咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

味噌まぜそば(中)@NOODLE KITCHEN TERRA

2014-01-31 20:04:05 | ラーメン
今日は午前中外出することになったのでお昼を食べて職場へ戻ることに。
で気になる限定メニューがあるこちらへ寄ることにしました。



工大前にある「NOODLE KITCHEN TERRA」さんです。
今年初訪問になります。

着いたのは11時の開店直後。
ドアを開けようとすると鍵がかかってます。
今日はお休みだったかな?と思いつつガチャガチャ引いてると中から奥様が開けてくれました。
あーびっくりしたあw

お店に入って座ると奥様が申し訳なさそうに「今日は『気まぐれ鶏白湯』はないんですよ」と言われましたが私のお目当ては違うものなので気にしませんよ。
壁にかかっているホワイトボードを見たら『味噌まぜそば』(小800円・中880円・大980円)が書いてありますね。
これが食べたかったんですよ♪
てなわけで中でお願いしました。





私の後からは3人お客さんが見えられました。
鶏白湯なくて残念そうにしてらっしゃいました。
どんなもんか今度食べてみようかしら。

7分ほど待って出てきました。
白いお皿の上に白い丼が載って中のまぜそばが映えて見えます。
あと味変用の酢、ラー油、ガーリックパウダーの入ったかごも出してくれました。



トッピングは真ん中に卵黄があってその周りに刻みチャーシューが豚と鶏の2種、角切りメンマ、生野菜、ねぎと白い四角いものが。
なんじゃらほいとつまんでみるとなんと卵白を焼いたものです。
しかもいい焼き加減でふわふわしておいしい。
生野菜はサニーレタス、わさび菜、紫玉ねぎと入っていて色鮮やか。

まずは混ぜずに麺を食べてみましょう。
中太でややウェービーな麺はもちろん自家製麺。
もちもちしてる上に味噌ダレがしっかりとしみこんでいてしかもアツアツでおいしくいただけます。
味噌ダレの味噌は白山市中宮温泉の温泉水で仕込んだ「霊泉味噌」を使っているとのこと。
まろやかな味わいで意表をつかれました。

そして黄身を割りほぐして混ぜ混ぜ。
具材は細かく刻まれているのでまぜやすいですね。
すると黄身がいい具合に麺に絡みつき味噌ダレの味わいが一層やさしい感じに。
こりゃうまいわ!
生野菜が味噌で甘ったるくなりそうなところをさっぱりさせてくれます。



半分以上食べたところで酢をたらーり。
ちょっと締まった感じになりました。
もちろん入れずに最後までいっちゃってもいいと思います。

一心不乱にいただき味噌の大豆粒も残さず平らげました。
味噌味のまぜそばというのでてっきりぴりっとした味わいになるかと思いきやこんなマイルドな味でいただけるとは思いもよりませんでした。
さすがはTERRAさん、とても研究熱心です。
帰り際ご主人にごちそうさまと挨拶して仕事に戻りました。
おかげさまで午後は気持ちよく仕事できましたよ(^_^)v


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘9-20 扇が丘ビル1F横
電話番号 070-5062-5037
営業時間 11:00~14:00(L.O.13:30)、17:30~20:00(日・祝日は昼のみ営業)
定休日 月・木曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海老味噌とんこつ+海老香る葱油@らーめん 池田屋 金沢工大前店

2014-01-27 21:17:50 | ラーメン
昨日我が家のBDレコーダーに”SYSTEM ERROR”の表示が。
修理に出したらHDDのデータ消える可能性大とのこと。
プリキュア最終回まだ見てないのに~(ToT)
そんなわけで落ち込んでおります。
少しでも気を紛らせようとこちらへやってきました。



昨年末以来1ヶ月ぶりの「池田屋」さん。
Twitterで限定のトッピング『海老香る葱油』(100円)を出すとつぶやかれたのでなくならないうちにと訪問です。
そういや店長さんブログも始められたんですね。

開店1分前に着いたら先に待ってる人が。
すかさず私も並んだらその後にまた人が。
さすがの人気ぶりです。

開店して順番に食券購入。
今日も冬期限定の『海老味噌とんこつ』(プチは750円)にしました。

厨房の上にホワイトボードが掛けられていてあることを確認。
カウンター上に食券と150円を出して小の葱油トッピングでとお願いしました。
のんびり気長に待ちます。



先に期待の海老香る葱油が小皿で出てきました。
海老から抽出した油にみじん切りにした葱がたっぷり盛られその上に桜エビがトッピング。
試しに一口食べてみると海老と葱の香りが見事にマッチしてこのままでもいけるくらい。



15分くらいしてニンニクコールがあったのですが仕事の合間なのでなしでお願いしました。
スタッフのお姐さん(店長さんのブログによると”おかぁちゃん”だそう!)によると香りが飛ぶから入れない方がいいそうです。

そしてようやく海老味噌のお目見えです。
具は前回と同じく大ぶりのチャーシュー、野菜、海老、チンゲンサイです。

まずはスープを。
相変わらず海老のコクと味噌の芳醇な味がよく出ています。

麺は平打ちの細麺。
やはりこの麺は食べやすくてうまい。
海老味噌とんこつの場合、食券に細麺用の洗濯ばさみをつけなくてもデフォで細麺にて提供されるようです。

途中で葱油を投入していただきます。
海老の香ばしさが増してなんともすばらしい。
海老好きにはたまらない味です。



わしわしと食べて完食。
店長さんとおかぁちゃん、ごちそうさまでした。
最近小でもきつくなってきたな。
でもプチにしたら物足りないと思うかも。

海老香る葱油、美味しゅうございました。
レギュラーのラーメンに合わせてもおいしいと思います。
早くなくなる可能性大なので食べてみたい方はお急ぎください。


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘5-3
電話番号 不明
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2014年8号

2014-01-26 07:07:00 | 週刊少年チャンピオン
表紙もきついが裏表紙に指原がいてもっときついぞ。


(巻頭カラー)「バチバチBURST」
右上手を取ろうとする闘海丸に対してブチカマシでかわすしかない鯉太郎。
そこに常松が叫ぶ。
すっかり空流の一員になったな。
我に帰った鯉、吽形さん直伝の技を繰り出して守りから攻めに転じる。
熱いぜ!

「弱虫ペダル」
頭脳の手嶋対体力の古賀、最終勝負。
手嶋は才能が無いから努力するしかないっていうが決してそんなことはないぞ。
青八木は手嶋の勝利を信じているからこそ応援するんだ。

「侵略!イカ娘」
ゲーム廃人まっしぐらの栄子。
ゲームしないんでわかんない。

「名探偵マーニー」
扉でマーニーが歌っているの演歌っぽいな。
震えるマーニーもまたカワユス(^_^)

「囚人リク」
刑務所内にも鬼道院のスパイが。
当然といえば当然だが緊迫感が続くなあ。

「実は私は」
みかんさんのターンか。
朝陽の貞操が危ないwwトップレスは刺激的すぎるぞwww
相変わらずニヤニヤしながら読んでしまうのでコンビニで立ち読みする際は気をつけなくてはならない。

「聖闘士星矢 ND」
一輝の鳳凰幻魔拳とデストールさんの桃尻爆弾(ピーチボンバー)でフェルメールを死界へ追い落とす。
この2人なかなかいいコンビだよな。
そして次号でいったん終了。

「ドカベン ドリームトーナメント編」
北の狼南の虎なんて懐かしすぎて30代以下の読者にはついていけないと思う。

「ペーパードライバー」
なぜ白窓さんが魔王退治にこだわるのか明かされる。
なんとも悲しすぎる話やんか(ToT)
この作品突然シリアスになるから油断できん。

(最終回)「777 スリーセブン」
俺達の戦いはこれからだパターンでまとめるしかなかったか。
小沢先生の作品はナンバデッドエンドあたりからダークな感じになってきつい部分がある感じ。
昔みたいに下品でバカ明るい作風がいいんだけどなあ。
そろそろ青年誌に移行するときかな?
お疲れ様でした。


次号、巻頭カラーはクローバー。
バキ新シリーズ再開日発表にスリーマッスルズ第2弾発表と熱すぎるッ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩そば@麺屋 衣歩

2014-01-25 16:09:20 | ラーメン
今日は藤江にある「パン工房バビロン」さんまでパンを買いに行きました。
ここのパンは我が家のお気に入りなんです。
で、せっかくなのでお隣にある「衣歩」さんでラーメンを食べてくことにしました。



お店に入ったのは午後2時7分頃。
今日もご夫婦での営業です。
先客は3名、後客なしと時間も時間だけに落ち着いて食べることができますね。

一応メニューを見ますが『いぶ式そば』、『和風醤油そば』といただいてるので本日は『塩そば』(680円)をお願いしました。
他の2つに比べ30円高い分期待しちゃいますw



BGMにKARAが流れる中待ちます。
といっても5分も待たなかったんですが。

黄金色に輝く澄んだスープが食欲をそそります。
ではいただきましょう。

スープは淡麗ながらも魚介だしがしっかりと出ていていいコクが出ています。
やさしいながらも深い味わいで個人的には好きな系統です。

麺は和風醤油そばと同じ細麺です。
全粒粉で小麦の風味がいいですね。
でも和風醤油そばの時に感じた日本そばのような感じがしなかったのはスープの影響なのかな?

具はチャーシュー、海苔、きくらげ、ねぎです。
チャーシューはほろりと身が崩れるほど柔らかくなっています。
きくらげは細切りになっていてこりこりした歯ざわりでお気に入りです。

麺とスープのバランスがとてもよくするするとのどを通って行きます。
なのであっけなく食べちゃいました。
もちろんスープも完飲です。

ごちそうさまでした。
おいしい上に今日も奥様の声に癒されて満足です。
でも開店して半年たったんですからそろそろ夜の営業始めてくれませんかね?


住所 金沢市藤江南3-168-16
電話番号 076-266-1412
営業時間 11:30~14:30
定休日 日曜日(当分の間)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シビレ麻婆麺@麺や 神やぐら

2014-01-24 19:40:00 | ラーメン
今日は春が来たかのようなぽかぽか陽気。
午後から外出したのでお昼はこちらで気になってたこれを食べてきました。





久しぶりの「神やぐら」さんです。
期間限定の『シビレ麻婆麺』(800円)です。
辛いの苦手なほうなんですが麻婆豆腐は好きなんですよ。

着いたのは午後1時10分ごろ。
店の前の駐車スペースが空いてたので車をすべりこませます。
食券を買って席に座ってから渡します。
ニンニクの量を聞かれたので少なめでお願いしました。

お店は神力舎から戻られた店長さんといつものおばちゃん、もうひとりの女性スタッフの3人体制。
お客さんはテーブルは埋まってましたがカウンターは半分以上空いてる感じの入り具合。

ゆっくり本でも読んで待つかと思ったら注文から4分ほどで出てきました。
見るからに辛そうです。

意を決していただきます。
まずはスープを。
唐辛子や山椒が利いてピリッとしますね。
でも思ったよりきつくなくてこれなら安心して食べられます。
餡のとろみは控えめです。

麺は細麺ストレート。
だから提供が早かったんですね。
もちろん自家製麺、小麦の味わいもよく出ています。
餡にもよく絡んで辛さを程よく中和しておいしいです。

麻婆の餡には絹ごし豆腐と角切りチャーシュー、白ねぎのみじん切りが入ってます。
その上には小口切りの青ねぎとみじん切りのニンニクがのってます。
表のターポリン看板には挽肉と書いてありましたが変えたんですかね。
でもチャーシューがとろりとして餡との相性は悪くないです。

そしていっしょに注文したライスの上に具をぶっかけてミニ麻婆丼にしていただきます。
行儀悪いけどこれやって正解!
ピリ辛い麻婆豆腐と白いライスはかくも合うものなのかと再認識。
平日の15時までは通常100円のライスが50円になるというのもうれしいですね。



さすがに汁を完飲とまではいきませんでしたがごちそうさまでした。
その名のとおり唇がしびれてひりひり。
でも胃腸はそんなにきつく感じず見た目より食べやすいと思います。

24時までの通し営業になったんですか。
これはますます便利になったなあ。




お店の詳細:
住所 金沢市元菊町17-13
電話番号 076-221-0044
営業時間 11:00~24:00(日・祝日11:00~23:00)
定休日 なし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡蠣ブラックラーメン@自然派ラーメン 神楽

2014-01-23 20:15:30 | ラーメン
昨日は職場の新年会があったのでちょっと疲れ気味で出勤。
その上決裁先から書類が間違ってるので直しに来いと連絡があって精神的にもダウナー↓
まあ直しに行った帰りにうまいラーメンでも食べて元気づけようとこちらを訪問しました。



昨年末に”中華そば”から”自然派ラーメン”へと店名の頭を変更した「神楽」さんです。
先日限定で”『牡蠣ブラックラーメン』始めました”とツイートされてたのが気になったのでこれがお目当てです。

開店10分前にお店に到着するともう並んで待ってる人がいるじゃないですか。
慌てて私もその後ろについて開店を待ちます。
そして定刻どおり開店してお店の中へ。

カウンターの奥の席に座って黒板をチェック。
日によってはないかもとのことらしいのですがちゃんと『牡蠣ブラックラーメン』(900円)が書かれており一安心。
さっそく店主さんにお願いしました。



今日は店主さんと女性スタッフ2名体制。
お客さんは次から次へとやってきて開店10分もたたずに中待ち発生という人気ぶり。
いつもながらすごいなあと感心するばかり。

注文してから10分ほどでトレイに載せられ出てきました。
今日も湯気がよく立っています。

それではいただきます。
ブラックと書かれているからてっきり富山ブラックみたいに真っ黒なスープかと思いきや濃いめの醤油スープって感じです。
飲んでみると牡蠣の味わいがしますが醤油のくどさが少し勝っているかな。
なんか細かいものが浮いているなと思ったら背脂のようです。
そして唐辛子も入っていて舌触りが少しピリッとします。

麺はおなじみ自家製麺。
ぷりぷりしていてスープとの絡みもバッチシ、相変わらずおいしいですね。

具は炭火焼きチャーシュー、穂先メンマ、海苔、かいわれ、ねぎ。
そして能登産の牡蠣の身が3粒。
これは生牡蠣を63℃で50分殺菌味付けしたというもの。
小ぶりですが身が引き締まって口の中に入れると旨みがじゅわーっと広がります。
飲み過ぎで疲れた肝臓も回復しそうw



食べていると額から汗が噴き出てきます。
でも体の悪いものもいっしょに出ているような爽快感です。

おいしく完食、ごちそうさまでした。
一昨日いただいた「秋生」さんの『牡蠣そば特盛り』とはまた違った感じでおいしくいただけました。
食べた後いつまでも体がぽかぽかで車の窓開けて職場に戻るくらいでしたよ。

新しい名刺もいただきました。
自然派ラーメンの響き、いい感じです(^_^)v




お店の詳細:
住所 金沢市寺町1-20-10
電話番号 076-280-5010
営業時間 11:30~14:30、18:00~20:30
定休日 月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2014年7号

2014-01-22 06:46:35 | 週刊少年チャンピオン
シュワちゃんにチャンピオンのことどう説明したのだろうか?


(巻頭カラー)「囚人リク」
おじさんこと藤本巡査が殺されたのは鬼道院の悪事を追いつめていたからだと田中から聞かされたリク。
あまりにもつらい事実に今は泣くことしかできない。
なんともやるせないのう…瀬口先生話作るの上手すぎる。

「侵略!イカ娘」
いまさらゆるキャラになってどうするでゲソ?
大晦日の紅白にくまモンやふなっしーと一緒に出るに決まってるじゃなイカ!
イカ大王と共演できる日は近いぞ。

「弱虫ペダル」
2年前のIH、リタイアした金城の穴を埋めようと無理して走った末落車。
あまりにもむごい最後なだけに古賀は今年にかける理由があった。
これを手嶋は受け止めたんだな、いい奴だ。

「実は私は」
スコ…睡眠導入装置性能悪すぎww
ドキドキする白神さんがかわいすぎてニヤニヤが止まらんかった。

(短期集中連載)「めいきんぐ!」
ちょっと好き嫌いが分かれそうな作風かな。
3週とのことでどうまとめるか期待。

「バチバチBURST」
立ち合いブチカマシで勝負にかける鯉太郎。
それに対してカチ上げて右を取ろうと考える闘海丸。
どっちも正々堂々、いい勝負見せてもらおう。

「聖闘士星矢 ND」
フェルメールに操られ聖衣もヅラも飛ばされるデストールさん。
まさかここで死ぬのかと思ったところで一輝が戻ってくるとはお約束でもうれしいね。

「3LDKの花子さん」
最後のページが哲弘先生らしくて好き。

「777 スリーセブン」
間宮が姿を消して2年、リア充な学校生活を過ごしていた優希の前に通り魔が。
いやあ包丁にブリーフって深川通り魔事件の軍司ちゃんだよ。
てか次号最終回っていきなりやな!
おそらく編集部から打ち切り通告受ける前に小沢先生自ら終わらせようと考えたんじゃないかね?


次号、ゴーリキーさんをdisった元坊主がグラビアか。
巻頭カラーはバババ、大相撲初場所が盛り上がらんだけにここは熱くいってほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡蠣そば特盛り(大)@中華そば 秋生

2014-01-21 16:18:10 | ラーメン
今日もお休み。
なので月曜定休の「秋生」さんでお昼をいただくことに。
冬の味覚のひとつである牡蠣、この牡蠣の煮干しを使った中華そばを限定で出しているとのことで楽しみです。



開店直後に到着、入ったら2番客でした。
お店は店主さんと女性スタッフ2名での営業です。

メニューを見るとありました。
トッピングの違いで『牡蠣煮干しそば』(並750円・大850円)と『牡蠣そば特盛り』(並950円・大1050円)の2種類。
『牡蠣煮干しそば』はねぎ、鶏ちゃーしゅー、メンマ、春菊、ゆずがトッピング、『牡蠣そば特盛り』は広島産大粒牡蠣が2個、ねぎ、舞茸、鶏ちゃーしゅー、春菊、もち、ゆずとなっています。
ちょうど今日は給料日なのでここは奮発して『牡蠣煮干しそば』を大でお願いしました。

後からも続々お客さんはやって来てあっという間にほぼ満席状態に。
いつもながら凄い人気ですね。
と思っていると10分あまりで出てきました。

湯気が立ち牡蠣の香りがふんわり漂ってきます。
それじゃあいただきますか。

牡蠣煮干しを使った醤油スープをごくり。
口の中いっぱいに牡蠣の風味が広がっていきます。
こりゃうまいぞ!

麺は中太ストレート麺ですね。
コシはもちろん、小麦の風味がしっかりと出ていてスープとの絡みも上々。
大盛りにして正解でした。

トッピングは先に紹介したとおり。
鶏ちゃーしゅーは低温調理されたものでしっとりと柔らかくておいしいです。
おもちは薄切りのものが添えられていてスープに浸すと柔らかくなるタイプ。
そして牡蠣の身ですがこれがもうぷりっぷりでかじるとじゅわっと牡蠣の旨みがあふれてきます。
トッピングされた春菊やゆずが牡蠣の苦味を和らげてくれます。



牡蠣のエキスを逃してなるものかとスープも全部飲み干しました。
う~んおなかいっぱい!
牡蠣の滋養でなんだか元気になったような気がします(^o^)
今日もごちそうさまでした。


お店の詳細:
住所 金沢市米泉町1-64
電話番号 076-227-8208
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:00(水・木・日)、18:00~22:00(金・土)
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀匠メン@寿し龍

2014-01-20 17:34:00 | ラーメン
3連休の後6連勤でようやく今日はお休み。
さて今日のお昼はお寿司屋さんでラーメン食べてきました。
え、寿司屋で?とお思いでしょうが昨年末、ランチタイムにおいしいラーメンを食べさせてくれるお寿司屋さんがあると聞いたのですよ。
といってもくら寿司じゃなくてお皿が回らないちゃんとしたお寿司屋さんなのでちょっと緊張しましたよ。

そのお寿司屋さんとは野々市にある「寿し龍」さんです
11時半の開店直後に到着。



たしかにお店の前に『銀匠メン』と写真入の看板が出ております。



もつ煮込みうどんもおいしそうですね。



玄関を開けてお店に入るとご主人が電気もつけずに仕込みの真っ最中。
おそるおそる「ラーメンを食べさせてくれると聞いたんですが?」というと「ちょっと待っててね」とおっしゃって店の奥に入っていきました。

とりあえずカウンターの席に腰掛けて待つことに。
たしかにネタケースがあるし間違いなくお寿司屋さんですね。
なぜか壁の絵は熱帯魚ですがw





私が入店した直後に奥様がやってきてセッティングしてくれました。
お寿司屋さんだけにお冷じゃなくあがりなのがいいですね。



待つこと13分、ご主人が奥から銀匠メンを持って出してくれました。
確かにこれはラーメンですよ!

それじゃあいただきましょう。
透明感あふれる金色に輝くスープを緊張しながら啜ります。
なんと牛のスープじゃないですか!
ご主人に聞くと北海道産の牛肉と野菜を数種類使ってとったスープだそうです。
なんとも牛のコクがよく出ていて和風コンソメといっていいくらい芳醇な味わいです。

麺は細麺のストレート。
こちらもコシがあってしっかりしたいい麺です。
ずるずるいけちゃいます。

具はチャーシューじゃなくて牛ロース肉、メンマじゃなくて”金匠”と焼印されたたけのこ、味玉じゃなくて卵焼きです。
どれもしっかりと手が加えられていておいしいですね。
あとはわかめとささがきのねぎが入ってます。



でなぜか銀匠ならぬ金匠の焼印、この名前どっかで聞いたような?
そう、昨年11月に片町にオープンした「金匠麺」さんと同じですね。
たずねてみるとあちらをやってらっしゃるのは息子さんのようなもの(お弟子さん?)だそうで、材料などは全部こちらのを持っていって使っているとのこと。
それで謎がとけましたね。

一心不乱に食べているとなんとネギトロ巻も出てきました。
これがまたしっかりとマグロの身をたたいてあって口の中でとろけるうまさ♪
たまらんのお(^o^)



それにしてもなぜお寿司屋さんのラーメンなのに魚介系じゃなくて牛肉でスープをとっているのか?
気になってご主人に聞いてみたら以前は鯛を焼いて帆立などと合わせてスープを取っていたそうですが味が強すぎて若い人には受けないからと試行錯誤して現在のスープになったそうです。
いやー、焼いた鯛のスープでも食べてみたかったなあ。

スープも全部飲み干し、ネギトロ巻ともどもごちそうさまでした。
すっごく満足しました。
でお会計なんですがこれでたったの750円ですよ!
思わず「安い!」と口にしてしまいました。

おいしかったのはもちろんですがご主人がとても気さくで優しい人柄なのが気に入りました。
これなら普段回らないお寿司屋さんに行くことがない人でも臆することなく食べに来やすいですね。
ご主人、絶対また行きますからね!


お店の詳細:
住所 野々市市堀内5-245
電話番号 076-248-2423
営業時間 11:30~14:00(お昼のみ提供)
定休日 日・祝日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海老とん@ラーメン 吟とん

2014-01-17 19:41:00 | ラーメン
一昨日郵便受けに入っていた金沢情報を読むと久々のラーメン特集があるではないですか!
すると毎回期待を裏切らない限定メニューを出す「吟とん」さんが新春限定の『海老とん』(750円)を出しているとのことでいてもたってもいられません。
というわけで本日仕事で外出した折、行ってまいりました。



雪が舞うなか開店直後に到着。
それでもすでに先客は3人いるではないですか。
お店はまだ早いからかスタッフは男性と女性の2人体制でした。

カウンター席に座ってスタッフのお姉さんに海老とんがあることを確認してお願いしました。
金沢情報のクーポンを出すと100円引きになるのでお得ですよ。



本を読みながらしばし待ちます。
待ってる間もお客さんは次々やってきますね。

待つこと10分あまりで出てきました。
なんともにぎやかなトッピングですな。
POPの写真とはちょっと感じが違うのはご愛敬w



海老粉入りの混ぜダレが別添の器に入っています。
これをお好みでかけて混ぜていただくようです。
北陸産甘海老を焙煎して香味油を抽出したというタレは、一口味わってみると海老の香ばしさとコクが口の中いっぱいに広がってきますね。



麺は平打ちの縮れ麺です。
これは混ぜるのも容易で食べやすくていいですね。
タレもよく絡んで甘海老の風味がたまりません。

トッピングなんですが海老とんと言うだけあって濃厚エビマヨ、桜エビ、エビ揚げ玉、桜エビ玉子と海老絡みのものがいっぱい。
桜エビ玉子は外側が桜エビのきれいなピンクに染まっていて食べるのが惜しいくらい。



それ以外にも炙り極上ほぐし肉、うずら、鰹節、とろーりチーズ、ネギ、白髪ネギ、赤唐辛子と盛りだくさんで色鮮やか。
混ぜて食べるのがもったいない。
なので最初は混ぜずにお上品にいただき、後でまぜまぜしてわしわしといただきました。
混ぜると海老だけじゃなく複雑に絡み合った味わいがやみつきになりそう。
でもチーズの味はしなかったな、もしかして入れ忘れた?

ぺろりと平らげごちそうさまでした。
やはりここの限定は外れなしです。
これはまた食べたくなるな。
新春限定なのでいつまであるのかわからないから早めに再食しとかないとね。


お店の詳細:
住所 金沢市神宮寺1-17-17
電話番号 076-225-8422
営業時間 11:00~15:00、18:00~22:00
定休日 無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加