咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

週刊少年チャンピオン2011年44号

2011-09-30 06:47:30 | 週刊少年チャンピオン
夢にまで見たイカ娘表紙♪
大勝利のVサインでゲソ!
右下は余計だけどな。


(巻頭カラー2本立て)「侵略!イカ娘」
1本目>
さすがの変態早苗も清美ちゃんには嫌われたくないのだな。
早苗脳内で蔑む目で見る清美カワユス。
2本目>
ケンケンパなんぞ今の子供は遊ぶのだろうか?
でも何事も真剣に遊ぶイカちゃんはいいね。
オチはちゃんと落ちてたな。

「毎度!浦安鉄筋家族」
今回のタイトルが秀逸!読んだ後で納得した。
大鉄青田君思いだなと思ったらひでー扱いよう。
顔の落書きで噴いたわ。

「範馬刃牙」
己を真似る象形拳こそ最強という勇次郎の理論に納得してしまいそう。
それに大して息子の答えは実戦あるのみ。
最後のコマは勇次郎がバキに最敬礼してるようにしか見えんな。

「ましのの」
ましのがポニテにセーラー服ってどういうこと?って思ったらオチ見て納得。
雪村さんのパンチラありがとうございます!

(ポスター付)「弱虫ペダル」
ポスター、総北が全員自転車乗ってるのに箱学は真波君以外上半身アップなのは何故に?
さて両校全員そろったわけですが御堂筋君の存在が恐ろしいものに。
一夜で心変わりするわけねえか。

「バチバチ」
土俵上の力士って観客の声って聞こえるのかな。
新寺部屋の外国人大関の四股名は天鳳というのか、東欧系ですかね。
阿形さんは吽形さんのことを考えたらこんなとこで負けるわけにいかない、果たしてどこまで上がれるのか?
最強のライバルであり親友である二人、優勝決定戦まであと二番、手に汗握るぜ。

「囚人リク」
椿の妹はレノマが手術代を出して生きていたとは。
よかったなあ。
だけど脱獄して再び会える日が来るのだろうか。
見開きで全裸の椿とレノマ、これで薄い本誰か描いてください。
これにて抗争編は終結、いよいよ新章か、話ちゃんと進展するかな。

(センターカラー)「りびんぐでっど!」
単行本の表紙インパクト大きすぎ。
アンリちゃんは学校ですっかり霊媒少女のポジションをつかんだわけだな。
この作品はもなこのセリフが面白いんだけど今回も最後の「新鮮マニア」には笑わせてもらった。

「デザートローズ」
つくづく感じるけど郁がおお振りの三橋くんにかぶってるなあ。
郁の魔球をボールひとつ受けていれば気づいたはずだといいながらも受ける前からわかった筧は何者よ。
それで甲子園どころか王者聖凛にも通用するってチームをあおっちゃってまあ。

「ブラック・ジャック~青き未来~」
手塚キャラのひげのじいさんを中山先生が描くとアヤラさんみたいになるのか、スゲーな。

「聖闘士星矢LC外伝」
サーシャがアテナとして目覚める話だったわけだ。
いいラストであったな。
次号からは水瓶座のデジェル編か。

「ケルベロス」
仇喰といっしょにいる女の子は誰なの?と思ったら赤目嵐だと?
たしか墓送りじゃなくて消滅した崩だよね。
なんかややこしいけどかわいいので許すの。

「クローバー」
大晦日が誕生日な上にリア充どもに祝ってもらうハヤトがかわいそ過ぎる。
そんで新年早々やっかいなことに巻き込まれていくのか。

「ドカベン スーパースターズ編」
ライトゴロとはイチローばりの名手だな。
十六さん、ボールボーイといつの間に仲良くなったんだい。

「さくらDISCORD」
住吉さんが堅物なのは家族のことを思った末のことだったのか。
なんかややこしそうだわ、一度はノ宮が開こうとした扉は開けられないのか。
シリアスに進んでいく展開がかえって気になっていく。

「シュガーレス」
グリズリー大熊さん以外と強敵。
思わずシロちゃん脱いじゃいました。
今週のチャンピオンは筋肉オンパレードだわ。

「うずらコンビニエンス」
新キャラ女子高生鮫肌友子さんデコ光ってます。
今後の彼女は ①やっぱりバイトする ②客として来る ③もう出ない さてどれでしょう?

「てんむす」
大将戦、原田さんは元陸上長距離選手。
陸上のときと同じ先行逃げ切りで勝ちを取りに行くようで。
細目女と言われて膨れる立浪部長の顔えーわー、怒った顔はじめてかも。

「スーパーバイトJ」
NJささやかな疲労回復法がここに。
このスーパー猫多すぎ!

「ハンザスカイ」
女子個人決勝、藤木の相手のコなかなか強い&かわいい。
藤木の戦いぶりを見てこの世界に入った半座は原点に帰る。
スポーツマンガらしくて清清しい。

「イマワノキワ」
4コマをはさむ形式やめたら読みやすくなったのう。
でもホラーはやっぱ苦手。

「ANGEL VOICE」
合宿恒例水内の寝相ww
一体いつその謎が明かされるのだろうか。

(フレッシュまんが賞出身読み切り)「鈴木華子ちゃんの戦慄」
絵はアレだけど中学生が好きそうな下ネタオンパレードで結構パワーあるな。
うまいこといきゃ化ける可能性あるかも。

「半熟ガーディアンズ」
古代史の勉強になるなあ。
西郷先生に続き水越先生まで犠牲になるとは。
次回で最終回ですって。

「木曜日のフルット」
タイトル下の鯨井先輩はりびんぐでっど!を意識してる?
フルットいいやつ。


久しぶりに全作品にコメ入れた気がする。
次号は巻頭カラーが弱虫ペダル、センターカラーが囚人リク&イカ娘。
伊藤正臣先生の短期集中連載「アクアシ」スタートとはうれしいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華そば@新福菜館本店(めいてつエムザうまいもんまつり)

2011-09-29 11:58:27 | ラーメン
めいてつエムザで「神戸大阪京都うまいもんまつり」をやってるので開店と同時に行ってきました。
お目当ての毎日300本限定の堂島ロールも無事購入できて上機嫌。
そして本日もうひとつの目的は「新福菜館本店」の中華そばを食べることです。

さっそくイートインコーナーに向かいレジにて650円払って食券を購入します。
係のお姉さん(デパートの人)に渡してしばし待ちます。
奥に厨房がしつらえてあって京都から来たお店の従業員さんらしき人が作ってるようです。
よく見えなかったけど寸胴とか置いてありましたよ。

テーブルの上には調味料がホワイトペッパーと一味、なんばみそがあるのかと観察しながらしばし待つ。
ようやくお盆にのせられてやってきました中華そば。
京都といえば薄味という概念をふっとばす真っ黒な醤油スープ!
京都のラーメンといえば本店の隣にある第一旭やこってりスープでおなじみの天下一品など濃厚な味の店が主流なのです。

富山ブラックに近い感じのスープですが飲んでみると思ったほどくどくありません。
でも醤油の味がちゃんと主張しています。
トッピングの九条ねぎがこのスープにまたよく合うんですよ。

麺は太いストレート麺、うっすらとスープの色がついてますよ。
ややゆですぎかなと思う向きもありますがもっちりとした歯ごたえで悪くありません。
むしろこのスープにはこのくらいがいいのでしょう。

チャーシューは薄いけどなんと5枚も!
今主流のとろとろ柔らか系とは一線を画す昔ながらの製法で作られたチャーシューは懐かしさを感じます。
噛み切るのにちょっとあごの力が要るのは久しぶりに食べたな。

大学生の頃、用事で京都に来たときは京都駅近くにあった本店によく食べに行ったものです。
当時のことを懐かしみながら完食しましたよ。
途中でなんばみそ入れて食べたらまたスープがまた違った感じになってよかったです。
あと器がちゃんとお店のもの使ってるのがうれしかった。

そしてここはもうひとつチャーハンも名物なのです。
さすがに朝10時過ぎにラーメンとチャーハンを食べるのはきついのでチャーハンは持ち帰りにしてもらいました。
これからお昼のお楽しみにいただきます。


なおうまいもんまつりは10月3日の月曜日までやっておりますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れたライフスタイルがいま蘇る 「なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル」

2011-09-27 09:36:29 | マンガ
かつてモーニングで連載されていた前川つかさ先生の「大東京ビンボー生活マニュアル」がこのたびイースト・プレスより「なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル」として作品を選り抜き、描き下ろしを加えて出版されました。
連載当時愛読していた身としては懐かしさのあまり即買いしてしまいました。

さてこの作品が掲載されていた1986年から1989年というのはバブル景気に突入していく頃、みんな金に糸目をつけずうまいものを食べ高い買い物をしているような時代でした。
当時高校生だった私もそんな風潮がさも当然とばかりDCブランドの服を買ったりしておったのです(今から思えばバカ野郎と怒鳴りつけたくなるな)。
そんな時この作品を読んだときとてつもない衝撃を受けました。
住まいは6畳一間のおんぼろアパート、定職はなく持ってる電化製品は電気ポットのみ、時間だけはたっぷりあって本を読んだり散歩したり。
そんなライフスタイルがあったのか!しかもとても楽しそう!
まさに目からウロコでした。

この作品の主人公コースケは金はないけどそれを補って有り余る時間とみんなから親しまれる人間関係で、気持ちが豊かな生活をしていてうらやましい限りでした。
しかもなによりこんな男にかわいい彼女(ひろ子さん)までいるなんて!
東京に行ってこんな生活すれば彼女もゲットできるのか…と甘い妄想を描いておりました。
現実はそんな甘いモノじゃねえって大学進学してから気づくのですけど。

なによりこの作品で印象深いのが登場する食べ物がおいしそうなこと。
とくにホカ弁はシャケ弁よりのり弁がいいと力説しているのがずっと心に残っています。
のり弁とはおかかをまぶしたごはんの上にのりを乗せ、その上にコロッケとちくわの天ぷらが乗ってる弁当なのですがこれがとてもうまそうで。
しかし残念ながら私が知ってる限りではコロッケじゃなくて魚フライのお店ばかりで未だにコロッケのお店に巡り合わせたことがありません。
あと本作では割愛されてますが牛丼を注文して頭の部分をビールのつまみにし、残ったごはんに紅しょうがをたっぷり乗っけてお茶漬けにするってのも当時吉野家が近くになかった地方在住の身としてはとても憧れました。

読んでみて思ったのは内容が全然色あせてないこと。
世の中が不況で行き詰ってるからとかじゃなくて、パソコンや携帯電話などが必要不可欠なこの時代においても全然違和感のない生活ができそうな感じです。
それだけ金やモノなどなくても時間と気持ちに余裕があれば満足な生活ができるのだなと。
高校生のとき憧れた生活は大学に入ると実際サークルやらバイトやらで忘れてしまい、社会人になってからも仕事や家庭を持っている限り不可能なものです。
それでも心の片隅にいつかはできるかな?などという気持ちに火がつきそうです。
疲れたときに読むと癒される一冊ですぞ。

あと描き下ろしで現在のコースケやヒロ子さんたちが登場する話が6本掲載されているのですがなんか若い!
アラサーでも通用しそうな感じ。
連載当時彼らは20代半ばだったとしても50前後になってるはずなのに?
やっぱビンボー生活は歳をとるのを忘れるほど快適なのかもしれませんww
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2011年43号

2011-09-26 08:32:02 | 週刊少年チャンピオン
バキシリーズ20周年おめでとうございます。
連載始まったときは大学生だったんだよなあ(遠い目)
それにしても表紙の刃牙はなしてそんな顔してるのか?


(巻頭カラー)「範馬刃牙」
ベストバウト個人的には初期のころが好きだったんで刃牙vs夜叉猿かな。
さて本編、蟷螂拳といえばこの人を思い浮かべてしまうのでカマキリが描かれたコマを見るたび反射神経的に笑ってしまう。
勇次郎は自分のモノマネってことね、だいたい予想ついてたけど。
OL水原さんの腰の引け方が間抜けでいいね。

(特別掲載)「バキどもえ」
よりみつどもえ再開マダー?

「うずらコンビニエンス」
新キャラ婦警ヴォルヴィッグさん登場。
ミネラルウォーターの名前はボルヴィックなので間違いないよう。

「侵略!イカ娘」
ダルマなんて千鶴は高崎にでも行ってきたのかしら?
清美ちゃんとイカ娘の友情は相変わらず感動的だ。
でもそのダルマはおかしくなイカ?

「弱虫ペダル」
待宮さん涙の敗北宣言、彼女と別れてまでこの大会に賭けていたのに…思わずもらい泣きしちゃったよ。
荒北さんきっちり仕事してついに先頭追いついた。
いよいよ総北vs箱学かあ。

「デザートローズ」
あんなに練習してるのに鍵谷くんのグローブがきれいに描かれてるのが違和感。
大貴さんはグズとか大口たたいて負けちゃって野球部に残れるのかね?

「ブラック・ジャック~青き未来~」
クロエさん難民キャンプはどうすんのよ。

「バチバチ」
阿形さんの対戦相手はあの大森山の双子の弟大森海。
いちいちコマに※:大森山です。って入ってるのが心憎いwww
十両と幕下の格差は大きいと聞いていたがこれほどまでとは。
月7万5千円とは厳しいのう。
腐っても十両しかも日本人力士最重量の240kg相手にさすがに阿形さんも手こずるけど火事場の馬鹿力発動するか!

「ハンザスカイ」
徒党を組まず一人でケンカに明け暮れ”血龍”とよばれていたころを思い出す半座。
決勝で対戦する吹越を見てそのころの自分と重ねてしまう。
どんな試合になるか見ものだね。
でもその前に藤木さんの試合かな?

「毎度!浦安鉄筋家族」
嫌煙派の私ですが大鉄のタバコネタは大好きです。
ジャッキーの映画みたいなオチ。

「クローバー」
いつの間にやらクリスマスか。
彼女ナシのハヤトは真木と仲良く釣りwww
そしてバイトリーダー竹下さんが雑誌にも載る釣り師”イージス竹下”と発覚!
竹下さん喋りがなんかキリオっぽいけど。
真木さんすっかり心酔しちゃってるのがおかしい。
最近のクローバーは楽しませてくれるわ。

「ましのの」
ツイッターはじめたそうで即フォローしたよ。
今回は室井さんブラポロの危機!
こういうネタは女性作家さんじゃないと描けないわね。
とゆんな榊さんかわゆいわあ、もっと出して!

「さくらDISCORD」
康介は冷静なのか熱血なのかわからんお人。
もうひとりのさくら芽吹さんの乳たまらんね、でも校内ブーツのままでいいの?

「りびんぐでっど!」
緑川・ロボオタク・女医ともなこを巡ってややこしいのが3人も!あとカラスも。
忘れてたけど圭ちゃんやっぱもなこのことが好きなのね。

「スーパーバイトJ」
主任をどなりつけるコジマさん男前!
アメをなめる音が”ちゅぱ”だったり覚悟完了なNJだったりと山口貴由先生リスペクトだな。

「シュガーレス」
正門一発でヒラオリ・ジャージ・本庄をぶっ倒して2回戦突破!
ヒラオリくん相変わらず主役の座が遠い。
シロの対戦相手グリズリー大熊さんはかませ犬臭がぷんぷんしますぜ。

「てんむす」
勝負が2勝2敗になった場合総皿数で決めるというルールだとやっとわかった。
長野の大将原田さんは何のスポーツしてたんでしょ?

「囚人リク」
50戦無敗のライオンキング(8歳)って本物のライオンかい!
椿の壮絶な過去きついなあ…境界センターの係員と4年後逮捕しに来た刑事って同一人物だよね。
ひげあると水野晴郎に似てるな。

「ケルベロス」
望月さんのかわいい顔と見事な腹筋のギャップがたまりません!へっへ
斬子も足縫合されたんだな、よかった。
比嘉先輩は本当にいい人だあ、上司にしたい人ナンバーワンです。

「木曜日のフルット」
すばらしき刃牙へのオマージュ!
石黒先生はすばらしき人格者です。


次号、アニメ2期放送開始記念で侵略!イカ娘が表紙&巻頭カラー2本立てでゲソ!
永久保存用にもう1冊買おうじゃなイカ!
読み切りで「鈴木華子ちゃんの戦慄」絵柄が受け付けないんですけど笑えるのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2011年42号

2011-09-17 21:29:15 | 週刊少年チャンピオン
アイドルグラビアのないチャンピオンなんて久しぶりだなあ。
ドカベンピンナップポスターって誰得?
イカ娘とケルベロスはお休みでゲソ!


(新連載巻頭カラー)「デザートローズ」
また千葉県の高校生が主人公の作品が出ましたね。
その鍵谷君はとても野球少年とは思えん、グラウンドよりサナトリウムが似合う感じ。
しかしエースの人とキャラが同じように見えるのは困ったなあ。
とにかく努力しても報われない鍵谷とバッテリーを組むことになる全国制覇した高校から転校してきた天才捕手・筧、彼がなぜ転校してきたのか気になるところだが消化不良にならないことを祈ろう。

「弱虫ペダル」
福富さん語りまくり。

「毎度!浦安鉄筋家族」
やっぱあかねちゃんとノブってお似合いだと思うわ。
銅像に魔女絞めして首を折るのはよい子はマネできません。

「ブラック・ジャック~青き未来~」
中山先生のブログを併せて読むと面白さが増しますよ。
隣国の難民キャンプで働く女医・クロエさん、彼女一体何者?
身体能力が高すぎるんですけど。

「範馬刃牙」
私が凡人だからなのかも知れませんが何を描きたいのかわかりません。
とりあえず「膂力」という言葉があるのをはじめて知りました。

「うずらコンビニエンス」
スタイルの良いハムスターはハムstyleという名の抱き枕だったという。
すげーむかつく顔しやがんなあ。

「バチバチ」
十両と取り組むときは幕下力士も大銀杏を結えるなんて知らなんだ。
見開きページから吽形さんの覚悟が伝わってくる。
さらっとギャグをやりつつシリアスなドラマで読ませてくれる、本当にうまいよ。

「スーパーバイトJ」
大人の恋愛ですか、照れるなあ。
ミツイシさんかわえーなオイ!でもNJよりちょっと年上ってことは私とそんなにトシ変わんないのかな。

「クローバー」
悪役の末路はみじめだのう。
竹下さんいいキャラだったな、ぜひハヤトと一緒に釣りをしてる場面がみたいよ。

「シュガーレス」
バカなりに計算した卜部を天然バカの岳が上回ったってことだね。

「さくらDISCORD」
住吉さんは照れ屋で話せる堅物だそうですが性格悪いただの毒舌にしか思えん。
こーちゃん苦労するタイプだね。

「ハンザスカイ」
バベルと番場、藤木の過去バナ回か。
大谷さんも高校から始めたクチなのね。
とりあえず決勝は4人で戦うってことでいいんですかね。

「りびんぐでっど!」
ようやく本誌で単行本1巻発売告知がでましたな。
焼肉屋でまだバイトしてるもなこを気遣ううちに惚れてしまったイケメンバイト緑川くん、妄想力ハンパないね。
外見に似合わずていねいな言葉遣いをしているなあ、ホモ野郎を除いて。

「囚人リク」
再び椿の回想、病気の妹がいたのかい、泣かせてくれるねえ。

「ましのの」
今回イマイチと思ったのは男子のパンツ丸出しだからだな、決してネタ切れじゃないよ。
学校で焼いたサンマはあとで先生方がおいしくいただきました、ってことにしとこう。

「てんむす」
ダっちやんの競技者魂が燃えてきたのに反して掲載位置は後ろのほうへ。

「半熟ガーディアンズ」
西郷先生…むごすぎる。

「木曜日のフルット」
いくらなんでもマスタードをプリンと間違えたりしないでしょ!と思ったら石黒先生の実体験とは。
マンガ以上のお人だ。


次号、刃牙シリーズ20周年突破だそうですよ。
アニメ2期スタートってことでイカ娘がセンターカラー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほしパイに神様は微笑むか? 「ぼっちの人魚姫」

2011-09-14 21:15:19 | マンガ
ヤングアニマルにて連載されている林崎文博先生の「ぼっちの人魚姫」が先月末に単行本1巻が発売されました。
私にしては珍しく連載開始時から注目していた作品なんで発売初日に買ったのはいいもののなかなかちゃんと読む暇がなくてようやくいま感想を書く次第です。

主人公は高校2年生の星いづみ、巨乳でぽっちゃりなメガネっ娘というのがたまりません。
彼女は学校では空気のような存在で家でも母親から虐待されているネガティブ少女。
ある日自分に悲観したいづみは自殺しようと川に飛び込んだところから物語は始まります。

その場面を車内から目撃した若者栗原拓人が助けようと川に飛び込みますが拓人はカナヅチ、結局泳げたいづみが拓人のもとへ近づきふたりは出会います。
そのときに拓人がいづみに向かって発したセリフが「キミ人魚姫だろ」って素敵やん!

翌日いづみが通う高校のクラスに復学する生徒がやってきます。
それが拓人、彼は2年間休学していたのです。
(理由は後からわかるのですが先天性の心疾患)
あまりのことで驚くいづみをよそに盛り上がる同級生たち、その中で拓人は復学したらやりたいことがあるといって立ち上がりいづみの元へ。
なんと拓人はいづみとバンドをやりたいと誘うのです。
どうやら拓人はいづみの瞳と声を初対面時にボーカルの才能があると見抜いたようです。

わけのわからぬままスタジオへ連れて行かれるいづみ。
そこで拓人のバンドメンバーと会い、いきなりビデオカメラの前で歌わされることに。
しかしカラオケにも行ったこともないいづみは緊張のあまり失神してしまいます。
気がつくとスタジオには誰もおらずいづみは悔しさと悲しさのあまり思わず「ほしパイの大バカ者ー!」と叫んしまいます。
ほしパイというのはいづみと遊ぶ小学生がつけたあだ名で名字が星で巨乳だからww

しかし翌日いづみにとって転機が訪れます。
いづみを訪ねる軽音部の1年生、沖野瞳(縞パンだー!)
彼女がいづみに見せたのはいづみが「宝島」(町田義人)を熱唱している動画。
それは昨晩いづみが叫んだ後やけになって歌ったものが拓人のビデオカメラに録画されていたのを投稿した動画だったのです。
一晩で再生回数4万回を超え、これには拓人も大喜び!
瞳もずっといづみに注目しており、動画を知ったとたん学校中が一躍いづみに注目するようになります。
もちろんそれを面白くない輩もいるのですが続きは2巻でのお楽しみに。

舞踏会へのデビューを果たした人魚姫いづみは拓人王子様と出会ったことで幸せになれるのでしょうか?
私もどちらかといえばネガティブな学生時代を過ごしていたのでいづみを応援したくなりますね。
今度は人前で歌うことになるのですがどのようなことになるのかわくわくします。
間違っても童話のように泡となって消えないでね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2011年41号

2011-09-12 22:38:28 | 週刊少年チャンピオン
仕事が忙しいもので気づいたらまた感想書くの遅くなった。
下手したらしばらく書けなくなるかも。


(巻頭カラー新連載)「ブラック・ジャック ~青き未来~」
超大型コンビによるB・J!
ブラック・ジャックも歳を取り50代に、確かに手塚先生の連載から30年あまり経っていれば当然か。
老いたB・Jの顔がなさけないようで深みがあって中山先生の画力はさすが。
突然昏睡に陥る病にかかったB・J、患者は独裁国家の指導者、そしてNo.2の参謀長の存在、隣国の難民キャンプetc…
岩明先生の脚本もまたすごくよい。
どんな風に展開していくか先が読めなくてすごくわくわくする。
個人的にはグエン君が気になるなあ、昔B・Jに助けられたのかな?

「弱虫ペダル」
アニメ化より先に舞台化とは予想の斜め上ですぞ。
野球少年だった荒北さん、ケガで挫折してヤンキーに、ってわかりやすいww
そんでもって金城さんにイチャモンつけたら自転車と原付で勝負だなんて予想通りだけどやっぱ面白い展開になりそう。

「バチバチ」
勝ったものの自分のスタイルじゃなかった白水さんとそれを軽蔑する鯉太郎。
2人は和解することできるのか。
それにしても天雷さんカッコよすぎ!

「範馬刃牙」
トリケラトプスはいなかったとのニュースが!
単行本ではトロサウルス拳になってるのでしょうか?

「侵略!イカ娘」
水着姿で街中を走る早苗を想像しただけで辛抱たまらん。
屋根から滑り落ちるイカちゃんのカットがエロかわいい。

「ギャル番ゲーマーマリー」
バイオハザードがチャンピオンでコミック化だと?
作画は「猿ロック」の芹沢直樹先生か、やることすごいなあ。

「ハンザスカイ」
決勝戦は御門vs要陵!
吹越の視線はすでに半座に。
番場さん出場できるのかな?

「さくらDISCORD」
舞台は姫路市なのか。瀬尾見は網干をモデルにしてるみたいですね。
丘ぴょんカワイソスww

「うずらコンビニエンス」
うずらさんのデレ顔ごちそうさまです。

「毎度!浦安鉄筋家族」
星くんと花子でETネタかあ、こんなものかな。

「スーパーバイトJ」
ぷいっとふくれる主任がかわいい。
ワキ汗だくだく店長の必死さ空回りで泣けてくる。
いい人なんだろうけどこんな上司は困るなあ。

「ましのの」
榊さんの寝巻きがエロくて辛抱たまらん。
もうそのぽっちゃりさがマイブーム来てます!

「シュガーレス」
久島のバカ2トップ激突!
両者ノックダウンで2回戦は井純さんが不戦勝ってことはないよね?

「クローバー」
意外とあっさり決着ついたな。

「りびんぐでっど!」
警察官よ、職務質問すべき理由はそこじゃないだろう。
別人になりすまして学校に行こうとは考えたものだが勉強のほうが残念だったとは。

「ケルベロス」
金屋さんまぢ天使。
望月さん助かったのならよかったよ。
これで八崩墓送り編がようやく完結、1週休んで新章に移るのね。

「てんむす」
天子のペースにダっちゃんが狂わされてきてる。
横向いてる暇があったら食べなさい。

「囚人リク」
リクが勝って盛り上がる27の連中。
しかし看守が入って全員懲罰房行きの危機。
そこを椿がひとり特別懲罰房に入ることでまとめる。
26木工場の担当は話がわかりそうな人だけどどううなんだろか?

(最終回)「ドラゴン・ハイドレード」
黒幕は水戸光圀、いきなり人間に戻った宮本武蔵、突然現る沢庵和尚、しかも黒輪は生きていた!
なんともジェットコースター的な展開で第一部完、もちろん第二部再開の予定は…ないでしょう。
お疲れ様でした。

「木曜日のフルット」
電気マッサージになって効くんじゃないの。


次号、表紙は弱虫ペダル。
新連載第4弾は「タイガーリリー」で多くのチャンピオン紳士から注目された鷹見隼人先生の「デザートローズ」、どんな熱い作品になるのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニチャーハンセット@大安食堂 杜の里店

2011-09-09 23:43:16 | ラーメン
今日は遅番だったので仕事が終わってから遅い夕飯を取ることに。
時間も9時半をまわってたのでどこに行こうかちょっと思案。
そういえば杜の里の大安食堂が11日で閉店するって聞いてたので一度食べとこうかと車を走らせました。

なんとか10時のラストオーダー前に到着。
お店に入ると券売機がありました。
こういうタイプのお店にしては珍しい。
ミニチャーハンセット(830円)を選び食券を店員さんに渡して席につきました。

メニューを見ながらしばし待つ。
喜多方ラーメンの市内マップなんかあって昔にゃまんと喜多方に行って坂内食堂とかで食べたなあと思い出に浸ったりww
厨房のほうからがこがこと中華鍋を振るう音が聞こえてきて食欲をそそります。

さあセットがお出ましです。
喜多方ラーメンって感じのラーメンとミニチャーハン、杏仁豆腐までついてますよ。

まずはラーメンから。
スープはもちろん醤油味で油が結構浮いてます。
一口すすってああ化学調味料入ってるなとわかる味、まあこんなもんかな。

麺は喜多方特有の平打ち多加水の縮れ麺。
麺が透きとおって見えますな。
手もみと謳っておりますが工場生産ってわかる感じ。
でもスープとからんでするすると口に入っていきます。

具はチャーシュー2枚、メンマ、ナルト、ねぎ。
チャーシューはそれなりにうまかったです。
うずまきナルト久しぶりに食べたなあ。
全体的にバランスが取れていてチェーン店としての制約がありながら万人向けにいい味に仕上がってると思います。

チャーハンはというとこれが高レベル。
卵、チャーシュー、ねぎなどの具がほどよく混ざりごはんもぱらっとなっていい火の通り具合です。
付け合せにガリがあって珍しいなと口にしたら大根のべったら漬けでした。
これにはカルチャーショック!
しか本当にうまいチャーハンでした。

口直しに杏仁豆腐いただきごちそう様。
それにしても閉店するのが残念ですね。
こんなことならもっと早くから来ておけばよかったな。
本当に飲食業界は生き残るのが大変だよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊少年チャンピオン2011年40号

2011-09-03 07:32:42 | 週刊少年チャンピオン
刃牙以外の作品が表紙に来ると燃えるなあ。
表4の広告がビームスとは時代も変わったのう。


(巻頭カラー新連載)「さくらDISCORD」
「透明人間の作り方」から1年半くらい経つ?お帰りなさい!
絵がさらに洗練されてマガジンの作品かと思っちゃったよ。
みんな同じ名前?6人で野球?アストロ球団かよ!
それはさておきノ宮さんのウザカワっぷりが見事、三つ編みの先っぽが桜の花の形してるとこまでそそられます。
どんな展開になってくのか楽しみです。

「うずらコンビニエンス」
今週はブラ見せないのー?
次回予告は無視すりゃいいようだな。

「クローバー」
菊池さんアニマルマスク軍団にあえて殴らせて殴り返す。
恐ろしすぎるわ。

「ましのの」
沙姫ちん再登場、すまん存在忘れとった。
先生は動物園で小熊とふれあったりリャマにえさあげたときの体験をもとに描いたのかしら。

「シュガーレス」
ランブル1トーナメント開幕、初戦は周防が目潰し食らわされて敗れる。
勝った井純はなかなか手強そうであるがその相手になるのはがっくんか?それともとべちゃんか?

「毎度!浦安鉄筋家族」
毎年恒例の春巻遭難シリーズ今年もちゃんとありました。
万田先生声だけの出演でおいしーとこもってくわー。

「範馬刃牙」
…AL?
もうなんか最近は勇次郎の百面相を楽しむしかないかなと。
そんでピクルかよ。いい加減にしてくれ。

「弱虫ペダル」
荒北さんの過去、リーゼントに腰パンのヤンキーっすか!
意表をつきすぎて言葉が出ない。

「スーパーバイトJ」
すべりこみアンキモのササキさんの幸せそうな表情に癒される。

「バチバチ」
白水さん自分の相撲を取ろうとゴリラ張り手炸裂…のはずが天雷の気迫に飲まれて思わず引いてしまう。
それが結果として天雷に土をつけた形になって勝利したものの鯉太郎の目にはどう映ったのか。
意外な結果ではあるがこれで同部屋で優勝決定戦の可能性もアリ?

「ANGEL VOICE」
東古城戦は結局1点差で敗れたものの学校での関心は高まり、一度は去った新入部員たちも戻ってきていい方向へ向かってきた。
しかし市蘭サッカー部はメンタルが弱いと危惧するワッキーはジイさんに相談するもののなぜ勝ちたいのかと聞かれ絶句してしまう。
乗り越えるためどんな答えが出てくるのか。

「侵略!イカ娘」
南風のおっさんが作るカカシが夢に出てくるレベル。
暴走したカカシに挑む千鶴の戦闘ポーズ最強だな。

「てんむす」
幼女なダっちゃんかわええ。
私も腰やられたことあるので気持ちはわからないではないが笑った顔を見せてほしいものよ。
天子がその表情をどう溶かすのか見物です。

「りびんぐでっど!」
夏休み終わってから海水浴って。
圭ちゃんママの水着姿をもっと出してくれい。

「囚人リク」
意識が朦朧としながらも再び立ち上がったリク。
みんなの思いをのせた包帯を巻いた頭でついに椿を倒す。
椿のパンチを顔面で受け止めたときのリクの表情がすごくいい。

(最終回)「空が灰色だから手をつなごう」
最終話は母子家庭の母と娘。
不覚にも泣いてしまった。
どうしたらこんなに深い作品を描けるのだろう。
阿部先生、またすばらしい作品をひっさげて帰ってきてください。今度は正式な連載作品で!

「木曜日のフルット」
頼子は結局鯨井先輩のひろったワカメ食べたのだろうか?
そういや海の家でカレーって食べたことねえな。


次号、岩明均×中山昌亮の2大巨匠が神様・手塚治虫の名作に挑む「ブラックジャック~青き未来~」連載開始!
待ち遠しいとしかいいようがない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つけ麺@麺屋 雄

2011-09-02 13:09:16 | ラーメン
珍しく金曜日に休みがもらえたので髪切ったりクリーニング屋さんに行ったりと用事を済ませた帰りにラーメン屋でお昼食べようと思案。
用事のルートやネットでの評判を考慮して決めたのが高柳にある「麺屋 雄」に決めました。
中橋の「麺屋 達」の2号店というかセカンドブランドです。
5月にオープンしてから機会がなくて今まで行ってなかったのでした。

開店5分前に着いたらもうすでに待っている人が何人も。
オープンしてだいぶたつのに人気のほどが伺えます。
並んで順番に券売機で食券を買います。
券売機は1万円・5千円は使えないので両替をお願いしてる人が何人かいましたがマナーとして千円札くらい用意しときましょうね。
何にしようか迷った挙句、定番のつけ麺(750円)にしました。

店内は逆L字型のカウンターとテーブル席が3卓。
奥には広い厨房があり、もとは回転寿司店だった名残を感じさせます。
お水はセルフサービスです。
待ってる間にも次から次へとお客さんがやってきて満席になって待つ人も出てきました。

そうこうしてるうちにつけ麺登場。
麺は太麺でウェーブがかかってます。
つけ汁は見たからに濃い魚介豚骨醤油系で刻みねぎが浮いてます。
具はチャーシュー、メンマ、海苔がありました。

まずはつけ汁を一口。
どろりと濃厚で思いっきり魚介だしが利いてます。
そこに麺をつけて食べるとその濃厚さが少しずつ中和されするする入っていきます。

麺はあつもりもあるのですが今日はお店おすすめのひやもりにしました。
冷水でしめた麺がほどよい温度になって小麦の味を引き立てます。
ここはほかの店のつけ麺に比べると少なめの200gなので足りるかな?と思ってたのですが杞憂でした。
じゅうぶん食べ応えありました。

途中、つけ汁に卓上の七味唐辛子や胡麻、酢などを入れて味わうとよいとのことでした。
確かにいろいろ調味料が置いてある。
その中に柚子胡椒があったので入れてみるとこれが大当たり!
こんなに風味豊かになるとは新鮮な発見でした。

チャーシューは箸で持ち上げようとすると切れるくらいやわらかく煮込んであります。
メンマは太くてもしゃきっと噛み切れるくらいでよかったです。

気がつけばあっというまに麺を平らげてしまいました。
残ったつけ汁は卓上にある割りだしで割って飲み干しました。
魚介エキスがしみわたるなあ。

つけ麺以外にもラーメンや餃子、焼飯などもあってほかの人が食べてるのを見てるとどれもおいしそうでしたよ。
今度は家族で来てみようかな。


お店の詳細:
住所 金沢市高柳町2-9-1
電話番号 076-252-0533
営業時間 11:30~23:45
定休日 なし?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加