咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

和のまぜそば@マキシマム ザ ラーメン 初代 極

2017-05-15 20:00:00 | ラーメン
今日は無事代休が取れたのでのんびりと過ごしました。
録画しておいた番組見たり本を読んだりとインドア生活でも腹が減りますね。
てなわけで昼食はがっつりとこちらでいただくことにしました。



工大生の胃袋とハートをがっつり掴んでいる「初代 極」さんです。
異動のバタバタで久しぶりの訪問です。
結局前の限定『台湾まぜそば』は食べられませんでした(>_<)

開店5分前に着いてポールポジションゲット。
お店が開いて券売機の前へ直行です。

今日は11日から提供されている限定メニュー『和のまぜそば』(小830円)しか眼中にありません。
『汁なし』のボタンを押して食券を買い、お母さんに「まぜそば小」と伝えて渡しました。



文庫本を読みながらのんびり待ちます。
後から来たお客さんも7名と珍しく少なかったですね。

15分ほどしてニンニクコールがあったのでどっちがいいか訊いてみるとお母さんは苦笑いして首を横に振りました。
なのでなしでw

さあ待ちかねていた和のまぜそばが出されました。
和というだけに落ち着いたビジュアルです。

では最初は麺をまぜずにいただきます。
極太の麺はすごくモッチモチです。
全粒粉麺なので小麦感もいいこと。
そしてタレがしっかりとなじんでいてうまいのなんの!
かつおや昆布の出汁が良く出ていますね。



トッピングの具材はチャーシューならぬ牛のたたきに温泉卵、がごめ昆布、九条ねぎ、筍の土佐煮、天かす、刻み玉ねぎです。
牛のたたきとは贅沢ですね。
またメンマではなく筍の土佐煮というのが和というだけでなく旬を味わえていいじゃありませんか。





もったいないけどまぜまぜしていただきます。
複雑なうまみが絡んで麺がいくらでも食べられそう。



途中で別に出された京七味をかけてみます。
これがまあ匂いから魅力的でかけて食べるとほどよい刺激がさらに麺を喉にと追い立てます。





麺を食べきったところでカウンター上に100円を出して追い飯茶漬けをお願いしました。
するとご飯が入ったお茶碗と液体の入ったグラスが出されました。
お茶のようにも見えますがこれは冷たく冷やした出汁汁。
かつお、さば、むろあじ、いわし、昆布、椎茸からとった手間がかかったものです。



丼に残ったまぜダレと具をご飯の上にかけて出汁をかけていただきます。
ビジュアル的にはアレですがこれがうまいったらありゃしない。
まぜそばを余すことなく楽しんでペロッと平らげました。



これはまたすばらしい一杯でございましたぞ。
研究熱心な店主カズさんの才能には驚くばかりです。
食べ終えたあとカズさんに「ごちそうさま」とあいさつしたらいい笑顔で返してくれました。
今月いっぱいの提供とのことなのでお早めにどうぞ=3


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘5-3
電話番号 080-3045-5031
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 水曜日
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超濃厚ド豚骨らーめん(しょ... | トップ | 台湾まぜそば@麺や 福座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL