咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

週刊少年チャンピオン2012年13号

2012-02-24 21:05:31 | 週刊少年チャンピオン
ゾンビ漫画が2本になった。
バキも近いうちにそうなるかもな。


(新連載)「バイオハザード~マルハワデザイア~」
10年ぶりの週チャン連載お帰りなさいです。
ゲームしないのでどうかなと思いましたが十分楽しめました。
クリスさんが渋いです。
ゾンビはどうやって鎖につないだのかが疑問。

「弱虫ペダル」
今泉堂々のエース宣言。
その覚悟もう弱泉とは呼ばせない。

「毎度!浦安鉄筋家族」
花丸木回はなんともはや笑わせてくれるらむー。
下ネタ嫌いな弥生ちゃんはいいキャラだな。

「囚人リク」
買収が成功したと思い安堵するレノマ。
一方家族のためにニセ図面を作成する山岡。
どちらも危険な綱渡りに緊張感が増す。
あらリクは?

(センターカラー)「りびんぐでっど!」
きゃりーぱみゅぱみゅも読んでるのか?
それにしても今回はなんというパイオツハザード!
入浴シーンあり乳もみありと読者サービス満点じゃないですか。
もうこの路線で行けばもっと売れそうだな。

「侵略!イカ娘」
鮎美ちゃんがアレックスのかわりにしゃべってるセリフ見てナンバの松思い出しちゃったよ。

「バチバチ」
勝負ついた…かと思ったらまだ続くのか。
だがこの取組に国技館じゅうが涙する。
にっくき虎城親方まで見事だと言わせる吽形さんの益荒男ぶり、次号こそ決着つくはず。

「てんむす」
初代天娘が苦手なダンゴ頭はやっぱり天子のお母さんだったのね、かわいい。
その当時中学生ってことは私より少し年上になるのかな。
天子の願いごとって何だろう?もしかしてまだ登場していないお父さんがらみ?
ですの部長と烏井さんは願いがかなってよかったですの。

「ガキ教室」
シノケンすっかりパシリが板についてきたな。
そして副校長登場、いい人ヅラして実はとんでもない狸オヤジってのは定番ですな。

「ドカベン スーパースターズ編」
楽天の開幕投手なんでマー君じゃないの?と思ったら2011年シーズンだったことを忘れてた。
もう結婚でも出産でも勝手にしてください。

「空が灰色だから」
うわーまた恐い話だー!
でも読んでしまうなあ。
とりあえずお小水もらさないでね。

「シュガーレス」
がっくんお約束の白目ノビ。
ヒュウゴがやばい、止めるのはマリモかシャケか。

「さくらDISCORD」
やばいな、2巻出る前に終わりそうな予感がする。

「木曜日のフルット」
最後のコマでかしこまってるフルットがかわいい。


次号は表紙&巻頭グラビアが沙綾たん、何歳になったんだっけ?
巻頭カラーはリクと空灰のWで。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

特製ネオゴールド+九条ねぎ大盛り@此ノ夢ノカタチ

2012-02-20 14:50:28 | ラーメン
今日も晴れました。
なのでお昼は先月オープンした京都ラーメンのお店「此ノ夢ノカタチ」さんへ歩いて行ってきました。
金沢駅からほど近く、ガストの裏手のビル1階にあります。
我が家からは徒歩5、6分くらいでした。

お店に入ってまず左手に券売機があるので食券を購入します。
今日は特製ネオゴールド(680円)と九条ねぎ大盛り(150円)にしました。
あとこちらはケータイで”御ひいきさん”というのに登録すると麺増量かAセットが無料になるウェルカムクーポンが早速届いたのでAセットをお願いしました。

店内はカウンター16席と8人がけのテーブル1卓、すっきりシンプルな感じです。
スタッフは京都出身というひげが似合うご主人と御ひいきさん登録を教えてくれた女性、新人らしき男性の3人です。

注文してそんなにたってないのにラーメンが出てきました。
白いどんぶりと受け皿がきれいです。



澄んだスープは名前のとおり黄金色に輝いてるように見えます。
具はチャーシューとメンマ、たっぷり盛られた九条ねぎとその下にもやしです。
青々とした九条ねぎが食欲をそそります。

まずはスープをレンゲですくって飲みます。
京都のラーメンといえば「天下一品」のようなこってりな印象が強いのですが、メニューに「塩味ベースで酷のある男前なスープ」と書いてあるとおり。
さっぱりしていながらしっかりした味わいながらもギトギトしてなくて女性でも安心して食べられます。
これは私好みの味だなあ。

麺は細めのストレートで固めに茹でられてます。
だから出てくるのが早かったのか。
でも時間とともに柔らかくなっていくのでこれはアリかな。

具のチャーシューは肩ロースでなんだか懐かしい味わい。
もやしは具材としてこのスープによく合うな。
そして九条ねぎ、京都らしくていいですね。
さっぱりしてスープといっしょにいただくとより美味しく感じます。
風邪予防にもいいしね。

ラーメン食べるのに夢中になってたらAセットも出てきました。



ごはんとげんこつ唐揚1個、漬物のセットで普通に注文したら300円ですからうれしいですね。
ごはんはちょっと柔らかかったけど炊き立てでホカホカでした。
きゅうりのしば漬けでごはんが進む。

げんこつ唐揚がまたジューシーで美味かった。
これはビールにも合いそうだなあ。
場所柄飲んだ後の〆に来るのもよさそう。

たっぷりボリューム満点でしたが全部平らげました。
京都ラーメンの概念がちょっと変わりましたよ。
特製黒醤油ラーメン(680円)や御ひいきさん限定の牛すじラーメン(900円)も気になるなあ。
御ひいきさんクーポンが届くたびに行っちゃいそうです。


お店の詳細:
住所 金沢市昭和町12-7 金駅ビル1F
電話番号 076-223-6722
営業時間 11:30~14:30、18:00~23:00
定休日 当分の間日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サヴィニャック

2012-02-19 19:46:15 | 日記
今日は久しぶりの日曜休み。
天気も昨日までと打って変わって青空が広がってます。
なので家族でちょこっとお出かけすることにしました。
行き先は福井県の金津創作の森です。

10時過ぎに家を出発。
高速を使わずのんびりと車を走らせます。

行く途中でランチをいただきました。
片山津にあるラ・ヴィーヴさんです。
加賀・福井方面へ出かけたらよく行くビストロです。



今日は久しぶりなので奮発してコースランチにしました。
どれもこれもおいしい♪
咲ちんはピッツァランチ。
エビチリのピザをほおばって「今までの人生で一番うまいピザ」だとベタ褒めしてました(^_^)

店員さんも親切で、話の流れで今月結婚記念日だと話したらデザートにデコレーションしてくれました。



味もさることながらこのホスピタリティのよさがリピートして来たくなる理由なのです。
休日のランチはすぐいっぱいになるので予約しておいて正解だったわ。
すっかりお腹も気持ちも満足しましたよ。
また来ますね!

再び車を走らせて金津創作の森へ到着。
いやー本当に森の中にあるのね。
雪はそんなに積もってなかったです。

今回なぜここへやってきたのかというと



レイモン・サヴィニャック展をやってるからなんです。

サヴィニャックはフランスのグラフィックデザイナーでユーモラスなイラストで数多くの広告ポスターを手がけた人です。
実は私もにゃまんも彼の作品が大好きで、彼が晩年を過ごしたフランス・ノルマンディー地方の小さな港町トゥルーヴィルを訪れたくらいです。
詳しくはググってみてください。

予想以上にたくさんの作品が展示されていてすばらしいの一言。
いくら眺めても飽きません。
咲ちんも気に入ったようです。
作品を鑑賞しているうちにトゥルーヴィルにまた行きたくなっちゃいましたよ。

最後にポストカードとかたくさん買っちゃいました。
やっぱ来てよかった☆

帰りは眠気と闘いながら運転して無事帰宅。
疲れたけど楽しい休日でした。

ランチたくさん食べたのでまだお腹減らないよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2012年12号

2012-02-18 22:03:51 | 週刊少年チャンピオン
なんか物足りないと思ったら空灰が休載だったからか。
あ、スーパーバイトJもね。


(巻頭カラー)「範馬刃牙」
戦艦アイオワをたったひとりでシージャックした男、範馬勇一郎。
その技”ドレス”とは人間ヌンチャクだった。
思わせぶりな割に拍子抜けな感じがする。

「囚人リク」
刑務所の図面を手に入れようと看守を買収しようとしたが失敗したかと思い苦悩するレノマ。
一方持ちかけられた看守・山岡は借金取りにボコボコにされ、家に戻ると妻から離婚届を突き出される。
建築家になる夢をあきらめ安定した公務員になったのにどうしてこうなったと絶望した山岡は自分でニセの図面を描くことを画策する。
同じ月が照らす下、このふたりの駆け引きが非常にスリリングな展開に持っていく。

(ドラマ化記念カラー)「クローバー」
ドラマのメインキャスト発表されたけどひとりも知りませんでした。
本編はゲンゲンいい感じなセリフ回し。

「侵略!イカ娘」
イカ娘以外誰も気づかないとはたけるが不憫すぎる。
そういや今でも社会の窓って表現するのかな。
やっぱり恥ずかしいでゲソのイカちゃんかわいい。

「バチバチ」
崩れ落ちる吽形をはたきこもうとする阿形。
だが今まで苦楽をともにした思いが頭をよぎりその手は吽形を支えようとしてしまう。
それが吽形の怒りを買い、阿形に張り手を連打する。
ようやく目が覚めた阿形は情を捨てて引導を渡す。
悲しいけどようやく決着がついたか。
あ、また涙が出てきたよ。

「弱虫ペダル」
箱学を射程圏内にとらえるまで引っ張ってきた鳴子ついにリタイア。
それを受けて坂道は涙の疾走、そして今泉はエース宣言だと?

「ましのの」
室井さんのドレスを試着しようとして破っちゃう榊さんはぽっちゃりかわいい。

「りびんぐでっど!」
幼女を襲うゾンビはシャレにならん。
しゃぶしゃぶ食べ放題に来たはずなのになぜみなハンバーグステーキに見えてしまうのだろう?

「てんむす」
ラストスパートに出遅れたですの部長、涙の敗戦。
なぜこのマンガは相手のほうに感情移入してしまうんやろか。
初代天娘のBBAがおにぎり4個で優勝したのがばれて恥かき退散したのでちょっとうれしい。
やっぱ天子のお母さんがからんでそうね。

「ドカベン スーパースターズ編」
確かに高校時代のユニフォームが未だに着られるというのは大したものだ。
そんで2011年シーズンの開幕ですか、東日本大震災はどこへ?

「ガキ教室」
早朝保健室で万引したシノケンから黙ってやる交換条件としてクラスの情報を聞き出す晶。
クラス一の問題児真鍋の家庭が複雑なことを聞いて関わらないでおこうとするけれど、そうはいきそうもねえな。

「さくらDISCORD」
こんなに丘ぴょんが男らしい奴とは。
島はいつかヨッシーに刺されるな。
それにしても芽吹兄のウザさが目に付いてしょうがない。

「ANGEL VOICE」
八津野のGK皆川の前にゴールが遠い。
ぜひ権田の代わりにU-23代表のゴールを守ってくれないか。

(新人漫画賞入選作)「Secret base」
富山から上京した漫画家志望の若者が慌てて契約した格安物件は公衆便所の個室だった。
夢の実現のためそこで生活する中出会った不良中学生との友情を描く作品。
絵は荒削りだったけどなかなか面白かった。
ぜひ次回作もがんばっていただきたい。
ゲイカップルの「テメーも交われや」には参ったわ。

(最終回)「デザートローズ」
え、単行本1巻出たばっかなのに最終回?先週号にそんなこと書いてなかったやん!
また秋田書店やってくれたなあ。
おれたちの戦いはこれからだ…どころかまだ始まってないじゃん。
郁の双子のお姉さんもまだ出てないのに。
吉井さんの劇的なホームランで甲子園出場を決めるとこが見たかったのに。
2巻は出ないだろうなあ。
鷹見先生、これにめげずがんばってください。
お疲れ様でした。

「木曜日のフルット」
無職のおねえさんは本なんぞ買っちゃいけません。
図書館で借りてこいよ。


次号から新連載攻勢。
第一弾は猿ロックの芹沢直樹先生による「バイオハザード マルハワデザイア」。
15号から鈴木央先生の「ちぐはぐラバーズ」が帰ってくる!
4月発売号から噂になってた竹下けんじろう先生の「スポ×ちゃん!」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極煮干そば@中華そば 響

2012-02-14 13:29:15 | ラーメン
今日は聖バレンタインデーとかいうチョコレートをもらう日だそうですが非モテな私には無縁でございます。
ですが2月14日は「煮干の日」でもあるそうです。
なんでも1を棒に見立てて”にぼし”って読むそうな。
そんなわけで美味しい煮干そばを食べさせてくれる野々市の「中華そば 響」さんへ向かったのでありました。

11時30分の開店と同時に車を駐車場にとめました。
それでもすでに車の中で待ってた人が。
お店に入ろうとしたら出入り口の引き戸にこのような貼り紙が↓



さすが煮干そばをウリにしてるだけあります。
数量限定しかも本日のみ、これを食べずにいられるか!

店内に入ってカウンター席に座ってさっそくこの極煮干そば(750円)を注文し、開店一周年のときいただいた煮玉子無料券を出しました。
それとランチタイムは50円になるごはん(小)もね。

店内にも極煮干そばの貼り紙があったので説明書きを読みながら待ちます。
一杯につき50g以上の煮干を使用とありますが果たしでどんな味なのでしょうか。

5分くらい待って出てきました。
スープの色が黄金色に輝いております。
香りも煮干たっぷり使いました、ってすぐわかるくらい漂います。
さっそくレンゲですくって味わいます。

おおっこれは煮干の味がガツンとするよ。
かといってくどすぎず渋すぎず絶妙なバランスで味わい深いダシが出ています。
この煮干の味を出すために節や豚骨は控えめになっており、年とともに衰えてきた私の胃袋にはとってもいい具合の味になっております。

このスープ、麺にもしっかりと絡んできます。
そしてチャーシューはより香ばしく、煮玉子の黄身はよりねっとりとした味わいに感じられ、素材のよさが引き立ちます。
ごはんも進むよー。

もちろんあっという間に完食しました。
スープも全部飲み干しましたよ。
だしをとった煮干の粉末が沈殿していて、これも食べたらやっぱり美味しかった。

お会計の際、また煮玉子無料券いただきました。
ありがとうございます。
近いうちにまた行くと思います。

本日限定だなんてもったいない、ぜひレギュラーメニュー化してもらいたいところ。
仕込みに手間がかかったり採算が合わなかったりするのかもしれませんがぜひともお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2012年11号

2012-02-11 10:38:13 | 週刊少年チャンピオン
ブラック・ジャック原案使用感動の医療体験談募集だと。
どこまでB・Jで儲けようとするんだ。
とはいえ誰が作画担当するのか気になるな。


(巻頭カラー)「バチバチ」
全力で投げ飛ばそうとする阿形を押さえ込む吽形。
一瞬の隙をついて反撃に出たそのときついに膝が限界を超える。
このまま崩れ落ちるのか。
あまりにも悲しいシーンに言葉が出ない。

「侵略!イカ娘」
砂浜を脅威のスピードで走る早苗がスケートすべれないとは。
丸井ふたばを思い浮かべたのは私だけじゃないはず…みつどもえ~(泣)

「弱虫ペダル」
第3回キャラ人気投票ねえ、4位予想は荒北さんでお願いします。
アームストロングクライムで鳴子が駆け登る。
だがその代償として鳴子の視野が狭まってきた。
涙ながらに声でナビする坂道。
そのがんばりでついに箱学が見えてきたぞ。

「クローバー」
コートを脱ぎたくなかった真木さん。
その理由は下に釣り用のベスト着てたからwww
本当に釣り好きなんだねえ。

「囚人リク」
奪還騒ぎの際釈放を要求されていた男が他の刑務所から脱獄を繰り返してきた男だと知るリク。
一方レノマは刑務所の見取り図を手に入れるためにパチンカス看守を買収しようとする。
だんだん脱獄に向けて話が進んできたなあ。

「範馬刃牙」
なんで”ONI”なのかと思ったら先週節分だったな。
まあアメリカ兵にはわからんだろうが。
で”ドレス”って技はなんだろか。

「りびんぐでっど!」
若き日の圭ちゃんママ最高じゃないか!
もうこのままぺろぺろしたい。
パパの法則は過去にいっぱい経験した結果編み出されたものなんだろうな。

「琉神マブヤー」
飛行機から手を振ってる子はひよりちゃんやないか。
水着女子になんてエロひどいことを!
今週は哲弘テイストが生き生きしてたな。

「ましのの」
朝っぱらから何やってんですかERO先生!
おっぱいチョコの型は室井さんからとったら重くなかったのかな。

「毎度!浦安鉄筋家族」
全編にわたりのり子がかわいすぎて死ぬ!
特に「なんでやねん」の表情がたまらんのう。

「空が灰色だから」
うわー今週もすげえええ!!!
何でこんな話描けるんだ?
つらいけど何回も読み返してしまうよ。

「ドカベン スーパースターズ編」
完封王子金子千尋から9回裏ツーアウトからホームラン打ってリーグ優勝決定、やっぱり山田はすごい…てか。
そんで1ページで日本一かよ。
そして岩田鉄五郎登場か、まあもう大概のことでは驚かないよ。

(最終回)「ブラック・ジャック~青き未来~」
やっぱりクロエはピノコだったのか。
なんだかんだ文句たれたがいい終わり方だったと思う。
両先生お疲れ様でした。

「てんむす」
憧れて入った以勢日輪高食い道部を再建しようやく本選に手が届くまでにした竹山田さん。
ラストスパートで勝負に出ようと思った矢先に立浪さんに先を越されてしまう。
なんという残酷な仕打ちですの!

「スーパーバイトJ」
NJのバイト時給判明、店長のおこずかいより安いとは。
これはぜひ単行本2巻買ってあげないと。

(連載100回)「シュガーレス」
ケルベロスにも100回迎えさせてほしかった。
がっくんバカだから考え方が単純すぎてかえって気持ちいいな。

「ハンザスカイ」
財前vs能登、小学生時代の因縁対決。
能登は転校繰り返してきた寂しさひきずってるのね。

「さくらDISCORD」
ノ宮の家庭がいちばん複雑な事情を抱えてたなんて!
そして芽吹兄の逆恨みがとんでもない方向に行きそう。

「デザートローズ」
単行本出たと思ったらやばい掲載位置に。
このままだと2巻が…

「木曜日のフルット」
今回の白川先生、それ町のこぶ平っぽかった。


次号、表紙&巻頭カラーは範馬刃牙。
クローバーはドラマのキャスト発表。
新人漫画賞入選作の「Secret base」は発表時面白そうだと思ったので楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん(並)+キャベツ+味玉@横濱家系らーめん 元喜家 金沢店

2012-02-06 14:55:28 | ラーメン
ここしばらくスキー場で仕事があったり、咲ちんとにゃまんが相次いでインフルエンザにかかったりしたのでしばらく外食する機会がありませんでした。
そんなわけですっかりラーメン欠乏症になりましたよ。
なので久々の休日ラーメンランチです。

今日は横浜家系の気分だったので大額にある元喜家さんへ行くことに。
途中実家に顔出したら近所で火事があって迂回したりとあたふた。
そんなわけでお店に着いたのは11時25分頃。

お店に入ったらすでに先客が4人ほど。
券売機でらーめん並(650円)とキャベツ(100円)、ライス並(100円)を購入。
食券と金沢情報についていた味玉サービスのクーポン券をカウンター上に出しました。
ご主人からはお好みを聞かれるので麺固めでお願いしました。

相変わらず清潔な店内。
ご主人と奥様が一生懸命仕事をされてて応対も気持ちいいです。
こういうお店で食べるとよりおいしく感じますね。

5、6分ほど待って出てきました。
スープはなみなみと入ってるのでこぼれないよう注意。
いい香りが漂います。

まずスープから。
鶏油で膜がはられ、啜るとアツアツです。
今日はちょっと豚骨スープが勝ってるかな。
でもこの濃厚さがたまりません。

太麺ストレートの麺もほどよい固さに茹でられてうれしい。
個人的にはやはり固めがいいと思うんですよ。
しかもコシがあっておいしいです。

デフォの具はチャーシューとほうれん草に海苔3枚。
ねぎはスープを飲んでいくとわずかながら見つかります。
チャーシューは豚肩ロース肉の煮豚です。
海苔は兵庫県産だそうですが瀬戸内海のどこかに産地があるのでしょうか?

スープに浸った海苔や味玉にはごはんがピッタシ!
石川県産コシヒカリのごはんは並でも大き目のお茶碗で出されるので食べ応え十分。
スープをかけて食べるなんてもったいないことできないなあ。

そしてキャベツ。
ひとつかみ分くらいありそうなキャベツがかすかなシャキ感が残るくらいに茹でられて盛られてます。
緑色に映えていい彩り。
はじめキャベツの味だけだったのがだんだんスープを吸って、これはたまらない味わいです。
野菜不足を補うだけでなくかさがあるので満腹感も増強されてうれしいトッピングです。

途中で卓上にあるしょうがを入れて口当たりさっぱりと。
この季節風邪の予防にはもってこいです。
ほかにも酢やにんにく、豆板醤、胡椒があるのでお好みでどうぞ。

食べ終わったときはお腹いっぱいで苦しいくらい。
しっかり満足させてもらいました。
金沢も横浜家系のお店が増えたけどここはレベル高いですね。


お店の詳細:
住所 金沢市大額3-256
電話番号 076-296-2425
営業時間 11:00~21:00
定休日 火曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2012年10号

2012-02-05 22:33:23 | 週刊少年チャンピオン
クローバーの重大発表はテレビ東京系でドラマ化。
地方在住者なのでたぶん観る事はなさそう。


(巻頭カラー)「クローバー」
私も飯ばっか食ってスマホも使えないorz
ゲンゲンカッコよくなったなあ。
次は真木さんの出番か。

「バチバチ」
力技で攻める阿形に対して神経を集中させ技の出を先読みする吽形。
膝のリミッター解除して勝負に出る。
手に汗握る展開はまだまだ続くな。

「囚人リク」
リクを逃さんと看守の目を引き懲罰房へ入れられるレノマ。
一方レノマに生涯初の屈辱を受けた沢田。
殺した看守の同僚に拷問を受けて痛みに苦しむ。
彼もまたひとりの人間だったのか。

「ガキ教室」
生徒もガキなら教師もガキ、どう成長していくのだろう。
晶は歓迎会で元ホストの本領発揮。
私も学校の先生と何度か飲んだことありますが普段抑圧されてるのか飲むと結構大変です。
酔っ払った矢先に生徒が万引したとの電話。
電波オタク系の生徒相手にどう対応するかお手並み拝見。

「侵略!イカ娘」
私、未だに商品についてる半額シールとかはがして紙に貼るくせがあります。
イカちゃん105円だと早苗がとんで来るじゃなイカ!
清美ちゃんたちとプリクラ撮りてえ!

「毎度!浦安鉄筋家族」
息子にトラウマ植え付ける順子ママの美術センス凄すぎ。
まぐろの目玉って普通に売ってんのか?

「範馬刃牙」
勇一郎はなんで沖縄の孤島にいたのか?
彼を前線に出してたら大日本帝国大勝利ィィィ!!!ってなってただろうに。

「ましのの」
またTKBネタかい。
ましの母はおっぱい普通サイズなのな。

(連載100回記念カラー)「ハンザスカイ」
おめでとうございます。
怪我で試合に出られないもどかしさを感じる番場。
だからって代理でがんばった南にいきなりチョークはないっしょ。

「スーパーバイトJ」
主任はヨシノさんの扱い方が上手いなあ、私だったら相手にしないと思う。
さっちゃんもこんなひどい客に対して怒らないから接客業とはいえ大したもんだ。
だけどこの店どう見てもバーには見えない。

「弱虫ペダル」
今泉の心配をよそにハイペースで坂を登る鳴子。
田所のオッサンも扱いが上手い。
だがこの調子どこまで続くのか。
”仕上げ”で坂道たちを送り出すのかな。

「琉神マブヤー」
とても中学生とは思えないなごみちゃんのスタイル!しかもスク水!
ああ、ありがたや~

「りびんぐでっど!」
圭ちゃんのツンデレっぷりにあてられっぱなしだな。
もなこの笑顔に救われるわ。

「ドカベン スーパースターズ編」
セ・リーグも8球団にするんか?
それともメジャーに殴りこみかけるんか?
水島御大の妄想はとどまるところを知らんの。

「ANGEL VOICE」
私もサッカー観戦はしますがオフサイドって未だによう判らん。
なのでダーっととかガーっととか使っても責めることはできないな。
習実のちっちゃい人ホンマええお人や。

「ブラック・ジャック~青き未来~」
独裁者は法によって裁く、それが民主主義。
B・Jはそのまま眠らせて夢だったのね、ってオチにしてもいいんじゃなイカ?

「空が灰色だから」
うわガチホラーじゃねえか!
こういう系統もやるのか、侮れん。

「デザートローズ」
統征はタイラーだけでなくピッチャーもすごかった。
でもヘビメタみたいな目の周りのメイクは高野連的にOKなの?

「てんむす」
五目あんかけおこげの熱さにスローペースで進む大将戦。
立浪さんも目開けて食べることあるんだ。
お互い部長の意地で食べ続けるものの立浪半歩リード。
ですのさんは勝負に出るようだけど秘策はなさそうですの。

「シュガーレス」
メイヘムはマリモの兄だったのか。
そして父親から家庭内暴力を受けていた過去。
追い討ちをかけるように兄の暴力によって父親は死にマリモは救われる。
なんとも複雑かつ救いようのない過去を持っていたとは。
それ以上にとても中1に見えないマリモさん。

「さくらDISCORD」
丘たちの叫びについに心を開く芽吹。
なんかロミオとジュリエットみたい。
しかしそれを快く思わない芽吹兄、どんな嫌がらせを仕掛けるんだろう。

「LUCKY STRIKE」
恒実ちゃんのタマさばきスゲー!
卑劣な手使いまくりの松竹梅に衣笠流血、それでもクールに対応するあんたはホントに小学生?

(読み切り)「鈴木華子ちゃんの祝福」
これで3回目の掲載か、どんだけ沢様に愛されてるんだ。
でもだいぶ絵がすっきりしてきたな。

「木曜日のフルット」
誰だって足を長く見せたいものだよ。
フルットてばかわいいなあ。


次号は阿吽が熱いバチバチが巻頭カラー。
なんとB・J青き未来が連載再開したと思ったらもう最終回。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィールドの外で戦うイレブンにエールを 「サッカーの憂鬱~裏方イレブン~」

2012-02-03 11:34:44 | マンガ
日本人が大好きなスポーツといえばサッカー!
「野球に決まってるだろ」とか「相撲が国技だろう」とかいうおっしゃる人もいるでしょうが、とりあえずサッカーは多くの人に愛されてます。
かくいう私もJリーグ昇格を目指して悪戦苦闘している某クラブのサポーターをやっておりますf(^_^;)

そんなサッカー好きの方にオススメのマンガが発売されました。
その作品とは昨年、週刊漫画サンデーにて不定期連載されていた作品をまとめた「サッカーの憂鬱~裏方イレブン~」(実業之日本社発行)です。
著者は能田達規先生、女子高生オーナーの貧乏クラブが一部昇格を目指す「ORANGE」や弱小クラブに出向した市役所職員がクラブ経営の立て直しに奮闘する「オーレ!」など独自の視点で描いたサッカーマンガには定評があります。
どちらもいい作品なのでぜひ読んでほしい(新刊書店では探すの難しいかも?)!
また故郷のJリーグクラブ「愛媛FC」のマスコットキャラクターをデザインしたりとサッカーファンにはおなじみの作家さんです。

この作品はサブタイトルにもあるようにサッカーの試合で裏方に徹する人たちに焦点をあててます。
フィールドの上を縦横に走り注目を浴びる選手の影でよいゲームにするために全力を傾ける人たち。
収録されているのは順に審判、クラブ広報、ホペイロ(用具係)、実況アナウンサー、第3ゴールキーパー、スポーツカメラマン、通訳、ユースコーチ、チームドクター、クラブ社長、ターフキーパー(芝管理人)の11人。
決して華やかな仕事ではありませんがゲームを運営するためにはなくてはならない人たちです。

試合に負ければ選手から叱責されたりサポーターから罵られたり。
また天候や時間に関係なく何かあったら呼び出されたりとチョー激務。
どの世界でもそうですが、はっきりいってストレスたまるお仕事ばかりです。
サッカーが好きなだけではやっていけないでしょうな。
それでもチームが勝利したときの喜びを知ればこの仕事はやめられない。
職種はバラバラな裏方の11人ですがサッカーにかける情熱は選手たちに負けていません。

フィールドの裏でこんなお仕事している人たちがいるってことは解っていてもこのようなかたちで読むと目からウロコです。
ぜひサッカーが好きな人に読んでもらいたい。
とくにサッカーに関する仕事に就きたい人には必読でしょう。

あと登場するチーム名に青森マンザーノとか京都ミュートス、出雲ミストラル、下関シャークスってあるのが「ORANGE」で登場したチームなのがうれしい。
Nリーグや宮崎サンガイアは「オーレ!」だな。
能田先生ファンにとってはたまらんのう。

読んだあと私も仕事がんばろうって気になりましたよ。
もちろん試合で応援するときは裏方さんに感謝することも忘れませんぞ。

能田先生にはぜひ「サッカー漫画家の憂鬱」を描いてほしいなww
コメント
この記事をはてなブックマークに追加