古文書に親しむ

古文書の初歩の学習

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第五十九章 漂流外国物語 其の三七〇

2017年09月30日 10時34分48秒 | 古文書の初歩

 

「漂流外国物語」第百三ページ、上の一~二行目

解読 せず勧ら連茂せづ拝もせづ候事に候得共、追而

    相顕連候ハハ゛、いか様之御咎被仰付候共、何等申分

読み せず、勧められもせず、拝みもせず候事に候えども、追って

    相顕れ候らわば、如何様のお咎め仰せ付けられ候とも、何等申し分

説明 「せず」・・・聞きもせず。「須」は変体仮名の「須」です。 「勧めら連茂」・・・勧められも。 「せづ」・・・文字は薄くはっきり読めません。 最初の「せず」とこちらの「せづ」は仮名の文字が違いますが、意味は「しないで」。 「拝もせ川゛」・・・拝みもせず。「川」は変体仮名の「つ」です。 「候事ニ」・・・「事」は「古」の下に「又」と書く異体字です。 最後は「追而」・・・追って。 「相顯連候ハゝ」・・・相顕れ候はば。あとで分かったら。 「い可様之」・・・如何ようの。どの様な。 「御咎」・・・お咎め。 「被仰付候共」・・・仰せ付けられ候とも。「候」は付の右下斜めの短い線です。 「何等」・・・何も。 「申分」・・・「分」が解りにくい。「旨」と書いているのかも知れません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第五十九章 漂流外国物語 ... | トップ | 第五十九章 漂流外国物語 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古文書の初歩」カテゴリの最新記事