古文書に親しむ

古文書の初歩の学習

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第五十九章 漂流外国物語 其の三百五十五

2017年05月12日 08時21分03秒 | 古文書の初歩

 


 

 

「漂流外国物語」第百一ページ、上の一~二行目

解読 私難有と拝謝仕候、夫より私所持之品等一々御改

    被成夫より私并通詞人共御役人衆ニ付添ひ

読み 私有り難しと拝謝仕り候、夫れより私所持の品等一々お改め

    成され、夫れより私並びに通詞人とも御役人衆に付き添い

説明 はじめはとても読めませんが、「私難有と」で、「私、有り難しと」。 「拝謝」・・・「御礼を言う」の謙譲語。「拝」が難解。  「所持之品」・・・「持」と「品」が難しい。 次の「等」も読むのは困難です。 「私并通詞人」・・・「通詞」も難解。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第五十九章 漂流外国物語 ... | トップ | 第五十九章 漂流外国物語 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古文書の初歩」カテゴリの最新記事