咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

炭火焼鳥麺(塩)@ラーメン専門 支那そば屋 三馬店

2014-12-26 16:07:00 | ラーメン
早いもので今日は仕事納めです。
ですが急きょ咲ちんを病院まで連れて行くことになったので午後から休暇を取りました。
まあ暇な時期なのでいいんですけどね。
結局咲ちんは大丈夫だったのですがお腹が空いたので一緒にお昼を食べることに。
で病院から近いこちらへとお邪魔しました。



「支那そば屋」さんの三馬店です。
昼時は臨時休業してたりしてなかなか訪れる機会がないのですよね。

13時50分ごろ入店。
遅い時間でもまずまずのお客さんが入ってます。
咲ちんとふたりだったのでテーブル席へと案内されました。

店内は昭和テイストが感じられる内装。
テーブルの上のお冷はポットではなくヤカン。
大きなコの字型のカウンターにテーブル席2卓、奥には小上がりがあって居酒屋っぽい感じもしないでもないです。







メニューを見て何にするか考えます。
でもやっぱり定番の『炭火焼鶏麺』(720円)の塩にしました。
前は『炭火軍鶏麺』って名前じゃなかったっけ?
咲ちんは『お子ちゃま麺』(500円)です。
そして平日14時までは無料サービスなので私は麦とろ飯、咲ちんはおにぎり2個を付けてもらうことに。







冬休みに入ったこともあって私たち以外にも親子連れがちらほら。
遅い時間でも営業のサラリーマンやカップルが入ってきます。
スタッフは男性1名女性3名でした。

5分くらいで出てきました。
湯気がもうもうと立っています。

それでは熱いうちにいただきます。
スープは透明度があってきりっとした味わい。
ちょっと塩気が強いかな。
でも炭火焼鶏の肉汁が溶け込んでなかなかいいです。

麺は太麺です。
モチっとした感じが個人的には好みの食感。
スープとのバランスもいいですね。



具材は炭火焼鶏のほかには三つ葉と白髪ねぎがのっています。
それに丼の縁には柚子胡椒がついておりました。
やはりこちらの炭火焼鶏はうまいです。
鹿児島産の鶏を使っているそうで弾力があってたまりません。
一口食べてみた咲ちんも気に入ったとのことです。



無料サービスの麦とろ飯もいただきます。
やっぱりこれはうまい、最高!
食べ放題なのでおかわりしようかとも考えましたが自重しました。



咲ちんのお子ちゃま麺はミニサイズの醤油ラーメンにフライドポテトとジュースがついています。
味見させてもらいましたがちょっと甘め。
おにぎりの具はまぐろ角煮とねり梅でした。



二人して満腹満足、ごちそうさまでした。
咲ちんもすっかり気に入ったご様子でなにより。
しかも会計時におもちゃが1個もらえるとあってまた喜んでおりました。
このシステム、「寶龍」さんと似てるなあと思ったら同じグループなんですね。



炭火で炙った鶏も麦とろ飯も大好きな私にとってはありがたいお店。
コスパも高いので家族連れでも安心して行けるのもうれしいですね。
近所にあったら鶏もも焼きで一杯やるんだけどなあ(^_^;)


お店の詳細:
住所 金沢市三馬3-193
電話番号 076-244-9144
営業時間 11:00~14:30、18:00~23:30
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガツ盛り赤カラ味噌やぐら@麺や 神やぐら

2014-12-25 19:19:30 | ラーメン
年の瀬でばたばたと忙しいですね。
今日は午前中外回りしてたのでその合間にお昼のラーメン食べとこうと。
で久しぶりに二郎インスパイア系でも食べようかなと思い、こちらへやってきました。



元菊町の「神やぐら」さんです。
すると入口横にあった『台湾まぜそば』のPOPが『ガツ盛り赤カラ味噌やぐら』(850円)というのに替わっていますね。
期間限定と書いてあると食べたくなるのが心情、予定変更してこちらをいただくことにしました。



11時5分、扉を開けてまずは券売機で食券を購入します。
赤カラなだけにボタンも赤くなっておりますw



カウンターの端の席に座って食券を渡します。
するとニンニクの有無と辛さを聞かれます。
辛さは普通・中辛・大辛と選べるとのこと。
辛いのはあまり得意でないのでニンニク少なめの普通でお願いしました。

先客は学生グループもいたので7名、後客は4名と早くから来てますね。
スタッフは男性1名女性2名でした。

10分ほどで出てきました。
匂いがかすかにつんと鼻にきて辛さが伝わってくるんですが(@_@;)

では意を決してスープからいただきます。
赤みがかかったスープを啜ると辛さはあるのですが味噌とほどよくマッチして思ったほどきつくありません。
寒い日にうってつけの味わいです。
挽肉も入っていますね。



麺はウェービーな太麺です。
もちっと感があって食べごたえも十分。
やや平たい麺なので食べやすいと思います。



麺の上を覆うようにのっかってるのは炒めた野菜と国産の豚バラ肉。
野菜はキャベツと白菜がたっぷり使われていてしゃきっとしてほんのり甘い。
これが辛味噌スープのうまさを上手に引き出しています。
まるでラーメンの上に回鍋肉がのっているようですね。
ごはんとあわせて食べるのもいいかも。

額から汗がじんわり。
唇がヒリヒリとしましたが無事美味しく完食させていただきました。
普通でも私には十分辛いのですが意外と気持ちよく食べることができました。
寒さをふきとばすにはもちろん、野菜不足の方におすすめの一杯ですよ。


お店の詳細:
住所 金沢市元菊町17-13
電話番号 076-221-0044
営業時間 平日11:00~23:00、日・祝日11:00~22:00
定休日 不定休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蟹だし中華そば@中華そば 響

2014-12-22 17:27:50 | ラーメン
おととい”煮干馬鹿”でおなじみの「中華そば 響」さんが開店4周年を迎えられました。
それを記念して今日だけの限定メニューを出すとのことで行ってまいりました。
仕事休みでラッキー♪

開店の5分以上前に着いたというのにすでに車が2台止まっているではないですか!
そのうちおひとりはお世話になっているフォロワーさんでした。
お久しぶりです(^_^;)



開店したのでお店に入ります。
入口のところに本日限定の『蟹だし中華そば』(880円)の貼り紙がありました。
期待しちゃいますね。



4年間変わらずご主人と奥様がいらっしゃいます。
おめでとうございますとご挨拶してカウンター席に座ります。
そして楽しみにしていた蟹だし中華そばをお願いしました。

厨房を見やるとタッパーに大量の蟹肉が。
これをほじくり出すのも大変だったでしょうね。
すなわちこれに見合ったくらいの蟹味噌がスープに使われたのだと思うと期待感が高まります。



5分ほどで出てきました。
先ほどの蟹肉もたっぷりとトッピングされています。



それでは熱いうちにいただきます。
スープをずずっと啜ると蟹味噌と煮干しの味わいがお互い邪魔せず見事に調和されていて思わずうっとり。
これはもう言葉がありません。



麺はあっさり煮干そばで使用している細麺ですかね。
ほどよくもっちりとして芸術的なスープもしっかりと持ち上げてくれます。
喉ごしがちゅるんとしてとってもいいですよ。



蟹肉以外の具材は通常と同じチャーシュー、メンマ、岩海苔、ねぎです。
どれも相変わらず仕事のレベル高いです。
蟹肉もこんなにたくさん入っていると顔がほころんじゃいますね。

麺を先に食べ終えたところでごはんの小(平日昼は50円)を追加注文。
これを残したスープの中へ投入してまぜまぜ。
今度は蟹雑炊風にして楽しみます。



ごはんに蟹味噌がたっぷり溶け込んだスープがしみ込んでこれまた最高!
余すことなくいただいてきれいに完食しました。

これだけ贅沢に蟹を使っているだけに原価はかなり高くてとても採算取れないでしょうね。
しかも手間もかかっているし今日だけの限定になるのも納得です。
食べられて幸せでした。
去年の3周年の時は『烏賊煮干そば』で今回は蟹、果たして来年の5周年の際はどんな限定を出してくれるのでしょうか?
ご主人、今から楽しみにしてますよ(^o^)/


お店の詳細:
住所 野々市市稲荷4-85
電話番号 076-248-2055
営業時間 11:00~14:30、17:30~21:00(L.O.20:45)
定休日 水曜日(変更あり)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中華そば(醤油)@金沢近江町中華そば みなと屋

2014-12-17 13:42:20 | ラーメン
お休み最終日、雪と風がびゅうびゅうと強くて家にひきこもりたいところ。
ですが近江町市場にラーメン店が本日オープンするとの情報を知り、晴れ間が見えたところで行くことにしました。

てくてく歩いて近江町市場に到着。
目指すお店は近江町いちば館の地下にありました。
その名も「金沢近江町中華そば みなと屋」さんです。
この前は「ラーメンおみちょ」さんがあったところで内装もほとんど変わってないですね。



11時の開店めがけていったらまだお店が開いてない。
しょうがないので少しぶらぶらして15分くらいして戻ってきたらちょうどオープンしたようでお客さんがひとりいたので続けて入りました。



券売機はあるもののオープン記念で23日まで『中華そば(醤油)』が300円で食べられるということでまだ動いてません。
通常でも500円と安いですね。
スタッフの方に300円を渡したら麺の固さとあっさり・こってりを聞かれたので固めこってりでお願いしました。
そして24日以降から使えるトッピング無料パスポートもいただけました。







注文を済ませて座って待ちます。
気が付けばお客さんが続々訪れてますね。
24日からはほかのメニューもいただけるようです。
ランチタイムごはんサービスはうれしいですね。
噂では冬期限定の『カニみそラーメン』なんてのもあるみたいです。



卓上には調味料の入った壺が。
左からにんにくチップ、魚粉、揚げ玉が入ってます。



セルフ方式なので3~4分くらいすると呼ばれ窓口へ取りに行きます。
レンゲもここにあるので必要な方は忘れずに取りましょう。

じゃあいただきます。
スープには背脂がたっぷり入ってる上、上面には油の層ができるほど。
健康に気を使う人はあっさりがおすすめです。
でもコクがあってなかなか面白い味、意外と好みかも。



麺の太さは中細程度。
油が多いこってりスープとの絡みはよくいい歯ざわり。
固めでお願いして正解かな。



具材はチャーシュー、海苔、味玉半個、メンマ、赤巻きかまぼこ、ねぎです。
赤巻きかまぼこが金沢らしくていいですね。
メンマが極太なのに柔らかくて良かったです。

隣のおじさんは持参したおにぎりと一緒に食べてますね。
こういうことができるのが近江町らしい感じ。
途中で卓上のにんにくチップを入れて食べるとこれが激ウマ!
背脂といいマッチングですよ。

きれいに平らげごちそうさま。
セルフなので食べ終えた丼はきちんと返却口へ返します。
安いからとなめてかかってましたがなかなかおいしかったですよ。

侍の侍、おみちょとあったこの場所で今度こそ定着するのか?
海鮮丼や回転ずしなど魚介系の飲食店がひしめく近江町市場にて近江町らしいラーメンをどう作っていくのか楽しみです。


お店の詳細:
住所 金沢市青草町88 近江町いちば館B1F
電話番号 076-223-3710
営業時間 11:00~18:00
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒豚骨ラーメン+煮玉子@丸生ラーメン 金沢店

2014-12-16 20:08:00 | ラーメン
シフトの関係で昨日から3連休だというのにあいにくの天気。
今日は午後から光回線の点検が来ることになってたので早めにお昼を食べようと11時から営業しているこちらへと参りました。



入江の「丸生ラーメン」さんです。
なんかここに来るのって雨の日ばっかりな気がする。

11時5分に到着してお店に入ると先客はなし。
スタッフは店長さんとお姉さんのふたり。
まずは券売機で食券を購入します。
ボタンが大きく写真入りなので親切ですね。
今日は新メニューの『黒豚骨ラーメン』(650円)をいただくことに。
これに金沢情報のクーポン券で煮玉子をトッピングしてもらいます。
スタッフのお姉さんに券を渡してスタンプカードを押してもらいます。
麺の硬さはバリカタでお願いしました。





席に座ってぼおっと待ちます。
後客は7人と雨の上早い時間にもかかわらずいい出足ですね。





注文して4分くらいで出てきました。
オープンキッチンなのでセルフで取りに行くように見えますがちゃんとトレーに載せて持ってきてくれるのですよ。

それではスープからいただきます。
白い豚骨スープと黒いマー油のコントラストがいいですねえ。
啜ってみるとマー油のコクがクリーミーな豚骨スープと調和していい口当たり。
マー油がきりっとひき立っていて生のニンニクから作ったというだけありますね。



麺は豚骨スープと相性がいい細麺ストレート。
極細よりはやや太めですね。
やはり個人的にはバリカタがちょうどいいです。



トッピングはデフォでも煮玉子半個入ってるんですね。
ほかにチャーシューが3枚、海苔、博多ねぎです。
ねぎはもう少し多いほうがいいんだけどね。

ずるずると食べてあっけなく麺は食べきっちゃいました。
なので当然とばかり替玉をお願いしました。
これがなんと50円という安さ!
お財布にやさしいお店です。

お皿に替玉の麺が盛られて出てきました。
スープの温度低下を考え今度はカタです。



さっそく残ったスープに投入してまぜまぜ。
今度は卓上にある紅生姜とごまをたっぷり入れていただきます。
ジャンキーな感じでこれまたうまいですね。
辛子高菜もあったらなお良かったんですけど。



替玉もぺろりと平らげ、スープも全部飲んじゃってごちそうさま。
マー油と豚骨スープの見事なコンビネーション堪能させてもらいました。
これだけで700円で済むとはコスパ高くて大満足ですよ。
さすがはせたが屋グループ、おみそれしました。


お店の詳細
住所 金沢市入江1-22
電話番号 076-292-3311
営業時間 11:00~22:00
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

味玉芳醇しおら~めん@金澤つけめん 鈴

2014-12-15 15:35:00 | ラーメン
実家の母親が入院したので今朝から病院へ。
いろいろ大変だったもののとりあえず1か月ほど入院するそう。
主治医の先生に病状を聞けるのがお昼過ぎだというのでそれならお昼をそれまでに食べておこうと思い、近くにあるこちらのお店でいただくことにしました。



以前「彦☆」さんがあったところに7月にオープンした「金澤つけめん 鈴(りん)」さんです。
早く来ようと思ってたのですがタイミングが合わずようやく訪れることができました。

開店直後に到着。
お店に入ると店内は黒っぽいシックな内装でカウンター10席ほどとテーブルが1卓。
厨房には噂に聞いていた美人の女性店主さんがひとりでいらっしゃいました。
卓上にはランチョンマットと箸がセットされており女性らしい細やかさが配慮されていて好印象です。





まずは券売機にて食券を購入します。
店内の照明が暗いので券売機の写真はきれいに撮れませんでした><
店名にもある通りつけめんも気になりますが今日は『芳醇しおら~めん』(800円)を選択。
これにSagacelのクーポンを使って味玉をトッピングしてもらいます。

店内を観察しながらしばし待ちます。
卓上の調味料、左から揚げ玉、魚粉、酢、一味、黒七味となっております。
揚げ玉ってのが面白いですな。





待つこと6分で登場です。
白い丼と受け皿が黒っぽい店内に対して一層映えて見えますね。

それではいただきます。
スープは黄金色に輝く清湯スープです。
一口啜ると口の中に鶏の旨みがぐわっと広がってくるじゃありませんか!
こんなに鶏の味が引き出されたスープはなかなかお目にかかれません。
しかもコクはあるのに塩味は控えめでやさしい味わいなのが気に入りました。



麺は細麺ストレート。
数多くのラーメン店で使用されている三河屋製麺から仕入れているそうです。
細いながらもプリっとツヤがあってのどごしがとってもいい。
アツアツなスープをよく持ち上げてくれるいい麺です。



具は味玉のほかにチャーシュー、メンマ、水菜、斜めにスライスされたねぎです。
チャーシューはしっかりした歯触りでスープとのバランスがいいです。
味玉は黄身が硬すぎず柔らかすぎずほんのり甘くて舌がとろけそう。
これはポイント高いです。



途中で揚げ玉を投入していただきます。
スープを吸った揚げ玉が鶏と絶妙なハーモニーを奏でたまりません♪



スープも残さず干飲完食、ごちそうさまでした。
先週人間ドックに行って相変わらず血圧高いと言われたけれどこんなにうまいスープは残せませんぜ。
女性ならではの感性で見事なまでに素敵な一杯でございました。
なんでもっと早くに来なかったんだろうとちょっと自己嫌悪に陥りましたよw
次は鶏だしつけめんを食べに来ないとね(^o^)v
あと明日から味噌ラーメンを始めるそうなのでこれも気になりますね。


お店の詳細:
住所 金沢市窪7-281ヴィアーレ伏見台102
電話番号 076-259-1699
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:15)、18:00~21:30(L.O.21:15)
定休日 日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2015年2+3号

2014-12-13 15:22:25 | 週刊少年チャンピオン
1月5+8日号って微妙な表記ですな。


(巻頭カラー)「実は私は」
新学期になっていよいよ3年生、朝陽妹も入学したのね。
新キャラも登場してくるようで早速クールビューティーな副担任さんがやらかしてくれます。
まだまだ災難は続きそうで楽しませてくれそう。

「弱虫ペダル」
新開弟が箱学を引っ張りゴールを目指す。
でも手嶋さんの頑張りに応えようと総北も退かない。
一方裏方も戦っている姿を出すのはいいね。
渋滞で車が進まない状況にスペアバイクで給水所まで向かおうとする古賀さんと杉元のなんとカッコいいことか。

「刃牙道」
独歩さん引きこもりに。
そして長いこと忘却の彼方に行っていた烈さんがあっさりと勝利して帰国。
あの試合は何だったんでしょうね?

「鮫島、最後の十五日」
石川と鯉太郎の最後になる突っ張りの応酬。
熱く哀しい張り手にしんみり。

「囚人リク」
レノマの元へ飛び降りるリク。
催涙ガスで看守たちの動きを止めている間に救おうとする。
スライスデビルは江田が殴りつけて無事ヘリは2人の救出に成功。
よかったけどこの先どうなるのか心配。

「毎度!浦安鉄筋家族」
クリスマス恒例のノムさん&晴郎回。
やっぱいいコンビだよなあ。

(タップから出張)「死に日々」「おかえりなさいサナギさん」「アルパカかあさん」「ベルリンは鐘」
阿部共実先生、「ちーちゃんはちょっと足りない」このマンオンナ編1位取ったりヤンマガで読み切り描いたりと好調ですね。
でもこれからも秋田書店で描いてくださいね。
サナギさんが再び週チャンに載る日が来るとは感慨深い。

「Gメン」「辻浦さんとチュパカブラ」
この2作品、展開が似てるんだけどw

「ドカベン ドリームトーナメント編」
回想とはいえ水原勇気出てきたか。
でも次号予告に"あのドリーム投手が"ってあるということは!?

「黒虎」
お風呂に入った祈殿はまた違った感じでいいですな。
それにしても鹿島さん生きててよかったよ。
未の将は名医殿のようですが口癖の"めっ"ていうのはひつじの鳴き声にかけてるのね。

「侵略!イカ娘」
バチバチSQUIDじゃなイカ!
最後悟郎は呼ばなくていいのかね?

「チカカラチカ」
一気にチカサーティーンまで来たか。
このままチカナインティナインになって九十九さんになりませんか。

「木曜日のフルット」
時節柄らしい良い話やった。
モニカさんがグッときますね。


次号、お年玉豪華ふろく付きで弱ペダ表紙&巻頭カラー。
新人まんが賞で大賞を受賞した「ひざまずけ豚野郎」が早速掲載。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極濃焦がし味噌とん+味噌漬け味玉@ラーメン 吟とん

2014-12-09 20:25:15 | ラーメン
今日は雨の一日、雪が溶けて足下がぐちゃぐちゃになって嫌ですね。
さて今日は仕事で外出していたのでお昼は冬季限定のメニューを食べにこちらへと寄りました。



毎回すごい限定を出してくれる「吟とん」さんです。
気持ちはすでにワクワクしてます。

お店に入ったのは11時5分、店長さんと女性スタッフ2名が「いらっしゃいませ」の声をかけてくれます。
すでに学生グループらしき4人組がテーブル席におりました。
この後もお客さんは4人来られて雨天にもかかわらず早い時間から人気ぶりを示しています。

カウンター席に座って早速オーダー。
注文するのはもちろん限定の『極濃焦がし味噌とん』(850円)です。
去年は『特濃焦がし味噌とん』という名でしたので味がさらに進化したのでしょうか?
これに金沢情報のクーポンを使って味噌漬け味玉をトッピングしてもらいます。
もちろん平日昼は無料になる大盛りにしましたよ。
なおニンニクの有無も聞かれたのでなしでお願いしました。
仕事あるからね><



待ってる間ふと横に目をやると麺箱には「四之宮商店」と書かれてあります。
製麺業者さん変えたのですかね。
調べてみると神奈川県平塚市にある平成25年に創業したところのようです。
他の家系に卸す製麺所から独立されたのでしょうか?



10分ほどで出てきました。
スープが丼の縁からあふれそうなほど。

それではいただきます。
スープは八丁味噌と信州味噌をベースに香味野菜を加え、これがこちらの看板である濃厚な豚骨スープと見事なまでにブレンドされています。
ピリッとしながらもどこかマイルドな感じが残り生姜餡やマー油も溶け込んでたまりません。
欲をいえば生姜餡はもう少し生姜を利かせてもよかったかも。

麺はやや平打ちの太麺ストレート。
意外となめらかな麺で舌に吸い付きそうな感じ。
スープもよく吸ってこれはいい麺です。
製麺業者を変えたのは正解でしたね。



デフォの具は大判の角煮チャーシューがどーんと一本に海苔が3枚、角切りチャーシュー、メンマ、うずら卵、もやしとキャベツの野菜がたっぷり。
あまりのボリュームに吟二郎の味噌味かよ、って思いましたよ。
角煮チャーシューは厚さ1cm以上はあり炙ってあるもの。
ちょっとパサつき感はありますが食べごたえバッチリです。



味噌漬け味玉はほんのり味噌味がついています。
囓るといい色がついた黄身がとろーり。



麺を大盛りにした上、トッピングが盛りだくさんなのでかなりお腹がふくれました。
トシですかね、胃袋が小さくなったことを実感しました。
それにしても毎回見事な限定メニューを出す吟とんさんには脱帽です。
次回作が早くも気になっちゃいますね。


お店の詳細:
住所 金沢市神宮寺1-17-17
電話番号 076-225-8422
営業時間 11:00~15:00、18:00~22:00
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神楽さんにてビオワインと中華料理を楽しんじゃいました

2014-12-08 21:11:11 | その他外食
去る11月29日の晩のことになりますが「自然派ラーメン 神楽」さんにてビオワインと中華料理を楽しむ催しがありました。
聞いただけで夢のような会になんと私ごときが参加させていただくという栄誉にあずかったので喜び勇んで行ってきました。

なぜ私がこんな会に参加できたかというとこれに先立つこと何日か前、ワインをフルボトル空けたとツイートしたら神楽さんのご主人から「そのうちいいことあるかも」とリプライがあり、その数日後石川県ラーメンブロガーの重鎮ノブさんから「神楽さんでビオワインと神楽さんの中華料理を楽しみませんか」とお誘いをいただいたのです。
なんでもつぶやいてみるものですw

で当日夜7時神楽さんへ向かうと店の前に人が集まっております。
今回の会に参加される皆様、私を入れて8人になります。
ノブさんをはじめドリームさんや富山からお見えになったあみの3さんなど錚々たる顔ぶれです。
ツイッターを通じてお友達になったわんふるさん以外とはどこかのお店でお見かけしたことあるかもしれないのですがこのようにお会いするのは初めてなので緊張します。

お店に入るとご主人が準備をされておりました。
ラーメン店を始める前は長年中華料理店の料理人をされていたとのことで今回無化調の中華料理をふるまってくださいます。
なんとも楽しみではありませんか。

そしてもうひとつの楽しみビオワインです。
ビオワインとはできるだけ自然に近い状態で製造されたワインのことで無農薬のブドウを無添加で作られるものだそうです。
昔パリに旅行した時飲んだことがあったような?
今回は野々市のワインショップ「クラ印」さんが用意された白3本、赤2本の計5本をいただけるとのことです。



今回のお品書きです。
ご主人の手書きによるもので達筆です。
読んだだけでよだれがでそう。



まずは白ワインで乾杯。
これがとっても口当たりがよくてすっと入ります。



料理はまず前菜5点盛りから。
サーモンの昆布〆、能登牡蠣のオイル漬、鴨と豚のチャーシュー、味玉です。
どれも手がこんでいてさすがの味わい。
きりっとしたワインとよく合いますわ。



続いては珠珠団子。
外皮の部分がもち米で包まれている焼売です。
これがモチモチアツアツで気分はほっこり。
ワインは2杯目にいっちゃいます。



3品目は蟹肉豆腐。
餡に今が旬の香箱ガニの身がたっぷり入っていて幸せです。
行儀悪いかもしれないけどごはんにぶっかけて食べたい。



赤ワインに切り替えて次はエビチリソース煮。
天然の大正海老を使っていてその身はぷりっぷり。
生姜がいい塩梅で利いててこんなにうまいエビチリを食べたの初めてです。
本当に無化調でここまで味を引き出せるとはさすがとしかいいようがありません。



料理はまだ出てきます。
炭火焼チャーシューの盛り合わせ、豚と牛の2種類です。
もうここの炭火焼チャーシューが食べられるだけで幸せいっぱいです。
やっぱ最高だわ!
牛のチャーシューはもうローストビーフのようで口の中でとろけていきます。
これはしっかりした赤ワインとの相性が抜群です。



最後は牡蠣炒麺、能登牡蠣と有機野菜のあんかけ焼きそばです。
牡蠣の旨みがよく出ていて自家製の麺と見事なまでに絡み合っています。
最後の最後まで楽しませてもらえました。



いや、本当に素晴らしかった。
飲んだ食べた、もう大満足としか言いようがありません。
ワインは全然酔いが残らず翌日も胃が全然もたれませんでした。
ビオワインとビオ中華のすごさを実感しました。

なお神楽さんでは事前に8名以上で予約すればこのような中華料理のコースを出していただけるとのことです。
お値段はひとり5千円からとのことですが食べる価値は大いにありますよ。

夢のような夜を楽しませてもらいました。
とてもおいしい中華料理を作っていただいた神楽さん、口当たりの良いビオワインを用意していただいたクラ印さん、ありがとうございました。
そしてお誘いいただいたノブさんはじめご一緒させていただいた皆様、とても嬉しかったです。
あっという間に時間がたち名残惜しかったです。
皆さんともっとラーメン談議したかったです。
また機会がございましたらぜひ誘ってくださいm(_ _)m
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2015年1号

2014-12-07 22:36:00 | 週刊少年チャンピオン
ひと足早く新年ですね。
2015年もわたるん先生酷使の年になりそうです。


(巻頭カラー)「弱虫ペダル」
いろは坂を制したのは真波。
勝負とは残酷なものよのう。
努力の人手嶋は燃え尽きて倒れそうになったところに坂道が追いついてセーブ。
まだ1日目は終わってないぞ。

「Gメン」
すっかりG組になじんでいる勝太w
小沢先生お得意のブスキャラでもお構いなくキスできるイケメン瀬名さん最強ですわ。
それにしても面白いな、小沢先生やっぱこういう路線のほうが合ってますよ。

「刃牙道」
斬ってはおらん…圧しただけ、って武蔵さん無茶苦茶すぎです。
それにしても愚地独歩が哀れすぎて泣けてくる。
今まで渋い位置づけだったキャラをこういう扱いにするのは悲しい。

「実は私は」
委員長も強制送還されずにすんだのでお花見。
痴女ジュースとステルスロシアンによって朝陽以外のメンツが危険な状況に。
そこにまさかのまじかる☆あかりん第2話ですよ。
すごいぞ中年!

「鮫島、最後の十五日」
さらに磨きをかけた飛天翔の突き。
これが最後の突っ張りと全力をかけてくると鮫島にも思いは伝わる。

「ハリガネサービス」
敵の監督まで目を見張る下平のサービス。
裸足でコート入るのってありなんだ?

「鉽力のアーチスト」
練習試合の相手は俺様エース。
安保先輩一番打者っていうのは面白い。

「毎度!浦安鉄筋家族」
仁の家がイカ臭いのは間違いないですが知らない人が読んだらちょっと卑猥。

「兄妹」
妹の下着を見るとはやばいお兄さんですねw

「囚人リク」
遠い目をするレノマを見捨てられずヘリから飛び降りるリク。
この展開は予想だにしなかった!
本当この作品は毎週続きが気になるわ。

「黒虎」
フードを被った男、キッドはもしかしなくても虎徹の兄?
それにしても佐之助も食えない男だわ。

(最終回)「ウチコミ!!」
やっぱ純ちゃんたちも柔道始めたのね。
お疲れ様でした。
ゆっくり休んだらゴラクの「やわらか」、ページ増やしてください。

「チカカラチカ」
正式に来年1月1巻発売出たか。
ツクモモモも載せるなら買ってもいいよ。
チカツーが貧乳すぎて泣けた。


次号、じゅりな。
弱ペダ3大付録。
タップから出張4作品。
青春部活動ってなんなんだ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加