんです。
クセもなく、とても柔らかいので料理しやすいお野菜です。
お味噌汁の具にもいいんじゃないかな?
お義母ちゃんに言わせると、
「小さい頃からよく食べてたわよ〜」。

虫がつきにくく、発芽率も高くて成長も早いんですって。
家でも植えてみようかな。


この記事をはてなブックマークに追加

バリ島ウブドの情報はここ!

【APA? インフォメーション・センター】 お宿・アクティビティやスパのご予約、トランスポートなど、日本語で安心&快適滞在をお手伝いします。