咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

京の都で昼から飲める名居酒屋「たつみ」

2017-06-30 22:30:00 | 飲み屋
6月25日、前にも書いた通りツエーゲン金沢がアウェイで京都サンガと対戦するため京都まで行ってきました。
で18時キックオフにもかかわらず朝からサンダーバードに乗って京都へ向かい着いたのはまだ午前。
そんなわけで市内観光をしたわけなんですが先日雑誌を読んでいたらすごく気になるお店があったので行っちゃいました。

京都一の繁華街、四条河原町。
一本裏に入った通称「裏寺町」と呼ばれるところに目指すお店はありました。
京都では名だたる人気居酒屋の「たつみ」さんです。
昼12時から営業という昼飲み派にとってはうれしいお店でもあります。

開店10分前にお店の前に来たらすでに常連さんとおぼしきおっちゃんたちが開店を今か今かと待っております。
私もそのひとりとなって暖簾がかかるのを待つことに。

開店と同時に人々は店内に流れおいおいのポジションへ。
入口の左手が厨房で右手が椅子ありと立ち飲みのカウンター、奥がテーブル席と小上りとなっています。
私も立ち飲みカウンターの角の場所をキープしてスタンバイOKです。
早々にほぼ満席になるという人気ぶりにこの店がいかに京都の人に愛されているか理解できます。

まずは注文。
チャンスを逃すとなかなか言えなさそうなのでバイトのお兄さんを呼びます。
とりあえず生ビール(580円)を。
あと料理のほうは壁一面に短冊が貼ってあってどれも気になります。
その中から人気の串かつ(380円)と京野菜の万願寺とうがらし焼き(380円)を注文しました。





しばし待ってまずは生ビール。
キリン一番搾りですね、うれしいな。



そして串かつと万願寺とうがらしが来ました。
どちらもおいしそう。



串かつは小ぶりながら5本あってざく切りキャベツも添えてあります。
別皿のソースに浸してがぶっと。
からっと揚がっていてじゅわっと肉汁があふれます。
肉だけでなく玉ねぎも入ってるのがいいね。
こりゃアツアツなのはもちろん冷めてもおいしく食べられる味だ。



万願寺とうがらしは焼いたのにかつおぶしをかけただけというシンプルさ。
醤油を垂らしてもいいけどまずはそのまま齧ります。
辛さはほとんどなくほんのりとした甘みがありますね。
ヘタごと食べられますわ。



ちょうど横に柱があるのでもたれながらぐびぐび。
喫煙可なのでちょっと煙が流れてくるのは致し方ないけど両隣は吸わない人なので良かったよ。
ビールを飲み干したので続いて熱燗(380円)とどて焼(480円)を注文。



お酒は黄桜の小瓶を湯煎したもの。
ちょうどいい具合の温度になっていてすいっといけます。

どて焼です。
牛すじとこんにゃくの煮込みですね。
味噌だれがなかなか濃厚でいい味してます。



まあこれで十分満足できるのですがせっかく来たのと居心地がいいのでもう一杯だけ。
酎ハイレモン(380円)ととうもろこし天(380円)をお願いしました。



酎ハイはハイリキの瓶ですよ、まだあったんですね懐かしい!
氷とレモンスライスが入ったグラスに注いで割り箸で軽くステアして飲みます。
ドライな喉越しが効くなあ。

とうもろこし天にかじりつくとサクッといい歯触り。
これまたいい揚げ具合で酎ハイによく合うこと。



小一時間ほど食べて飲んで雰囲気とあわせてほろ酔い加減。
きりのいいところでお会計。
これで3千円行かないんだからありがたい。
超激安ってわけじゃないけど料理のレベルは高いのでコスパはとってもいいですね。
京都にはこんないい店があるのかとちょっぴりうらやましく思いました。
今度から京都に来たら必ず寄るべき店に認定です(^o^)v


お店の詳細:
住所 京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572
電話番号 075-256-4821
営業時間 テーブル・小上り席12:00~21:00、立ち飲み12:00~22:00
     (L.O.フード各45分前、ドリンク各30分前)
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香味そば・醤油@麺屋 白鷺

2017-06-28 23:00:00 | ラーメン
昨日は予定外の残業になってしまいました。
仕事を終えて家には何も用意してなかったことを思い出し、こちらに寄って食べて帰ることにしました。



三度目の訪問となる金沢駅前別院通りの麺屋 白鷺」さんです。
家から近いので重宝しますね。

着いたのは20時20分過ぎ。
先客は2名後客は3名と火曜の夜なのでこんなものでしょうか。
スタッフはふたり、そのうちこないだ見かけなかった方が開店前に事故に遭われた方なんでしょうか。

今まで『香味そば・塩』、『塩鶏白湯魚介そば』と食べたのでこの日は残る『香味そば・醤油』(810円)にしました。
片町の「麺屋 鶯」さんの醤油とはまた違うそうです。



作業を見てるとスープの入った丼に投入した麺を整える手つきがいいですね。
7~8分ほど待って提供されました。

いただくとしますか。
スープは鶏ベースできりっとした味わいです。
すっきりした感じで卓上にある胡椒を挽いて振りかけると味にパンチが出ていいじゃないの。





麺はストレートの細麺です。
こちらは全粒粉が入ってないのね。
しなやかな感じで啜り心地もバッチリ。



トッピングはチャーシュー、穂先メンマ、海苔、白髪ねぎ、貝割れです。
チャーシューは低温調理の豚肩ロース肉で何度食べてもやっぱりおいしいね。



ごちそうさまでした。
これで全種類制覇したわけですがどれもうまいですな。
これで営業時間がもう少し遅くまでやってくれたら文句ないんですけどね。
次はまた塩で山椒バタートッピングにチャレンジしようと思います。


お店の詳細:
住所 金沢市安江町19-6
電話番号 不明
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:30
定休日 日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりパイタンDEポロネーゼ@らーめん la.la.la.

2017-06-27 23:30:00 | ラーメン
先週土曜日の夕方、内灘町に用事がありました。
その間ちょっと時間ができたので思わずこちらに寄り道しちゃいました。



毎度独創的な限定メニューを出す「la.la.la.」さんです。
もちろん限定狙いです。

夜の部開店直後に入店。
先客1名、後客は7名となかなかの入り。
店主さんひとりでてんてこ舞いでした。

この日は「Bu.ta.la.la.」な日なので『爆濃とんこつ』(並850円)もやってたのですがこれはまた今度。
ちょっと面白そうだった『とりパイタンDEポロネーゼ』(並800円)をオーダーしました。

注文から7~8分ほど待って出てきました。
これはラーメンなのか?と一瞬考えるビジュアルですねw









じゃいただきます。
スープは鶏白湯ベースで鶏の旨味がしっかりあるのですがドミグラスソースを使ったミートソースの風味がまた意外と合ってます。
なんとも面白いけど普通においしくいただける味になってます。
バルサミコ酢かワインビネガーかわかりませんがなんか隠し味がいい感じに使われてますね。



麺は平打ち生パスタのタリアテッレを使用。
このビラビラ感が癖になる舌触りですね。
アイデアの勝利だな。



トッピングされた具材はミートソースのほかはスライスチーズとグリンピース、イタリアンパセリです。
チーズはバーナーで炙ってとろけてます。
麺にミートソースとチーズを絡ませて食べるとたまらんよ。





きっちり完食。
鶏白湯とイタリアンの異種格闘技とはよく言ったものだ。
がっぷり四つに組んで白熱した味わいを堪能させてもらいましたぞ。
ご主人の発想力に脱帽です。
気になる方は今週までやってるそうなのでお急ぎください。

持ち帰りのチャーシューおいしそうだったんだけどこの後家族でお寿司を食べに行くことになってたので断念。
次回は買って帰ろうっと。




お店の詳細:
住所 河北郡内灘町向粟崎5-247
電話番号 080-2956-5520
営業時間 火~土曜11:30~14:30、17:30~22:00(L.O.21:45)
     日・祝日11:30~22:00(L.O.21:45)
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨のち勝ち

2017-06-26 22:30:00 | ツエーゲン金沢
昨日はツエーゲン金沢がアウェイで京都サンガF.C.との試合がありました。
運良く仕事が休みで金沢からJRだと最も近いアウェイとあれば行かずにおれるはずがありません。
なので家族には御池煎餅をお土産に買ってくることを条件に許しを得て日帰りで行くことにしました。



朝サンダーバードに乗車して一路京都へ。
天気が心配でしたが日中はなんとか持ってくれました。
せっかくの京都なので市内観光を楽しんでからバスで試合会場の西京極運動公園陸上競技場兼球技場へと向かいました。

バスの中でうとうとして目をさますと雨が降ってるではありませんか!
西京極に到着して慌てて折り畳み傘を出しました。
ポンチョは持ってきてましたが雨雲レーダーを見ると試合開始までには止むかなと頭にタオマフを巻いてしのぐことに。
結局試合途中まで降ってたんですけどね(XoX)



雨なことと市内でさんざん飲み食いしてきたのでスタグルはパス。
でも京都中央卸売市場さんがスイカを配っていたので遠慮なくいただきました^^
ごちそうさまです。





ビジター自由席には日曜ナイトゲームにも関わらずツエーゲンサポが結構来ています。
名古屋戦ほどの人数ではないですがいつも以上に気合が入っている感じ。



さて雨の中試合開始です。
京都は田中マルクス闘莉王がベンチでちょっと安心(^_^)
しかしまあ立派なカラービジョンですね、来年は西部もこれくらいいいのになるのかな。



前半は思わぬ展開に。
#15宮崎幾笑のツエーゲンJ2通算100ゴール目となる先制弾をはじめ#10中美慶哉、#9佐藤洸一のゴールで3-0で折り返します。
アウェイゴール裏からは遠くてわかりにくかったのですがどれもきれいに決まりました。
前半だけで3得点あげたことなんてJ2昇格してからあったかしら?

ハーフタイム京都のマスコットがこちら側へ。
コトノちゃんでしたっけ?ファイティングポーズとって挑発してきます。
でも腕にはゲンゾーがw



一転後半は京都がいきなり選手をふたり替えてきて怒涛の反撃をかけてきます。
イ・ヨンジェに1点返されたものの、あとのピンチも#23白井裕人の好セーブやあわや2点目かと思ったらイ・ヨンジェがさわってオフサイドになったりと見事3-1で勝利しました。
これで天皇杯も含め3連勝と波に乗ってきた感じがありますね。

勝利のダンスは幾笑がインタビューを受けてたので#19垣田裕暉ひとりで。
水ぶっかけられてましたけどねw



試合が終わった後は最終のサンダーバードに間に合わせるため早めに西京極を後にしました。
電車を乗り継いで京都駅に到着して無事帰ることができました。
サンダーバードには私と同じように試合に来られていたツエーゲンサポさんがけっこういらっしゃいました。

疲れたけど楽しい一日でした。
次は7月1日、ホーム西部での横浜FCとの1万人チャレンジデー。
カズがいようがいまいがたくさんの人が応援に来て勝利をものにしたいですね。
みなさんぜひ来てくださいね(^o^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とろっと濃厚達の海@麺屋 達 本店

2017-06-24 13:40:00 | ラーメン
昨日は残業でございました。
仕事が終わって帰りはラーメン食べたい気分でしたのでちょっと回り道してこちらまで歩いて向かいました。



中橋にある「麺屋 達」さんの本店です。
夜訪問したことあったかな?

20時55分に入店。
先客6名後客3名の入り。
スタッフは男性2名女性1名でした。

メニューを見て何にしようか思案。
『つけ麺』もいいかなと思ったのですが日中冷房で体が冷えたのであったかいものを。
そんなわけでまだ食べたことがなかった『とろっと濃厚達の海』(800円)を太麺の麺かためでお願いしました。
しかし『達二郎』終了しちゃったんですね、残念だわ(>o<)







4分くらいで出てきました。
見るからにとろっと濃厚な感じですね。

さていただきましょうか。
スープを一口啜ります。
豚骨と鰹が見事に融合してますね。
コラーゲンがたっぷりとれそうなとろとろ感がまた癖になります。



太麺がまたしっかりした感じですがスープによくなじんでます。
並の量だとちょっと物足りないかな。
替玉して細麺で楽しむのもいいかも。



具材はチャーシュー、海苔、ほうれん草、ねぎです。
チャーシューはバラチャーシューが2枚、これまたとろっとしてうまいですな。



途中で卓上の調味料を使って味変。
生姜好きな私としては生姜たっぷり投入して楽しみます。
あーたまらんのう。



するするっとごちそうさま。
冷えた体もあったまり満足です。
唇がプルンプルンになりましたよ(^_^)

あと余計なことかもしれませんが気になったのは接客がイマイチなこと。
この辺をがんばらないとあちこちにある支店にお客さん流れちゃいますよ。


お店の詳細:
住所 金沢市中橋町11-13
電話番号 076-234-3340
営業時間 11:30~14:30、18:00~23:00
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超濃厚魚介つけ麺@金澤濃厚中華そば 神仙

2017-06-15 23:30:00 | ラーメン
代休を取った昨日は午後からは買い物で駅西方面へ。
その途中、お昼を「神楽」さんで食べたというのにちょっと小腹が空いてきました。
するとこちらのお店の前を通ったら新たな限定メニューが出ていたので思わず寄り道しちゃいました。



今や羽田空港や青森にもお店がある「神仙」さんです。
開店当初には予想だにしなかった成長ぶりに驚きですね。

お店に入ったのは午後2時7分です。
先客は6名でしたが後客は14名とこんな時間でも外のベンチで待つお客さんがでるほどでした。
スタッフは男性3名でした。

空いているカウンター席に案内され着席。
限定メニューですが夏期限定の『濃厚冷やし担担麺』(880円)というのが出ていましたがこれはまた次回に。
今回は超短期限定・なくなり次第終了という『超濃厚魚介つけ麺』(880円)をお願いしました。
麺は冷たいのと熱いのが選べるので冷たいので。
大盛りでも同額なので迷わず大盛りにしてもらいましたw







10分くらい待って出てきました。
見た目は普通のつけ麺ですがつけ汁が見るからにドロドロしてます。



まずは麺だけで味見を。
極太平打ちの全粒粉麺です。
つるしこ感があって歯触りがいいですね。



つけ汁は非常に粘度が高く楊枝を刺したら立つくらいじゃないかってほど。
味のほうは豚骨ベースのスープですが魚介の風味がじわじわと襲ってきます。
超濃厚っていうだけありますね。



つけ汁に入っている具材はチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ねぎです。
取り立ててすごいってものはないけれどほっとする感じです。



麺をつけ汁につけて一気に啜ります。
うーん、煮干や鰹節の濃い味が五感を刺激してどんどん喉を通っていきます。



大盛りなんてなんのその、丼の中は空っぽに。
そしてつけ汁のほうもほとんどなくなっておりました。
割りスープを楽しむこともできないくらいドロドロで麺に絡みついたってことですね。

ごちそうさまでした。
いつなくなるかわからないので食べたい方はお早めに。


お店の詳細:
住所 金沢市西念4-7-1
電話番号 076-264-1144
営業時間 平日11:00~15:00、17:30~23:00
土日11:30~22:30
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷やしパクチーラーメン@自然派ラーメン 神楽

2017-06-14 20:00:00 | ラーメン
あーもううっとおしいったらありゃしない。
てなわけで今日は代休を取って髪を切りに行くことに。
さっぱりと短くカットしてもらったあとこちらへ行ってきました。



超人気店の「神楽」さんです。
最近店主さんはFacebookも始められたとか(私はやらないけど)。

いつも開店前から行列ができるくらいなので十数分前に着いてポールポジションをゲット!
そのあと続々とお客さんが並んで人気のすごさに驚きです。

開店して中へ。
もちろんカウンター一番左奥の席に着席です。
開店と同時に満席中待ち発生と早く来て正解だったなと再認識。

限定メニューが書いてある黒板を見やると『担々麺』(900円)の文字が。
復活したのはうれしいですね。
ですが日によっては5食限定で『パクチーラーメン』(900円)なるものがあると店主さんのTwitterで知り、聞いてみるとあるとのことなので速攻でお願いしました。
こちらも担々麺と同じく温かいのと冷たいの、辛さも1(少)~3(多)が選べるそうなので冷やしの1辛でお願いしました。



10分ほどで出てきました。
いやもうパクチーの香りがたまりませんなあ。

では手を合わせていただきます。
スープは鶏や魚介などから丁寧にとられた無化調の醤油冷やしスープです。
ですがほんのりとエスニックな風味が感じられます。
パクチーに合わせた味わいを考えた店主さんの工夫はさすがです。
あとローストしたナッツが入っていて香ばしさを出しています。





麺はおなじみのもちもち感あふれる食感。
のどごしもつるっとなめらか。
食べるたびに至福な気持ちになりますね。



トッピングはパクチーのほかはチャーシュー、メンマ、海苔、玉ねぎ、青ねぎです。
青々としたパクチーの香りと苦みがスープによく合ってもう最高♪



かるーく完食でごちそうさま。
これはパクチー好きなら確実にハマる味。
パクチー入りにラーメンというとむやみに辛かったり化学調味料が多く使われている印象がありますがこれはそんなイメージを覆す見事な出来でした。
さすがは宮本店主の力量、恐れ入りました。
今度は担々麺食べにまたポールポジション狙いで行きますよ(^0^)/


お店の詳細:
住所 金沢市寺町1-20-10
電話番号 076-280-5010
営業時間 11:30~14:15、17:30~20:00※スープなくなり次第終了
定休日 月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘えびワンタンそば@ご当地ラーメン 巡

2017-06-12 19:00:00 | ラーメン
昨日は仕事だったので今日がお休み。
月曜日休みだと困るのが床屋さんが定休日で髪が切れないこと。
湿気が多いこの季節髪が伸びると天パな私にとっては辛いのです(>_<)

閑話休題、ラーメン屋さんも月曜日が定休日なところが多いのも残念。
なので今日は月曜日も営業しているこちらへ行ってきました。



金沢駅からほど近い「」さんです。
我が家からも歩いて行ける距離ですが2か月ほどぶりの訪問です。

着いたのは11時13分です。
お店に入るとまだお客さんはいませんでした。
店主さんと奥様らしき女性のふたりでの営業です。

カウンター席に座って注文。
こちらは全国のご当地ラーメンが食べられることで人気ですが月替わりで限定メニューがあって楽しみなんです。
今日はその限定『甘えびワンタンそば』(900円)をお願いしました。





注文から5分で出てきました。
ワンタンがいっぱいあってうれしいな。

早速スープから。
甘えびの香りがふわーっとしますね。
飲むとこれが甘えびのコクと旨みがすごいのなんの。
これはかなりの量の甘えびの頭と殻を使ってますよ。
レギュラーメニューで金沢らしさを出した『甘えび塩ラーメン』の醤油バージョンとのことですが個人的にはこっちのほうが好みかも。



麺は低加水タイプの極細麺です。
麺のかたさは選べるのでかためにしてもらいました。
ぱつっとした食感がオイリーな甘えびコンソメスープとよく合うこと。



トッピングは甘えびワンタンが5個のほかチャーシュー、メンマ、海苔、青ねぎです。
チャーシューは豚バラ肉ですね、私の好きなタイプ。



甘えびワンタンは見るからにぎゅっと身が詰まっていてすばらしいじゃありませんか。
かじると甘えびの身がたくさん入っていて思わず目尻が下がります。
えび好きにはたまらないよこりゃ!



スープもぐびっと飲み干して完食ごちそうさま。
甘えびたっぷりと満喫できるお見事な一杯でした。
ワンタンがたっぷり入っているので替玉せずとも満腹になれましたよ。
こちらもぜひレギュラー化してくれたらなあ。


お店の詳細:
住所 金沢市堀川町27-2
電話番号 076-224-4788
営業時間 平日11:00~15:00、18:00~翌1:00(金曜日は~翌2:00)
     土曜日11:00~26:00
     日・祝日11:00~22:30
     ※ラストオーダーは各30分前
定休日 不定休

今月のお休みは下のとおりです。
それにしてもよく働くなあ、無理しないでくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”冷やし”のどぐろ煮干しらーめん@Ramen&Bar ABRI

2017-06-10 22:30:00 | ラーメン
今日は嬉しい休日♪
ですが強い風でときたま激しい雨という残念な天気。
そんな中でも街まで買い物に行ったのでこちらでお昼を食べることにしました。



のどぐろ煮干しを使ったラーメンでおなじみの「ABRI」さんです。
今日は前回訪れた時に確認した”冷やし”メニューを食べに来たのですよ。

開店時間をとっくに過ぎた11時33分に到着。
入口の扉は開いているものの暖簾がかかってない。
しかも営業の表示も「CLOSED」になってる。
店内にいるスタッフさんに「やってますか?」って尋ねたらちゃんと営業してました。
どうやら暖簾は風が強かったから出さなかったようで表示もひっくり返すの忘れてたみたいです(^_^;)

座るやいなや『”冷やし”のどぐろ煮干しらーめん』(780円)をオーダーします。
夏期限定のメニューだそうでどんなものか期待しちゃいます。
しかしいつ見ても飲みたくなるメニューがいっぱいあるなあ。





のんびりと待ちます。
その間若い女性ふたり連れがやってきました。
女性でも気軽に入れるのってポイント高いですよね。
あ、平日ランチタイムはこんなサービス始めたのか。



10分近く待って登場。
丼の色が美しいなあ。

さあいただきます。
澄んだ冷やしスープをぐびっと。
のどぐろ煮干しの風味が損なわれることなくストレートにきますねえ。
思わずレンゲで何度もすくって味を確かめちゃいます。



麺は全粒粉の細縮れ麺です。
パツパツした食感がたまらんです。
やはり麺屋棣鄂さんの麺はいいですねえ。



トッピングは鶏チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、糸唐辛子です。
鶏チャーシューは胸肉を低温調理したもので柔らかくてスープの風味を邪魔させずいい感じで食せます。



あれよあれよと麺と具は全部胃の中へ。
残ったスープもしっかりと飲み干してごちそうさま。
ひんやりすっきりとこれは暑い日におすすめな一杯ですな。
のどぐろだしのワイルドさをスタイリッシュにまとめ上げて気持ち良く楽しめる美味しさでした。
レギュラーメニューはもちろん、ときたまゲリラ的に限定メニューが出るので目が離せないお店ですよ。


お店の詳細:
住所 金沢市香林坊2-12-39
電話番号 070-1074-8458
営業時間 平日11:30~14:00、17:30~23:00(金曜は~25:00)
     土曜・休前日11:00~25:00
     日曜日11:00~21:00
定休日 木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏と魚介のつけそば@麺家 喜多楽

2017-06-09 23:00:00 | ラーメン
6月4日、ホテルで朝風呂して朝食バイキングをがっつり食べてチェックアウト。
帰りの高速バスまで時間があるので栄のほうへ。
すると久屋大通公園で「タイフェスティバル」なんてやってるのでチャーンビールを飲みながら楽しんでました。

ぶらぶらしているうちにお腹が空いてきましたがタイ料理はきついかなと思いスマホで検索。
やっぱラーメンかなあと思いつつ日射しが出て暑いなあなんて。
するとこちらのお店で夏期限定のメニューが出たとのことだったので移動することにしました。



地下鉄東別院駅から歩いて5分ほどの「麺家 喜多楽(きたら)」さんです。
こちらも名古屋では人気のお店だそうです。

着いたのは12時30分です。
古びたビルの1階にありました。

お店に入るとカウンター10席と2人掛けと4人掛けのテーブルがひとつずつ。
先客5名後客3名と意外と空いていたので良かったです(お店としては良くないけど)。
お店は店主さんと奥様らしき女性、若い男性スタッフの3人体制でした。





カウンターの空いてる席に座ってメニューを見ます。
レギュラーメニューもいろいろと気になりますが初志貫徹で限定の『鶏と魚介のつけそば』(750円)を注文しました。
前々日の2日から始まったようです。





スープを一杯ずつ手鍋で温め直すというこだわりようで少々待ちます。
なので9分ほど待って出てきました。



まずは麺からチェック。
日清製粉のうどん用粉「真麺許皆伝」と国産小麦の強力粉「春よ恋」の全粒粉をブレンドした麺だそう。
これが持ち上げただけで弾力性があるのがわかるほどすごい。
もっちりかつしなやかな麺でいいですねえ。
小麦の風味もしっかりと楽しめます。
なおひやもりオンリーであつもりはないそうです。



つけ汁は鶏白湯に魚介の旨味を加えたもの。
粘度があって麺にしっかり絡みます。
シンプルにおいしい。





麺の上にあるトッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、柚子皮です。
見た目寂しいような気もしますがこれだけいい麺だとかえってごちゃごちゃしてないほうがいいね。



麺の量は200gなのであっという間に胃袋の中へ。
これなら120円プラスして300gにすればよかったかな(^_^)
ここに来るまで結構暑くて汗かくくらいだったので清涼感を堪能させていただきました。
機会あれば他のメニューも味わってみたいものです。


お店の詳細:
住所 名古屋市中区橘1-28-6 近藤ビル1F
電話番号 052-332-5515
営業時間 11:00~14:00(土・日・祝日は~14:30)、18:00~22:00
定休日 月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加