古文書に親しむ

古文書の初歩の学習

第五十九章 漂流外国物語 其の三百三十四

2017年04月21日 08時19分08秒 | 古文書の初歩

 


 


 

 

 

 

 

「漂流外国物語」第九十五ページ、上の七行目

解読 一、私乗候船ハ凡弐千石積位ニ相見へ申候、船頭水主共

読み 一つ、私乗り候船は、凡そ二千石積みくらいに相見え申し候、船頭水主共

説明 この行は割と易しいと思います。 「私乗候」・・・私乗り候。私が乗った。 

「凡弐千石」・・・およそ二千石。 「相見へ申候」・・・相見え申し候。 「船頭」・・・「頭」が難解です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第五十九章 漂流外国物語 ... | トップ | 第五十九章 漂流外国物語 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。