古文書に親しむ

古文書の初歩の学習

第五十九章 漂流外国物語 其の百六十四

2016年10月31日 08時31分42秒 | 古文書の初歩

 

 

 

 

 

 

「漂流外国物語」第四十七ページ、上の五~六行目

解読 内我々弐人三四日以前ニ此在所江揚ら連、残四人ハいまだ

    舟ニ残り居候。夫々ニ預ケら連有之候事ニ而其方等茂此の在

読み 内我々二人、三四日以前に此の在所へ揚げられ、残り四人はいまだ

    舟に残り居り候。夫れぞれに預けられこれ有り候事にて、其の方等も此の在

説明  又「我々」が出て来ましたが、一行目の「家」の崩し方とほとんど区別がつきません。 「此在所」・・・「在」が読みにくい。 「揚ら連」・・・上げられ。陸へ上げられ。上陸させられ。 「いま多」・・・ここも読むのは困難です。「いまだ」。「多」の崩し方は形で覚える。 「有之候事ニ而」・・・これ有り候事にて。「事」は「古」の下に「又」と書く異体字です。 「其方等茂」・・・この辺も小さくて読むのは困難です。「等」の字も形で覚える。 最後は「此在(所)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第五十九章 漂流外国物語 ... | トップ | 第五十九章 漂流外国物語 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。