咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

咲ちん香港旅行記(1/1その2)

2006-06-11 12:22:07 | 香港旅行記
再びロープウェイに乗って下まで降りてにゃまんが楽しみにしていたパンダを見物することに。
なんか恐竜館みたいなところで遊んでからいよいよパンダ舎へ。
いましたいましたよパンダが!
2頭別々になって寝ていました。
咲ちんを肩車して見せるともう大喜びで叫びます。そしたら係の人に注意されてしまいました
もちろんにゃまんは大コーフン!ちょっと動いただけできゃーきゃー大騒ぎしてました

けっこう入り浸ってみんな大満足。隣にあるスーベニアショップではTシャツやらなんやらいっぱい買っておりました。
咲ちんにパンダリュックを買ってあげたらすっかり気に入ってしまい、この後ずっとしょってました。

売店でフレンチドックを買って休憩していたら、咲ちんとおなじくらいの男の子が近づいてきました。
その子のママとお話したところ、台湾から遊びにきたそうで咲と同じ2004年4月生まれでした。
咲ちんもお友達ができてよかったね

お土産を買ったら真珠の引換券みたいのをくれたのでもらいに行ったら、たくさんの貝の中から選んでだしてもらうかたちでした。
貝を開けたら真珠がありました。
それをそのままもらえばただなのですが、日本円で4~5千円ほど払えばネックレスとかにしてもらえるというシステム。商売上手やのう。
でもせっかくなので私とにゃまんの分2個あるので、それをブレスレットにしてもらうことにしました。
ネックレスだと咲ちんがひっぱってこわしそうだから
ちゃんと保証書もついていい記念になりました。

けっこう暑くなってきて咲ちんも疲れてきたみたいなのでほどよいところで切り上げてまたバスに乗って帰りました。
新年早々遊んでしまいましたねえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(1/1その1)

2006-02-26 12:08:53 | 香港旅行記
年があけて2006年となりました。
今日はオーシャンパークで遊びます。

まずはMTRの駅に向かいます。
街は1月1日だというのに普通の日みたいな感じです。やっぱ旧正月のほうがにぎやかなんでしょうか。
駅の観光案内所で情報収集。今日はパークは平常営業だそうでとりあえず安心。
にゃまんはここでカレンダーなどを気に入って買っていました。

MTRで中環(Central)駅まで乗り、スターフェリー乗り場前のバス停から629番のバスに乗って向かいます。
トンネルをぬけたらあっというまで思ったより近かったです。

入口前にはたくさんの人がいてびっくり。まあ休日ですから当然ですが。
入場券を買う際、カードを出したら割り引きになりました。どうやらVISAのキャンペーンらしくて園内でも対象になるようです。ラッキー

パークは2ヶ所に別れており、まずはケーブルカーに乗ってヘッドランドへ向かうことに。
険しい山から海が見えてくると気持ちいい。咲ちんはあまり関心ないようですが。
それにしてもプール付の邸宅がいくつも見られちょっとひくつな気分に

アシカのショーは残念ながら工事中でお休み。なのでシャークアクアリウムを見学です。いろんなサメがいるもんですなあ。
そうこうしているうちに咲ちんはおねんねしてしまいました。
そのまま水族館を見ることにして、人ごみをかき分け見物です。
水族館自体は珍しくはないのですが、やはりいろんなお魚を見るのは楽しいです。
つい、うまそうとか思ったりもしますが
するといつの間にか咲ちんは起きだし、興奮して指差します。
大きい水槽をぐるりとめぐるようになっていて、ナポレオンフィッシュやウミガメ、エイなどを見るたびに釘付けとなって水槽から離れようとはしません。
咲ちんは満足したようで機嫌のいい表情をしています。楽しんでくれてよかった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/31その5)

2006-02-12 12:04:36 | 香港旅行記
人の波にもまれつつ再び駅へ向かいます。
しかしますます増えてきたなあ。
ようやく駅に着いて切符を買おうとするとこれまた行列。
香港の券売機はお札を入れても戻ってくることが多くて難儀します。
切符の買い方がわからない欧米系の旅行者の人に教えたりしてたらうっかりして1枚しか買ってないことに気づき、再び並ぶ羽目に
こんなことならオクトパスカードにしとけばよかった。

満員の電車に乗って銅鑼湾にもどりました。
こちらも人がさらに増えてます。タイムズ・スクエア(時代廣場)でカウントダウンを迎えるのかな?

ホテルに戻って咲ちんを寝かしつけます。
その間にゃまんは予約していたマッサージに行きました。
しかし、ホテルのTVはNHKが映らないので紅白歌合戦も楽しめません。
チャンネルを回す(リモコンだと回すって言うのか?)とプレミアリーグの試合や中国の歌謡ショー(なぜかカンタが出てた)を見ながら2005年を振り返ったりしました。
こうやって咲ちんといっしょにいろんなところに行けておいしいもの食べられて幸せだなあ
そのころ日本は年明けてるんだなあ。

11時過ぎににゃまんが戻ってきたので入れ替わりに近所のセブンイレブンで買出ししてきました。
結局、年越しは部屋でにゃまんとともに小ぢんまりと迎えることにしました。それはそれで楽しいですよ。
まずは日本から持ってきたきつねどん兵衛を年越しそばにいただきます。
異国で食べるカップの年越しそばもこれで何回目かなあ。

さていよいよカウントダウンがせまります。
テレビの中継とともに「5、4、3、2…」とカウントし、
「1、ゼローッ!」
と叫ぶとともに外から車のクラクションが鳴り響きました。

「あけましておめでとう、今年もよろしく」とにゃまんと挨拶を交わしてワインで乾杯しました。
私たちの2006年はこうして明けたのでした。


(つづく)



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/31その4)

2006-02-05 11:32:46 | 香港旅行記
銅鑼湾からMTRで九龍半島に行くには金鐘(Admiralty)駅で荃湾線に乗り換えます。

まずは旺角(Mong kok)駅で降りてランガムプレイス(朗豪坊)へ向かいました。
ここはおしゃれなショッピングモールとして注目を浴びているところです。
駅から通路で直結しているのですぐにわかります。
まずはアイスクリームのお店で試食させてくれたので食べてみたら激ウマ!思わず買っちゃいました。
でもお店の名前忘れちゃった
アトリウムへ行くとすごい吹き抜け。クリスマスの飾りがまだきれいに飾られています。
レストランやブティックなどおしゃれなお店がたくさんあり、ライブなんかもやっていてにぎやかです。
イメージ的にはソウルのCOEXモールを縦にしたような感じです。
まあ、とりたてて食指を動かすところはなく、奇華があったのでお土産用のお菓子を買いました。
ここのパッケージはかわいいですね。日本人受けしそう。

続いて尖沙咀(Tsim Sha Tsui)へ移動します。
毎晩8時から行われるシンフォニー・オブ・ライツを見るためです。
しかしMTRは超満員、駅に降りるとすごい人。出入り口は通行規制されています。
なんとか地上に出ると、道路は完全に歩行者天国状態。人・人・人です
少しでも見やすいところへ行こうとがんばりますが、動きようがありません。
それでもなんとか見える場所を確保しましたが、咲ちん大丈夫?
そうこうしているうちに8時になりました。
香港島の高層ビル街が光に包まれきれいです。街全体が輝き宝石箱のよう。
花火も上がって観衆も盛り上がります。
それにしてもこの人ごみの中で地元の若者と思われる輩がタバコを吸うのにはあきれました。煙はもちろん、やけどしたらどうするの
ぎゅうぎゅうになりながらも13分間のショーを楽しむことができました。
咲ちんも満足したような顔をしてました。よかった。


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/31その3)

2006-02-04 15:24:23 | 香港旅行記
ウィンドウショッピングしつつお昼ごはん食べてないなと思い、なんか軽く食べようということに。
ガイドブックを見て雲呑麺がいいなというわけで行ったのが「永豪雲呑麺」というお店です。

銅鑼湾の通りを歩くと看板が見えて場所はすぐわかりました。
2時過ぎという中途半端な時間にもかかわらず小さなお店はいっぱいです。人気の度合いが伺えます。
でも待ってたらしばらくして席があきました。
もちろん注文は雲呑麺です。
しばらくするとやってきました雲呑麺。小ぶりながらじゅうぶんにおいしそう。

まずはスープから。澄んだスープをすするとさっぱりしていい感じ。
麺は細麺でスープとよくからみ歯ごたえもあります。いくらでも入りそう。
そして雲呑はぷりぷりしこしこ、スープがしみこんで口の中でとろけそう。
三者のバランスがとれていてまさに爽!な一品です。
しかもこれで1杯14ドルという安さに驚きです。こんなに安くてすいません、なお得感。おやつにも飲んだ後にもおすすめです


お店の詳細:
銅鑼湾駱克道453号地下
TEL 28912302
営業時間 11:00~24:00
定休日 日曜


すっかり満足して再び銅鑼湾の街を散策です。ホテルまでの道のりをぶらぶら歩いていくと市場がありました。
にぎやかな繁華街を一歩入ると野菜を売る店、卵屋さん、花屋さんなどビルの間にひっそりと並ぶ姿は香港らしく感じられ興味がわいてきます。
その中に正月用の飾りを売る店があり、そういえば明日から新年なんだなあという実感がわいてきました。
そこでくまのプーさんをあしらった飾りがあり、にゃまんがすっかり気に入っておみやげに購入してました。
どう考えてもバッタもんなんだろうけど

とりあえずホテルに戻って休んでから夕方再びでかけることに。
行く先は九龍です。

途中マクドナルドがあったので咲ちんのごはん用にフライドポテトとコーンを購入しました。それにしてもすごい人だ。
それからにゃまんが疲れたというのでマッサージの予約をしに行ったのですが、道を間違えてしまいよけい疲れてしまいました
ポテトをつまみながらどうにか目的のお店ティンハウス(奵屋)に着き、足ツボマッサージを10時に予約しました。
日本語が通じて助かった

さてMTRに乗って出発だ!


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/31その2)

2006-01-29 13:35:46 | 香港旅行記
年越しをする宿となるJIAブティックホテルはフランス人デザイナーフィリップ・スタルクアサヒビールのウ○コオブジェの人)による香港初のデザインホテルです。
高層アパートメントを改装したホテルはもう何から何までおしゃれすぎです。
今回、香港で宿をとるのにあたってにゃまんがどこからか情報を仕入れてきて泊まろうということになったのですが、まだ日本で紹介しているガイドがほとんどなく、HPも英語なのでどうしようかと思いました。
しかし、覚悟を決めてメールでやりとり。そして無事予約を取ることができました。
英語ができなくてもなんとかなるものですね

スタッフの人たちのユニフォームは黒で統一されており、とても格好いいです。
チェックインをすませ、部屋に案内してもらいました。
部屋は14階にあり、窓から銅鑼湾の街が見渡せます。
そんなに広い部屋ではありませんが、キッチンがついており、シャワーブースもガラスで仕切られています。長期滞在にもOKですね。
そしてなによりベッドがレースのカーテンで仕切ることができ、王様気分になれます。
室内の家具もすごく洗練されており、もう最高!
しかしいきなりTVの音声が出なくなったり湯沸しポット(PHILIPS製)の底がもれたりとトラブルが
スタッフを呼んで対処してもらいました。

部屋でしばらくくつろいでから街へでかけることにしました。
下に下りると1階のロビーにはコーヒーやケーキがあり、自由に飲食することができます。
こういうサービスうれしいですね。にゃまんはケーキをばくばく食べてました

さあ、満足したら出発だ。
銅鑼湾の街は人がたくさん。今年最後の買い物を楽しんでいるのかな。
私たちもGIORDANOなど現地ブランドのショップを見てまわりました。
GIORDANOは私たちの好きなブランド。アジア方面へ旅行に行くたびに買い出してます。
子ども服も見たりして楽しいです。


(つづく)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/31その1)

2006-01-21 12:06:32 | 香港旅行記
楽しかった香港ディズニーともお別れです。
とはいえ、前日ですっかり堪能したので帰るだけ。
朝ごはんを食べて荷物をまとめて。にゃまんが奮闘している間咲ちんとお散歩。
今日は昨日とうってかわっていい天気。ガーデンが気持ちいい。
迷路があるのですが、出られなくなったらいやなのですぐに出てしまいました。
プールで泳いでいる人が気持ちよさそう。こんなことなら咲ちんだけでも水着持ってくればよかったかな。

ホテル内で記念撮影をしまくり、チェックアウトの手続きを。
今日泊まってカウントダウンを迎える人もいるんだろうな。ちとうらやましいかも。
シャトルバスでパークまで向かい、地下鉄の迪士尼(Desneyland Resort)駅に行きました。

到着する電車からはパークでカウントダウンを迎えようとする人がいっぱい降りてきました。
切符を買うのに手間取りながらもなんとか改札をとおり、ホームへ。
ホームの柱までミッキーが。凝ってる~。
そうこうしているうちに電車がやってきましたが、こちらも東京のディズニーリゾートラインと同じように窓やつり革がミッキー型。
最後の最後まで楽しませてくれました

次の欣澳(Sunny Bay)駅で東涌線に乗り換えです。
これに乗れば香港島まであっという間です。
と思ったら、乗ったとたん咲ちんが泣き出してしまい、次の青衣(Tsing Yi)駅でいったん降り、おっぱいタイムとなりました

どうにかこうにか香港駅に到着。ここからはタクシーでホテルへ向かいます。
しかし、タクシー乗り場はどこなんだ?右往左往してようやく見つけました。
香港のタクシーはトヨタコンフォートが多いですね。しかも日本の中古が走っているような。

タクシーに荷物を載せて乗車して、ホテルの名前を告げるものの運転手さんは知らないようです。やはりまだ知られてないのか。
地図を見せてようやく場所を確認して発車しました。
香港は車が多いなあ。日本もそうだけど。
ビルの中を縫うように走り、渋滞に巻き込まれながらもようやく着きました。

さて、ホテルに入ろうとしますが開きません。悪戦苦闘していると中から開けてくれました。どうもここはオートロックみたい。
というわけで今日からの宿となるJIAブティックホテルに入りました。


(つづく)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/30その4)

2006-01-15 19:13:49 | 香港旅行記
食事してから再びファンタジーランドに行って、ファストパスを取ってたミッキーズ・フィルハーマジックを見ることに。
しかしパスがあろうがなかろうが関係なく中に入れる状態。何じゃいな。
でも中に入ってから入り口が開くまでしばらく待たされました。
3Dのめがねは咲ちんには大きすぎてぶかぶか。ちびっ子用もあればいいのに。

いよいよ開場。同時に待っていた人たちがいっせいになだれ込みます。
私たちも負けじといい席に座ろうと走りました。
いよいよ始まりです。
ストーリーは演奏会の前に吹き飛ばされたドナルドが魔法の帽子を探しにいろんなところへ行くという仕立です。
巨大画面でドナルドが所狭しと大暴れ。思わず笑ってしまいます。
途中、場面にあわせて風が吹いたり、においがしたり、水がかかったりとまるでドナルドといっしょにまわっているみたい。
しかも3Dだけに本当に画面から飛び出しているみたいで、ついよけようとしたりつかもうとしたり
こんなに楽しいと思ったアトラクションは久しぶりです。これは本当におすすめですよ

それからはいろいろお土産などを見てたのですが、どこを探してもここ限定というミッキーの月餅が見当たりません。もう売るのやめたのかな?残念。
それでもお菓子はいっぱい買いました。

エントランスまで歩いて香港ディズニーランド・レイルウェイの駅で列車を待つことに。
列車に乗り、園内の様子をぐるっとまわってみるのを楽しみにしてたら、途中のファンタジーランド駅で止まりみんなおろされてしまいました。
もしかして最終列車だったのでしょうか?

ぎゃふんとした感じで再びメインストリートUSAまで歩きます。またお土産を探したり、ベーカリーで明日の朝食用のパンを買ったりして9時の花火を待ちます。
雨が少しずつ強くなってきたみたいで、咲ちんをぬらさないように気を使います。
急にお腹が痛くなり、シティホールのトイレへ駆け込みました。
はー、すっきり

トイレの隣にベビーカーレンタルのコーナーがあり、園内で貸し出されているベビーカーがおしゃれだったので借りれるのかなとのぞいたらお金取るんですね。当たり前か
なので断念して10ドルコインを入れて記念メダルをつくる機械で遊びました。

いよいよ9時。ディズニー・イン・ザ・スターズ(星夢奇縁)の時間です。
スリーピング・ビューティー・キャッスルが幻想的に輝き、その上空にさまざまな花火が上がります。
あいにくの雨ですが、きれいに夜空に映えます。うーん、最高
翌日だとカウントダウンでさらにすごいんだろうなあ。

花火が終わると閉園です。
名残惜しいけどホテルに帰ります。
バスは混むかなあと思いましたが、定員になり次第つぎつぎと発車していくので大丈夫でした。
ホテルについてからもショップをのぞいたり余韻に浸りました。

香港ディズニーランドは出発前に割り込みは当たり前、指定場所でたばこは吸う、ところかまわずたんをはいたりおしっこしたりといった悪評をいっぱい聞いてたので少し心配だったのですが、あまりそんなこともなく、みんな楽しく遊んでいました。
我が家もじゅうぶん堪能しました。東京ディズニーランドで遊びなれた人には物足りないかもしれませんが、うちはこれくらいの規模で充分。
園内は英語、広東語、普通語(北京語)の表示しかないので、日本人にはきついかも。事実咲ちんは聞きなれない言葉に少しひいてました
でも日本語のガイド受付でいえばもらえますよ。


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/30その3)

2006-01-15 13:39:28 | 香港旅行記
ホテルに戻って休憩です。
バルコニー(とはいえ1階にあるのでテラスっぽい)からよく見るとプールが。
天気がよければ泳ぐと気持ちいいでしょうね。

買ってきたエッグタルトやキッシュを食べ、お昼寝しようと思いきや、咲ちんが暴れまわって眠らせてくれません。
たのむから寝かせてとの願いもむなしく、起きざるをえませんでした。
そしたら今度は咲ちんがいつのまにやら寝てしまいました。何じゃそりゃ!
しかたないので交替でホテルの中を探検しました。
それにしても広い。すごい。よくホテルとれたなあと我ながら感心。

ファストパスの時間も近づいてきたので、寝ている咲ちんをだっこすると起きました。
再びバスに乗ってパークまで行き、ザ・メニー・アドベンチャーズ・オブ・ウィニー・ザ・プーを目指します。

そこはすごい人の列!ファストパスで入っても20分以上待たされました。
やっとのことで順番が来て乗り、動き出しました。
こんなことをいうのもなんですが、何これって感じで拍子抜け。これで何時間も待った末に乗ってたら確実に怒りだすかも。
咲ちんもあまりお気に入りではなかったようです。

パーク内はだんだん人が増えてきたみたいで、早めに夕飯を食べておこうと思い、ミッキーズ・フィルハーマジック(米奇幻想曲)のファストパスを取ってからタヒチアン・テラスに行きました。
けっこう混雑していたもののなんとか空いている席を見つけました。
それにしてもタヒチアンなのにメニューが中華っぽいのばかり。なぜ?
といいつつもワンタンメンとチャーシュー飯を注文。それぞれ40ドルくらいだったかな?なぜかラーメンは売り切れてました。
どちらにもティーパックのジャスミン茶がついており、係の人がお湯を入れてくれます。

席について食べてみるとそれなりにおいしいです。
咲ちんはめんをちゅるちゅる。満足そう
なぜかチャーシュー飯についていたスープはインスタントラーメンの味がしました
とにかく、腹ごしらえは終了です。トイレいっとかないとね。


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲ちん香港旅行記(12/30その2)

2006-01-14 20:17:01 | 香港旅行記
腹ごしらえしてザ・ゴールデン・ミッキーズ(米奇金奨音樂劇)を見に行くことに。
ヴィヴィという女性の案内でミッキーをはじめとするディズニーキャラによるヒーロー、ロマンなど映画賞仕立てのショーです。
なかなか面白かったです。でも咲ちんはにゃまんの乳のほうがよかったみたいですが

終了後、雨がまだ降っているのでプー・コーナーで咲ちんに着せる用にプーさんレインコートを購入し、ファストパスをとっていたフェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング(獅子王慶典)へ移動。パスとってた人だけですごい人でびっくり。
開場と同時に人が流れ込み、もみくちゃになりながらも前の方の席をゲット。
やがて会場が暗くなり、ショーが始まりました。
いやー、もうすごいの一言。すっかり見入ってしまいました。
でも写真撮ったら係の人に怒られちった

それからザ・メニー・アドベンチャーズ・オブ・ウィニー・ザ・プー(小熊維尼暦険之旅)、まあ日本でいうプーさんのハニーハントのファストパスをとったら4時50分とすごい時間だったので、ファンタジー・ガーデンズでキャラクターとの写真撮影に。
ミッキーやミニーもいたのですが、うちはプーさんとティガーと撮ることにしました。
待っている途中で咲ちんがぐずってきたのですが、そこにティガーがどうしたの?といった感じであやしてくれたのがうれしかったです。おかげで咲ちんも機嫌が直りました。
やっと順番が来て記念撮影。咲ちんは大好きなプーさんと写真が撮れてうれしそう

撮影後、ディズニー・オン・パレード(迪士尼巡遊表演)を見るためにストリートへ。
咲ちんを肩車しながら待つことに。
午後1時ついにパレードが始まりました。香港オリジナルの内容で楽しいです。
キャラクターたちに手を振りながら咲ちんはうれしそう。
パレードが終わっても後をついていきました。

マーケットハウス・ベーカリーでお昼ごはん用のエッグタルトなどを買い、いったんホテルに戻ることにしました。


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加