だんぱ ABCDを語る

ネットワーク対戦型カードゲーム「ABCD」の戦術論・大会レポート等をもっふもっふと語ります。現在、多忙につき遠ざかり気味

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大会攻略(!?) 第1回単色ビートダウン大会(炎編)

2013-01-29 01:21:18 | 【ABCD】大会を語る

ひでさんによる大会が告知されました!!
こちらです「第1回単色ビートダウン大会(炎編)」

今週末からのスタートです。
気軽に登録できるぽく、対戦数が少なくても上位に入るチャンスがあるようなので、
私も極力時間調整するように頑張ります。目標は0回戦突破ということでここはひとつ。


----------------------------

さて、早速ながら環境をぶった切ってみたいと思います。
アーキタイプ自体がそんなに多くないので、デッキチューニング力勝負になりそうかなとも思いますが、
今回は、環境を彩るキーカードをいくつか挙げてみようかと。
(最近、花壇の鎚入り炎スライに凝ってたので、その意味では非常に残念なのですがががが)


■1枚目

○[火炎放射]
BattleSpell
1(炎炎炎) / 0f
----------------
対戦相手のメイン戦闘クリーチャーが水属性であった場合はそのクリーチャーに1点のダメージを与える。その他の場合は3点のダメージを与える。


限定構築を始めるときに、最初に確認することがいくつかありますが、
私はABCDにおいては、まずバトルスペルをチェックします。
クリーチャー戦主体のゲームにつき、バトルスペルのバリエーション分の戦術があると言っても過言じゃないので。

で、やっぱり火炎放射と焼却に行きつきます。

炎スライ同系を突きつめた方ならよくわかる話かと思うんですが、
同系戦は、火炎放射を多く引いた方が勝つといっても過言じゃないんです。
今大会では1MPの確定3点火力なので、威力・テンポ面とも優秀の一言。

よって、環境の基本除去は、間違いなくこれです。
このカードからメタゲームがスタートします。


■2枚目

○[重装備]
Sorcery
5(-) / 800f
----------------
対象のクリーチャーは後手 , (+3 / +3)の修正を得る。
■ファストキャスト[7MP / 0f]
効果発動


大会最速デッキであることは間違いない炎スライですが、そのスピードはというと、
5ターン目でぎりぎり仕留め切れないくらいで、6ターン目で勝つことが多いのかなと思います。
残り数点を火力やらBSやらで削り切ることが基本戦術なのですが、
今大会では、特殊ルールとして、最後の一撃がクリーチャーの戦闘ダメージであることが求められています。

この環境、炎スライに限らずどのデッキにも言えることですが、
最後の一撃を通したい局面で、BS除去で撃退されてしまいやすいのです。

じゃあ、どうするか。

いくつかの手法が考えられますが、最もポピュラーになるであろうカードが
重装備だろうと私は考えています。
最後の一撃に限らず、BS以外の相手の除去に対してもカウンターになり得ますから。
しかも、このカード自体がサーチできるんです。実に便利極まりない。


■3枚目

◎[直下型流星群]
Sorcery
7(炎炎炎) / 900f
----------------
全てのクリスタル、クリーチャー、ランドスペルを完全破壊する。
■ファストキャスト(100f)[10(炎炎炎炎) / 0f]
詠唱開始(100f)


炎スライは、それだけをメタろうとしたら非常に簡単です。
序盤を除去でいなして、轟音巨人やら煮え立つプラナリアやらを叩きつければいいんです。
さらにメタが進んで、中速以下のデッキが主流になると、
アドバンテージ獲得手段が高MPカードに集中している以上、
いかにデッキ内のカードパワーを高くできるかの勝負になります。

そこに待ったをかけるのが、ターボメテオというアーキタイプです。
アンチスライと言えるデッキの主力クリーチャーが重い以上、
それらに対し、まとめて有利が取れるのが魅力です。

主戦力であるファイサラーバードも煮え立つプラナリアも、
焼却1枚で落ちるので、その点の工夫は避けて通れないと思いますが、
いずれにしても、警戒が必要な1枚であることは間違いありません。


以上、簡単ではありますが、デッキビルディングの参考になりましたら幸いです。

だんぱ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清澄アクアプレス | トップ | 単色ビートダウン大会出場デ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひで)
2013-01-29 08:57:19
早速の考察記事ありがとうございます。

花壇の槌入れてもいいんですよ、
「とどめ」にならなければいいんですから。
そういう意味ではバーンを取り入れるデッキもあるのかなあ、
とか思っています。

火炎放射が強いっていうのは、思っていました。
炎単だとこれが無駄になる構成はほとんどできないでしょうからねえ。

カウンターがないからメテオも決まれば強いですねー。

気軽に参加できる大会を目指しているので、
お時間があればよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。