咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

冷やしレモンらーめん@麺屋 夕介

2017-07-31 18:00:00 | ラーメン
昨日は午後3時から安原スポーツ広場ツエーゲン金沢カターレ富山のトレーニングマッチがあったのでちょっと見学に行ってきました。
家から向かう途中、時間があったのでこちらへ寄り道しちゃいました。



新保本にある「夕介」さんです。
いろいろ限定を出すので目が離せないお店です。

13時42分に到着。
扉を開けると黒板に出てました、限定の『冷やしレモンらーめん』(800円)が!
先日はあったかい『レモンらーめん』をいただきましたがやはりこれも食べて食べ比べなきゃね。



先客は10名ほど、後客は5名と日曜日なのでこの時間でもなかなかの入り。
お店は店主様と奥様、研修中の名札をつけたお姉さんの3人で回しておりました。

注文を済ませカウンター席から厨房を眺めながら待ちます。
レモンのスライスと自家製塩レモンが用意されてますね。
楽しみ楽しみ。



7分ほどで出てきました。
丼を覆うレモンに驚き半分楽しみ半分です。

ではいただきましょう。
スープは鶏ベースの塩清湯です。
飲んだ瞬間レモンの酸味がくる~っ!
かといって酸っぱいだけでなくてスープ全体の旨みがいいバランスをとっていて一気に清涼感で包まれます。



麺は前回と同じ専用の細麺です。
しなやかなコシがあって冷たいスープにぴったり。



トッピングされた具材はレモンスライスが6枚のほか挽肉、青ねぎ、刻み玉ねぎです。
ブラックペッパーやバジルなどスパイスが数種類かけてありますね。
レモンは口に入れると当然酸っぱい。
でもこれがまたいいんです。
挽肉もちょいとピリ辛な味付けがされていていいですね。





そして丼の縁には塩レモンが添えてあります。
これをスープに溶かしながら食べるのがいいのでしょうけど私は少しずつ箸で取って舐めながら楽しみました。
これはたまんないね。



ずるずると麺を啜りレモンをちゅーちゅー。
最後は一気にスープを飲み干してごちそうさま。
ああ酸っぱうまかった。
ほどよい酸味がさっぱりとしていて非常に満足いくものでありました。
あったかいのもよかったですが個人的には冷やしのほうが好みですね。
また来年も食べれたらいいな♪


お店の詳細:
住所 金沢市新保本1-313
電話番号 076-214-6940
営業時間 11:00~14:30、18:00~22:00(L.O.21:45)
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひやし@自家製麺 のぼる

2017-07-30 20:30:00 | ラーメン
夏バテぎみの体を鞭打ってがんばった7連勤が終わってようやくお休み。
のんびり朝寝できるかなと思ったのですが咲ちんが部活に行くのでお弁当作り&学校まで車で送るということに。
6時前に起きてがんばりましたよ(-_-;)

さて気を取り直して休日恒例の買い出しへ。
じゃその合間にお昼を食べようとこちらへ行ってきました。



ビブグルマンな「のぼる」さんです。
超人気店なうえ昼しか営業していないのでなかなか関門が高いです。

開店10分前に着けば大丈夫かなと思ったら甘かった!
すでに10名以上の方がお店の前のベンチに座って待っているではないですか。
慌てて並んで開店を待つことに。

開店して順次お店の中へ。
どうなるかなと心配しましたが無事カウンター席に座ることができ中待ちは逃れることができました。
この後も続々とお客さんは来て中はおろか外待ちもずらっとできるほどの大入りでした。

今回は夏限定の『ひやし』(並850円)をオーダーです。
ストレートなネーミングに好感が持てますね。



店主さんはじめスタッフの皆さんは手慣れたもので落ち着いて注文をさばいていきます。
とはいえ大変でしょうね。



時間がかかるのは覚悟してましたが25分待ってお目見えです。
でも手間暇かけてつくっているのを見ることができたのでノープロブレムです。

箸とレンゲを取っていただきます。
スープは『シャモ&コーチン』の清湯スープに煮干しやウルメ、サバ、目近節といった魚介スープを合わせた冷やしスープです。
鶏と魚介の旨みが凝縮されていて非常にコクがありますなあ。
大野醤油を使ったタレが味に深みを出していますね。



麺はもちろん自家製麺です。
細麺でコシがありますね。
喉ごしもいいですよ。



具材はチャーシューとメンマ、岩海苔、ねぎ、フライドオニオンです。
チャーシューは豚と鶏が1枚ずつ、どちらもしっとりやわらかおいしいです。





全体的にさっぱりした味わいなのでするするっと食べられます。
フライドオイオンがスープによく合っていますね。

ガラスの器を持ってスープも飲み干しごちそうさま。
いやーたまらんね。
今年の冷やしメニューも素晴らしい出来でございました。
店主さんの人柄がよく出てる味わい、しかと堪能しましたぞ。


お店の詳細:
住所 金沢市玉鉾1-177
電話番号 076-200-9397
営業時間 11:00-15:00
定休日 火曜日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷しもずくらーめん@鮮魚麺 海里

2017-07-29 22:30:00 | ラーメン
昨日は仕事が終わったのが20時30分。
家族からは夕飯は外で食べてきていいよとのこと。
ならばと花金でにぎわう金沢駅前を通り抜けてこちらへと向かいました。



鮮魚麺 海里」さんです。
夏の限定冷やしメニューが出たとの情報を得たので来ましたよ。

入店したのは21時5分です。
先客は4名、後客1名。
お店は店長さんと若い男性スタッフのふたりでやってらっしゃいました。

注文はもちろん限定の『冷しもずくらーめん』(850円)です。
一日15食限定なので残ってるか心配でしたが問題なくオーダーできました。





しばし待ちます。
ピリ辛坦々肉玉にピリ辛肉ごはんですか、いろいろ考えてますね。



6分ほどで出されました。
このガラスの器、どこかで見たような…そうだ、昨年夏「麺屋 大河」さんで『冷しよだれ味噌』を食べたときと同じ器ですよ。

それはさておきいただきます。
スープは鯛出汁スープを冷やしたもの。
鯛の力強い味わいがよく出ています。
ややオイリーですがぐいぐい飲めます。



麺は中細です。
ツルシコ感もよく冷やしスープともしっかり絡みます。



トッピングされた具材はもずくのほかカジキ(サワラ)のたたき、白髪ねぎ、細切りきゅうり、角切りトマトに隠れて焼いた鯛のほぐし身です。
そしてゴマが散らしてあります。
もずくは能登産の岩もずくだそうで色が濃いですね。



店長さんからよくかき混ぜて食べてくださいとのことでもったいないけどぐちゃぐちゃに。
これをずずっと啜ります。
もずくのぬめりとスープが融合してなんともたまらない喉越し。
ぐいぐいといけます。



カジキのたたきもまたおいしい。
軽くヅケにしたものを炙ってあり手が込んでます。
これでごはんが食べたくなるよ。
ところで金沢ではカジキのことをサワラって言うのはなんでやろ?



ずるずるっと啜りスープも飲み干してごちそうさま。
夢中になって食べてたら途中で卓上のいしる出汁を入れて楽しむのを忘れておりました(>o<)
でもそれだけおいしいってことですよ。
これは飲んだ帰りに食べるのはもったいない、ぜひ素面で食べに来てくださいな。
もずくパワーで体も髪も元気になるといいなあw


お店の詳細:
住所 金沢市堀川町5-7
電話番号 076-255-0028
営業時間 11:30~15:00、18:00~23:00
定休日 日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しおざるらーめん中+煮玉子@らーめん 樹 ITUKI

2017-07-27 20:30:00 | ラーメン
ここ最近また腰が痛みだして辛いです。
暑さは室内にいるとエアコンが効いてていいのですがその分腰を冷やすことになってうまいこといきませんね。
さて今日はお昼を食べる時間が遅くなってしまったので昼営業が午後3時までやってるこちらへお邪魔しました。



長土塀の「樹」さんです。
密かにお気に入りのお店なのですがなかなか機会がなくて久しぶりの訪問です。

お店に入ったのは午後2時12分です。
この時間なので先客2名後客なしでした。
お店はご主人と奥様のほか女性スタッフふたりでやってらっしゃいました。

まずは食券を購入します。
今日は7月限定の『しおざるらーめん』を食べることに。
サイズは小・中・大とあるので1.5玉の中(750円)を選択しました。
もちろん金沢情報の煮玉子サービスになるクーポン券は忘れずにw



待つこと7分で出されましたよ。
ざるらーめんといえば醤油やゴマダレの印象が強いのですが塩って初めてかも?

まずは冷水で締めた麺をチェック。
全粒粉入りのストレート細麺です。
ややハードな食感になってます。



つけ汁は鶏ガラベースに鰹で出汁をとったスープに塩ダレを合わせたもの。
なんともさっぱりしつつもコクがあって後味爽快。



じゃあ麺をどぼっと投入して啜りましょうか。
うん、いくらでも胃袋に入っていく。
中にしといて正解でしたな(^_<)v



意玉子以外のデフォの具材は豚しゃぶ、白髪ねぎ、メンマ、刻み海苔がトッピングされてます。
豚しゃぶはゴマダレで味付けしてあってうみゃーい!
白髪ねぎもごま油の効いた塩ダレで和えてあっていいじゃないの。
ざるらーめんというとトッピングが寂しいケースが多いのですがいい意味で裏切ってくれました。





そしてこちらに来たらこれを食べなくては。
平日ランチタイム無料のライスにとろろ(100円)をかけてもらってとろろご飯に。
もちろんわさびは欠かせません。
スタミナがつく~っ(≧▽≦)



はい食った食った。
お腹いっぱい大満足です。
つけ汁といいトッピングといいざるらーめんのニューウェーブ堪能させてもらいました。
これが7月のみの限定なのが非常に残念です。
ですがご主人によると8月はまた違うものを出すのだそうでそちらも楽しみです。
また来ますね(^o^)/


お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 平日11:30~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:30~23:00
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華そば@中華そば処 万味

2017-07-25 23:00:00 | ラーメン
昨日は仕事のあと職場の暑気払いがありました。
お酒は控えめにしなさいとにゃまんからきつく言われてたのでビールは飲まずワインで我慢しときましたw
お開きになったので2次会に行こうと盛り上がる同僚をよそにひとり抜け出しこちらで〆ることにしました。



金沢駅前にある「万味(まんみ)」さんです。
昭和45年創業と老舗でございますが昨年秋にリニューアルしました。

20時46分に入店。
リニューアルしてから初訪問になります。
先客後客ともになく、3代目となる店主さんと終始ふたりっきりでしたw

座るなりに出てくるビール瓶に入ったお冷。
もう慣れましたが初めて来た人は間違いなくびっくりしますね。



ここは迷わず定番の『中華そば』(650円)を注文します。
4玉の『スーパー』、注文してる人見たことないんですが。



リニューアルしてちょっときれいになりましたね。
壁にはツエーゲンのポスターが貼ってありますよ。
ありがとうございますm(_ _)m



3分くらいで出てきました。
早速いただきましょう。

スープは鶏ガラや豚骨、野菜からとった清湯スープです。
カエシに大野醤油を使っているそうであっさりした味わいの中にもコクが感じられます。
野菜の旨みがよく出ていて好みの味です。



麺は中細ストレート麺。
やや軟らかめな茹で加減が飲んだ後でも安心して啜れますね。



具材はチャーシュー、メンマ、赤巻、ねぎです。
チャーシューはバラロールタイプの煮豚チャーシューでしっかりした味わい。
赤巻がのってると金沢らしくていいですよね。





飲み会でたらふく飲み食いしたのにぺろっと完食。
飲んだ〆に食べるのにもってこいのやさしい味わいでした。
長年続けられているのも納得の一杯ですね(^o^)v


お店の詳細:
住所 金沢市本町2-9-29
電話番号 076-265-7735
営業時間 18:00~翌2:00
定休日 日曜日・祝日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔ながらの冷やし中華+半熟玉子@ラーメン屋 豚蔵 せせらぎ通り店

2017-07-23 20:30:00 | ラーメン
昨日はお休みだったので午前中は久しぶりに県立図書館へ。
忙しくて読む時間ないんだけどなと思いつつ面白そうな本を何冊か借りました。
その帰り道、日陰を選んで歩いても暑くて汗が止まりません。
で思わず視界に入ったこちらでお昼を取ることにしました。



香林坊の「豚蔵」せせらぎ通り店さんです。
ABRI」さんの『キジハタ鮮魚らーめん』も気になったのですが、こう暑いとこれが食べたくなっちゃったので。



夏限定の『昔ながらの冷やし中華』(並750円)です。
街の中華料理店では夏の定番メニューですがラーメン専門店で出すのはかえって珍しいかも。
そういやここ数年冷やし中華食べてないな。

開店直後に入店。
先客はひとり、後客もひとり。
スタッフは店長さんらしき男性とアジア系外国人らしきお姉さんのふたりでした。

カウンター一番奥の席に座って迷わず冷やし中華をオーダー。
あと金沢情報のクーポンを持ってたので半熟玉子をトッピングしてもらいます。



待つこと7分で出てきました。
色鮮やかに具材が盛られて見ているだけで幸せな気分。

ではいただきます。
麺は細縮れ麺です。
冷水で締めた麺はいい弾力で醤油と酢をベースにしたたれに良く合います。





半熟玉子以外のトッピングされた具材はハム、錦糸卵、きゅうり、くらげ、わかめ、貝割れ、トマト、刻み海苔と冷やし中華ならではの具材がいっぱい。
これにごまがかかり、器の縁には練り辛子。
卓上には紅生姜があるのでお好みでのせるもよし。
なおマヨネーズはついてませんでしたが言えばつけてくれるかも。
ハムの縁が赤いのがなんか子供のころを思い出させます。





そして別皿でごまだれが出されました。
ペースト状のごまだれをお好みで麺につけて啜るとごまの香ばしさがまたいい感じですね。





さらっと完食。
正統派な冷やし中華ですね、懐かしいけど新しい味わいでございました。
横川の本店ではやってないのかな?
暑い日にもってこいですよ。


お店の詳細:
住所 金沢市長町1-1-61
電話番号 076-221-0125 
営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辛味大根おろしぶっかけらーめん@Ramen & Bar ABRI

2017-07-16 16:30:00 | ラーメン
暑い日が続きいやになっちゃいます。
昨日はお休みで夜はツエーゲン金沢の試合へ行ったのですが(結果は聞かないで)、午前は予定がなかったのでぼーっと。
ソファーに寝転がってスマホでTwitterのTLを眺めてたら思わぬ情報を目にしたので急いで着替えて家を出ました。
向かった先はこちらです。



香林坊の「ABRI」さんです。
またも限定の冷やしメニューにつられてやって来ました。

香林坊東急スクエアうつのみやで時間をつぶして開店時刻に合わせて突入。
お昼担当のスタッフさんがのぼりを立てているのを見てたら「お店に入って待っててください」と言われました。
ごめんなさい。

カウンター席に座ってメニュー確認。
この日から始まった数量限定気まぐれメニュー『辛味大根おろしぶっかけらーめん』(750円)です。
無事一番乗りを果たせましたが後客はなくちょっと拍子抜け。



ほかのメニューを見ながら待ちますか。
フロマージュ、気になります。



さて来ましたよ。
冷水で締めためんに大根おろしともみ海苔だけトッピングされたいたってシンプルな外観。

いただきます。
麺は細縮れ麺です。
ふすま入りの麺だそうでなんだか素朴な味。
低糖質ダイエットになるかしら?



大根おろしは石川県産の辛味大根を使っています。
地産地消いいですね。
辛みは思ったほどきつくないので食べやすいです。



別添えの自家製のどぐろだししょうゆを回しかけながら混ぜて食していきます。
大根おろしとのどぐろだししょうゆがいい感じに五感を刺激してずるずると麺を啜っていけます。





お好みでカウンター右端にあるいろんな七味をかけることができます。
今回はABRIさんオリジナルブレンドの柚子七味をかけてみます。
こりゃ辛味大根とよく合いますな。







ごちそうさまでした。
体の内外がさっぱりとするおいしさでございました。
いたってシンプルですが清涼感があって暑い日にもってこいです。
またいい素材を選んでいるからこそ味わえる良さが感じられました。
次はどんな冷やしメニューが出るのか楽しみです(^o^)v


お店の詳細:
住所 金沢市香林坊2-12-39
電話番号 070-1074-8458
営業時間 平日11:30~14:00、17:30~23:00(金曜日は~翌1:00)
     土曜日11:00~25:00
     日曜日11:00~21:00
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷やしラーメン夏野菜入@自然派ラーメン 神楽

2017-07-13 21:00:00 | ラーメン
おとといはお昼を「福座」さんでいただいた後は買い物へ。
あちこちお店を巡っているうち、ちょっと小腹が空いてきました。
なので帰りにこちらに寄ってもう一杯いただくことにしました。



寺町の「神楽」さんです。
ちょうどこの日から夏限定の『冷やしラーメン』(800円)が登場したとのことで来ちゃいました(^_^;)

着いたのは13時30分です。
お客さんが何人か出たところだったようでいい具合でカウンター席が空いていました。
なので黒板メニューがよく見える一番左奥の席に座りました。

注文はもちろん冷やしラーメンなのですが夏野菜入(900円)にしました。
体のことを考えると野菜いっぱい摂りたいじゃないですか。



7~8分ほど待って出てきました。
いろんな野菜が彩り豊かに盛られています。

さあていただきましょうか。
スープはきりりというほどではありませんがほどよく冷やされてます。
鶏や出汁の旨味がしっかりと出ていて冷やされてもうまいですな。
仕上げにオリーブ油をかけてあってこれがまた風味を良くしています。



麺はおなじみ中太縮れ麺。
冷水で締めてもモチモチしててうまいわあ。
品質の高さがわかります。



具材はチャーシュー、メンマ、海苔、そして夏野菜いろいろ。
夏野菜は
生…きゅうり、プチトマト
茹で…キャベツ
素揚げ…なす、かぼちゃ、ズッキーニ
がトッピングされています。
素揚げした野菜はなんと鶏油で揚げてあるそうでこれがまあうまいこと!
ご主人のアイデアには驚くばかりです。







この日の最高気温は35℃を超える猛暑日とあって箸が進みます。
余談ですが7月11日は「ラーメンの日」なんだとか。
ずずっとスープも完飲して大満足です。
100円プラスするだけでこんなに野菜がトッピングされているなんてすごいお得なのでは。
ぜひこの夏は野菜入りを頼まれることをお勧めしますよ(^o^)ノ


お店の詳細:
住所 金沢市寺町1-20-10
電話番号 076-280-5010
営業時間 11:30~14:15、17:30~20:00(スープなくなり次第終了)
定休日 月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清、白湯スープの冷しラーメン@麺や 福座

2017-07-11 20:30:00 | ラーメン
シフトの関係で3連休になってて今日はその最終日。
珍しく月曜日以外の平日休みになったのでお昼は迷わずこちらへ行きました。



有松の「福座」さんです。
夏の限定メニューが出たので早く食べたいと思っていたのです。

開店15分前に到着しポールポジション確保。
店が開くまでの15分間、日陰とはいえ暑いですι(´Д`υ)

暖簾がかかっていざ入店、一番左の席に着席です。
後客も次々訪れいつしか中待ち発生になりました。
店主さんや奥様はじめスタッフ総勢5人態勢です。

奥様が注文を取りに来たので迷わず夏めん第1弾の『清、白湯スープの冷しラーメン』(900円)をお願いしました。
第2弾の『鮎めん』(1,500円)も出ましたが鮎は昔骨が刺さってトラウマになってるのでおそらく私は注文することがないかな、ごめんなさい。







15分ほど待って出てきました。
ガラスの器がなんとも涼しげです。



スープは清湯スープと白湯スープを二層にしてあります。
清湯スープは鶏ガラベースに氷下(コマイ)という魚の干物で出汁を取り生揚げ醤油で整えたもの。
すっきりとしながらも味わい深いです。
一方白湯スープは鶏ガラと水だけで炊き上げ冷やしたもの。
ふわふわとした感じで凝固しておりなんとも不思議です。
それぞれ単独でもおいしいスープなのですが混ぜて飲むとまたおいしいのです。



麺は国産小麦の麺無双を使った細麺です。
しっかりとしたコシがあってスープと調和しています。



具材は別皿で出されます。
鶏ささみのコンフィ、豚肩ロースチャーシュー、小ねぎのぬた、レタス、玉ねぎとパプリカのマリネと盛り沢山。
どれも手が込んでいてすばらしい。
きりりと冷えた日本酒が欲しくなりますw









途中で器に添えられたレモンを絞って食べるとまたおいしいね。
気持ちよく完飲完食しました。
これは日本料理出身であるご主人の力量のすごさがよくわかりますね。
ごちそうさまでした。


お店の詳細:
住所 金沢市有松4-1-1
電話番号 076-243-2930
営業時間 11:30~14:25、18:00~22:55(日曜祝日は17:30~)
定休日 月曜日(祝日は営業)、月2回火曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅塩まぜそば@マキシマム ザ ラーメン 初代 極

2017-07-10 21:00:00 | ラーメン
せっかくの休日ですが暑いです。
真夏日になって私には辛い季節です。
なのでさっぱりと暑さを吹き飛ばすものを食べにこちらへ馳せ参じました。



工大前の「初代 極」さんです。
この一週間で3回来ております(^_^;)

開店10分前に到着しポールポジションゲット。
すなわち今日からスタートの限定メニューを一番乗りで食べられるってことです。
オラ、ワクワクするぞ!

開店してお母さんに挨拶して券売機前へ。
その限定『梅塩まぜそば』は去年に引き続き登場。
830円投入して『汁なし』のボタンを押します。
で食券をお母さんに渡して「塩で」と伝えることを忘れずに。
サイズはプチにして50円キャッシュバックです。



後客も続々来ましたが暑いからか満席までに至らず。
厨房の店主カズさんはさぞかし暑いことでしょう。
無理しないでくださいね。

20分ほど待ってニンニクコール。
少なめでお願いしました。

そして出てきました。
プチでもそれなりのボリューム感があります。

では割り箸を割っていただきます。
麺は全粒粉入りの太麺です。
柚子とニンニクが効いた塩ダレがよくしみ込んでウンメ~!
モッチモチしていてバキュームが止まりません。



トッピングはたっぷりの野菜と豚1枚。
ほろっとして食べやすいです。
安心の出来ですね。



薬味は2種類のカリカリ梅とザーサイを和えたもの。
梅を刻むだけでも大変な手間だと思います。
それだけに麺に絡めて食べると甘酸っぱさが一層際立ってうまいのなんの。
あとはねぎの自家製梅肉ドレッシング和えと鰹節、刻んだしそがトッピングされてます。



麺はあっという間に完食。
でも麺のサイズをプチにしたのは去年なかった『追い飯茶漬け』をしたかったから。
お母さんに100円渡してお願いします。



しばし待って追い飯茶漬けの登場です。
ごはんの盛られたお茶碗にはじゃこを揚げたものがトッピングされ梅肉を濾してはちみつを加えたものが添えられてます。
グラスには温かい出汁が入っていて昆布、椎茸、かつお、さば、あじ、いわし、あごと贅沢な出汁です。
中の赤いのは梅干の種です。



ごはんの上に丼に残った薬味を載せ、出汁をかけていただきます。
うわっ、こりゃたまらん!
なんとも爽快な味わいです。



きれいさっぱりとごちそうさまでした。
食べている最中は汗をかきながらいただきましたが食後はなんとも涼しく感じたのは気のせいでしょうか。
梅と塩で夏バテ防止にもってこいの一杯ですね。
そして追い飯茶漬けによって昨年よりさらに進化した味を楽しむことができました。

カズさんにごちそうさまとあいさつして退店。
しかしお店を出てからフォロワーのow01さんがいたことに気づきましたorz
ごあいさつできずすみませんでした(>_<)"


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘5-3
電話番号 080-3045-5031
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 水曜日、日曜日夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加