咲ちんのパパ上日記

子育て日記のはずがいつの間にやらラーメンとツエーゲン金沢とマンガのことを書いてます。

ノンオイル和出汁とNouveau(ヌーヴォー)小麦@中華そば 牟岐縄屋

2017-10-15 22:20:00 | ラーメン
昨日から福井県坂井市全国社会人サッカー選手権大会が行われています。
最近仕事が忙しく残業続きですが昨日だけお休みだったので日帰り観戦しに行くことに。
その合間に以前から行きたいと思っていたこちらのお店でお昼をいただくことにしました。



坂井市三国にある無化調ラーメンの名店「牟岐縄屋」さんです。
三国には何度も来てるのに家族で来ることが多いので念願かなってようやく訪問することができました。

人気店ということで開店10分前に到着。
昭和感漂う建物の中にお店があります。

建物に入るとすでに開店を待つ方たちが座って待っています。
私も名簿に名前を書いて椅子に座ります。
海水浴場そばということもあり中は浜茶屋っぽい感じですね。





そのうちに自動券売機に電源が入って順番に食券を購入します。
初訪ならばレギュラーメニューの『縄中華そば』(830円)あたりを選択するのが筋なんでしょうが券売機の左に貼ってあるPOPをちらり。
事前にチェックしたTwitterでも告知されていた『ノンオイル和出汁とNouveau(ヌーヴォー)小麦』(860円)です。
これがもうおいしそうで迷わず限定ボタンを押してしまいました。







開店したら名簿の順番に名前が呼ばれて中に入る方式。
順番に作ることを考え少しずつ時間差で呼ばれていきます。
そのうち私の名前も呼ばれたのでいざ入店です。

店内は4人掛けのテーブルが2卓のみ。
そこに先に入ったお客さんと相席するかたちです。
私がちょうど8人目で満席となりました。



食券を渡して待ちます。
お店の中はヘビメタのポスターが貼ってあったりしてBGMもヘビメタ。
店主さんとスタッフの女性はふたりともアヴァンギャルドな髪型と色をしていて今にもヘッドバンギングしそう。
でも接客は丁寧で言葉遣いも良かったですよ。





20分以上待ってようやく出てきました。
シンプルでビューティフルなビジュアルです。

ワクワクしながらレンゲを取っていただきます。
スープはとってもクリア。
これは大量の真鯛のアラを炊いて取った白湯をコンソメスープの手法で清湯にしたものなんだとか。
出汁は昆布に牡蠣、浅利、蜆といった貝類、熊本産本枯節などからとっています。
なのでやさしいんだけどとってもふくよかで奥深い味わいがして非常に滋味。
非常に手間がかかっているだけにおいしくないわけがない。



麺は9月23日に解禁となった”とかち小麦ヌーヴォー”を使用した細麺です。
小麦のさわやかな香りと力強い風味がしっかりと感じることができます。
固めに仕上げられておりスープをしっかりと受け止めています。





トッピングされた具材は鶏もも肉の鶏油コンフィ、ルッコラ、針生姜、ねぎです。
低温調理されたコンフィが柔らかくて肉の旨味もしっかり閉じ込められ素直においしいです。
ルッコラと針生姜もスープに程よいアクセントとなってます。





するするっと食べ進め途中で卓上にあった煮干ラー油をちょいと垂らして味変。
するとやさしかった味が一気にワイルドに。
でもこれはこれでいけますな。



スープの一滴も残すことなくしっかり味わいごちそうさま。
いやもう一日経った今でも余韻が残るほど素敵なおいしさを堪能させていただきました。
店構えやBGMに驚きながらもこんな芸術的な一杯を味わえるとは。
金沢から下道で1時間半かけてもぜひまた来ようと思いました。


お店の詳細:
住所 福井県坂井市三国町浜地30-5-1 開運座
電話番号 090-1631-6788
営業時間 11:30~14:00頃、18:00~21:00頃
定休日 月曜日(祝日の場合その翌日)、日曜日夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えびの香りしおらーめん@らーめん 樹 ITUKI

2017-10-08 22:30:00 | ラーメン
昨晩はツエーゲン金沢愛媛FCの試合へ。
試合結果は4-1とツエーゲンが快勝!
最高の気分で西部緑地公園陸上競技場を後にしてこちらで遅い夕飯をいただきました。



長土塀の「樹」さんです。
夜11時まで営業されてるのは本当ありがたいです。

着いたのは午後10時12分です。
もうツエサポだということはばれちゃってるのでユニフォーム来たまま入店しましたw

入店して券売機の前へ。
今月の限定は『えびの香りしおらーめん』(700円)ですね。
もちろんこちらをチョイスしました。



先客は4名、後客なし。
お店は店主さんと奥様、女性スタッフの3人でやってらっしゃいました。

待ってる間調理されてる店主さんと試合の話など。
なんと店主さんは今は無き横浜フリューゲルスのファンだったそうです。
せっかくなのでツエーゲン好きになってくれませんか(^_^;)

7分ほどで出てきました。
えびの香ばしい匂いが漂ってきますね。

じゃいただきます。
スープは濃厚ながら口当たりさっぱりとした豚骨醤油。
これにえびの香味油を効かせてじんわりとうまい。



麺はストレートの細麺。
やや低加水の麺はコシがあってスープによくなじみます。
喉越しもするっと気持ちいい。



デフォの具材はチャーシュー、メンマ、岩海苔、ねぎです。
そして素揚げした桜海老が入ってます。
これが香ばしさを増してくれてたまらんのです。





あとは味玉。
これは店主さんがサービスしてくれました。
ありがとうございますm(_ _)m



空腹だったこともあり軽く完食。
勝利の祝杯がっつりいただきました。
えびの香りだけでなく味もしかと楽しませていただきました。
やっぱりこちらは大好きなお店です。
これからも楽しませてくださいね(^o^)v


お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 平日11:30~15:00、17:30~23:00
     土日祝日11:30^23:00
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)

今月のお休みは↓のとおりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和の鯛塩そば@マキシマム ザ ラーメン 初代 極

2017-10-07 23:15:00 | ラーメン
今日から3連休な方も多いのかな。
私は今日だけ休みなので夜はツエーゲン金沢の試合に行っておりました(勝ちましたよ)。
でお昼はこちらへ行っておりました。



工大前の「初代 極」さんです。
個人的に北陸ラーメン博はあまり興味ないのですよ。

開店13分前に到着してPPを確保。
その後開店を待つ人で行列ができていきます。

開店して席へ。
通常なら先に券売機で食券を買うところですが今日いただく限定メニューは直接現金で支払うのです。
それがおとといから始まった『和の鯛塩そば』(並1000円)です。
なので千円札をお母さんに渡して「鯛塩、並で」と伝えました。





開店と同時に満席中待ちとなる盛況ぶり。
その後も続々と客足は絶えず中待ちの席にも座れず立って待つほど。
さすがは連休ですね。

のんびり待つつもりでいたら意外と早く10分ほどで出てきました。
デフォのメニューと相反してシンプルかつビューティフル。



まずはスープを。
麺の入った丼にスープが張られ糸唐辛子のみトッピング、丼の縁にはわさびが添えられてます。
レンゲですくって飲みます。
天然真鯛と帆立、昆布、野菜からとったスープは鯛の旨みが体全体に行きわたる芸術的うまさ。
生臭みを抑えるため鯛の頭や脂は使わないという手の込みよう。
実際全然感じませんでした。
使用する水も福光屋さんの「恵みの百年水」だそうで一層クリアな感じになってるような。



麺は全粒粉の中低加水細麺です。
これが小麦の風味がとってもいい。
スープに溶け込むような一体感があります。



そして別皿で昆布〆が出されます。
左から大山鶏、帆立、真鯛です。
どれも昆布の旨みがしみ込んでとろけるうまさ。
誰か日本酒持ってきてー!









当然ながらあっという間に麺は完食。
ここでお母さんにサービスの追い飯をお願いします。
ついいつもの癖で百円玉出しちゃったよ(>_<)"

出てきた追い飯は煎りごまがふりかけられてます。
この上に残しておいた昆布〆とわさびをのっけてスープをかけて鯛茶漬に。
うわあこりゃたまらん。
サラサラっと胃袋直行。





最後に残ったスープも残さずぐいっと飲んでごちそうさま。
いやはや素材や手間暇を惜しまず作られた鯛塩そば、和の極みでございました。
カズさんあんた一体何者なんだよ!?
こんな繊細で美味なものを作り出すとは天才というほかないです。
店を出るとき忙しそうなカズさんにアイコンタクトして賛辞の思いを伝えたのですが届いたかしら?


お店の詳細:
住所 野々市市扇が丘5-3
電話番号 080-3045-5031
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 水曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津麺@中華そば 桜三四郎

2017-10-04 22:00:00 | ラーメン
今日は勤務シフトの関係で代休。
天気はいいけど家でごろごろ。
ですがお昼は久しぶりにこちらまで足を延ばしました。



高尾南の「桜三四郎」さんです。
8月15日で開店2周年を迎えられました。
おめでとうございます。

開店直後の11時1分に到着。
お店に入ると先客後客ともになく終始店主さんとふたりっきりでございました。

メニューをチェック。
今日は『天津麺』を注文します。
周年記念で通常880円のところ9日まで200円引きの680円なのはうれしいな。
『ターチャン麺』(880円)も気になりますね、次回はこれかな。







待ってる間店内を観察。
カウンターから灰皿が消えてますね。
でも座敷席にはあるから完全禁煙にはなってないのかな。

7分ほどして出てきました。
天津麺なんて久しぶりだなあ。

まずは丼を覆う玉子から。
ふわふわに焼き上げられた玉子は海老やきくらげ、赤巻などが入っています。
とろみのあるあんもかかっていて熱ウマです。
グリーンピースや紅生姜がトッピングされていればよりパーフェクトですな。



スープは鶏ベースの醤油味。
あっさりしつつコクのあるいい味です。
玉子を焼いたときの胡麻油の風味が移ってたまんないですよ。



麺はもちっとした中細縮れ麺。
あんがかったスープが絡んで啜るときはやけど注意。
あ、写真撮るの忘れた(>_<)

天津麺だけではなくこんなものを。
金沢情報のクーポンを使ってサービスの串揚げを。
豚ロースと玉ねぎを串に刺して揚げたてのをいただきます。
いやーこれもうまい。
ちゃんと千切りキャベツも敷いてあって普通にオーダーしても一本50円だなんてお値打ちすぎます。







さらに平日昼1時まではライス小が無料サービス。
炊き立てほかほかでうんまいよー♪





こうなったらライスの上に玉子をのっけてミニ天津飯なんちゃって。
行儀悪いけどこういうことするの大好きです(*^o^*)



きれいに平らげてごちそうさま。
さすがに満腹になりました。
これだけサービスしてもらってお会計680円だなんてうれしいったらありゃしない!
店主さんの人柄と合わせてすっごく満足しました。
心も体もあったまりましたよ。

天津麺を食べると子どもの頃、親に連れられて行った街の中華屋さんを思い出します。
すごく懐かしい思い出が蘇ってきたようでとてもいい昼食を楽しめました。
3周年、4周年と続いていってもらいたいです。
また来ますよ(^o^)v


お店の詳細:
住所 金沢市高尾南3-7
電話番号 076-298-0346
営業時間 11:00~15:00、18:00~22:30
定休日 月曜日、水曜日夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん(薄口醤油)@客野製麺所

2017-10-03 21:00:00 | ラーメン
昨日「のぼる」さんで『特ニボ』をいただいた後、駅西のヤマダ電機へ。
そしたらすぐ近くにあるこちらが目に入ってしまい思わず寄り道してしまいました。



もうおわかりですね、「客野製麺所」さんです。
食べすぎ注意なんですが食べたくなったものはしょうがないw

着いたのは11時26分です。
お店の前に車が駐まってなかったので臨時休業かと思いましたがちゃんと営業してました。

お店に入って券売機を見ます。
『冷やぶっかけ』も終わってとくに限定もない時期です。
ここは久しぶりに薄口醤油の『らーめん』(700円)をいただきましょう。
あと平日ランチタイム限定のおにぎり(1個80円)が栗ご飯だったのでこちらも購入しました。





先客は5名、後客は7名くらいだったかな。
店主さんはじめスタッフ3人で忙しそうでした。

6~7分くらいで出てきました。
見てるだけで癒されそうな感じです。

ではスープからいただきましょう。
鶏ガラベースで魚介出汁も効いた清湯スープはあっさりしつつも深い味わい。
ネギ油の香りもいいですね。
こりゃ五臓六腑にしみわたるなあ。



麺はストレートの中細麺です。
北海道産の小麦を使っていて小麦感がとっても良くていい麺です。
さすがは自家製麺にこだわる店主さんだけあります。



具材はチャーシュー2枚、メンマ、海苔、揚げナルト、みじん切りのねぎです。
チャーシューはしっかりした味で結構好みの味。



栗ご飯のおにぎりも来ました。
これで80円でいいの?って思うくらいお得感。
ほおばりながら秋だなあとしみじみ。



なんやかんやと軽く完食。
全体的にやさしい味なので思ったより苦しく感じませんでした。
限定メニュー好きな私ですがおいしいお店の定番メニューはもちろん大好きですよ。
店主さんは調理の合間に製麺作業してたりして大変でしょうがこれからも楽しませてください(^o^)/


お店の詳細:
住所 金沢市西都1-69
電話番号 076-267-5011
営業時間 11:00~14:30、18:00~21:00
定休日 木曜日、第3水曜日、水曜日夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特ニボ@自家製麺 のぼる

2017-10-02 19:00:00 | ラーメン
今日は仕事お休みですがあいにくの雨。
こんな日は家で録画してあったテレビ番組を見て過ごすのがいいですな。
でもお腹は空くのでお昼は噂のメニューを食べにこちらへ行ってきました。



玉鉾にある「のぼる」さんです。
人気店ですがコープたまぼこの敷地内にあるので駐車場の心配は無用です。
 
開店7分前に到着したらすでにお店の前にはおふたり待ってらっしゃいました。
後から知ったのですがPPにいらっしゃったのはフォロワーさんの「らーめん ちわわ」さんでした。
失礼しましたm(_ _)m
私の後からも待つ人は来て開店時には6人となっておりました。

開店して順番に席へ。
メニューを確認します。
ありましたよ『特ニボ』(850円)が。
もちろん注文させていただきました。
ってか待ってた人みんなこれ注文してましたよ。



厨房から煮干しのいい匂いが漂ってきます。
これだけで絶対にうまいと確信できます。

8分ほどで出てきました。
あ~辛抱たまらんわ。

早速いただきます。
スープは鶏白湯の京スープがベース。
これに4種類の煮干しをたっぷりと使っています。
煮干しの風味もさることながらとろけるような鶏白湯のコクと旨みがいい感じに包み込んで煮干しの苦みやえぐみを感じさせない味わいにしていくらでも飲めちゃう。
マニア向けと謳っていますがこれなら誰でもおいしく味わえるんじゃないでしょうか。



麺は低加水ストレート細麺です。
しなやかさがあって喉越しが気持ち良く楽しめます。
スープとも相性が良く、いくらでもいけちゃいそう。



トッピングされた具はチャーシュー2枚、メンマ、玉ねぎといたってシンプル。
レアチャーシューはもう説明不要のおいしさですね。



そして刻み玉ねぎがスープとともに味わうと甘みが出ていい感じ。
当初は普通にねぎで出していたようですが玉ねぎのほうが断然いいですね。



煮干したっぷりのスープはもちろん完飲してごちそうさまでした。
もうこれはお見事としか言いようのない煮干し白湯でございました。
気まぐれメニューとなっておりますがぜひぜひレギュラー化していだたきたいです。


お店の詳細:
住所 金沢市玉鉾1-177
電話番号 076-200-9397
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日(今月は↓のとおり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汁なし麻婆麺(冷麺)@らーめん 樹 ITUKI

2017-09-29 22:45:00 | ラーメン
今日はプレミアムフライデーだそうで。
まあ私は朝から晩まで仕事だったので関係ありませんがね。
でもお昼から用事が2件あって外出することになったのでその合間にこちらでプレミアムな昼食にしました。



長土塀にある「樹」さんです。
私のお気に入りのお店のひとつです。

移動途中で着いたのは13時27分です。
ちょうどお客さんがいなくなったときに入店しました。

まずは券売機で食券を買います。
今回も今月の限定『汁なし麻婆麺』の小(730円)をセレクト。
でも食券を渡すときに前回は温かい麺にしたので冷たい麺でお願いしました。





後客は3名、お店のスタッフは店主さんと奥様、バイトのかわいいお姉さんの3人でした。
それにしてもこちらのスタッフのお姉さんは美人率高いよなあ。

待ってると店主さんから「こないだの名古屋戦すごかったですね。」と。
ツエーゲンサポやいうことがバレバレですやん(*´Д`)

そうこうしてる間に出てきました。
丼を持つと冷たいっ!

麺にかかってる麻婆豆腐は挽肉もしっかり入ってます。
味のほうも山椒が効いてぴりりっとした辛さが気持ちいいですね。
みじん切りのねぎがトッピングされてるのがまたいい。



麺は軽くウェーブがかった細麺です。
冷水で締められてムニムニとした麺が熱々の麻婆豆腐と絡むとこれが意外や意外、合いますね。
不思議な味わいでうまいよこれ。



麺を先に食べ終えたところで丼には少し残した麻婆豆腐が。
どうするかというともちろん平日ランチタイム無料のライスを投入して楽しみます。
ちょっとぬるくなった麻婆豆腐とライスが混然一体としてジャンクなうまさ。





きれいさっぱり平らげてごちそうさま。
麻辣感がたまんないおいしさでした。
個人的には温かい麺よりこっちのほうが好みかも。
そして店主さんはじめスタッフの皆さんの笑顔が一段と満足感を与えてくれます。
午後からの仕事バリバリがんばれましたよp(^_^)q

さて来月の限定はどんなのが出るかな?
楽しみにしておりますね~♪


お店の詳細:
住所 金沢市長土塀2-17-32
電話番号 076-223-3911
営業時間 平日11:30~15:00,17:30~23:00
     土日祝日11:30~23:00
定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きのこの醤油そば トリュフオイル@麺屋 白鷺

2017-09-28 21:00:00 | ラーメン
昨日は午後から武蔵が辻でにゃまんから頼まれたものを買い物へ。
ちゃんと主夫業もこなしてますのよ(>_<)
その帰り道にこちらに寄って”きのこ狩り”してきました。



金沢駅前別院通りの「麺屋 白鷺」さんですw
期間限定で『きのこの醤油そば トリュフオイル』(950円)を提供してるとのことで食べに来ちゃいましたよ。



着いたのは午後1時52分です。
この時間なので先客2名後客1名とゆったり。
イケメン店主さんともうひとり男性スタッフで営業されてました。

迷うことなく注文します。
午前中に伺った「神楽」さんの『松茸香る塩ラーメン』に続いてきのこを使ったラーメンをいただくことに。

待つこと10分で提供されました。
仕上げにスプレーされたトリュフオイルの香りが鼻腔をくすぐります。

ではいただきましょう。
まずスープを啜ります。
濃い色をした醤油スープは鶏と魚介、きのこのトリプルスープで深い味わいですね。
野趣ある中に気品が感じられます。



麺は低加水のストレート細麺です。
好き嫌い分かれるかもしれませんが私は好きですよ。



トッピングはチャーシュー、穂先メンマ、海苔、小松菜、白髪ねぎ、揚げねぎです。
それにしめじが載ってます。
「匂い松茸味しめじ」なんて言いますもんね。
しめじにスープがしみこんでうまいよ。



チャーシューは豚肩ロースの低温調理チャーシュー。
鶏チャーシューもいいけどこれもいいなあ。



あとは金沢情報のクーポンで半熟味玉をつけました。
ありがとうございます(^_^)v



完飲完食ごちそうさまでした。
いい味出しておりました。
秋を感じる一杯、店主さんの笑顔とともにしかと堪能させていただきました。


お店の詳細:
住所 金沢市安江町19-6
電話番号 不明
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:30
定休日 日曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松茸香る塩ラーメン@自然派ラーメン 神楽

2017-09-27 22:45:00 | ラーメン
今日は疲れがたまっているので休みをとることにしました。
まあ予定などないので家でのんびりと。
でもお昼はちゃんとおいしいものを食べないとね。
というわけでこちらへ行ったのでありました。



超有名店の「神楽」さんです。
余裕をもって開店20分以上前に着いてポールポジション獲得です。
その後続々とやってきて列が伸びます。
県外ナンバーの車も何台か。

店主の宮本氏が暖簾を掲げて開店。
挨拶してカウンター一番左の席へ着席。
もちろん開店と同時に満席、中待ち発生です。

さて黒板メニューを確認しますか。
お目当ては昨日から正式にスタートした一日10食限定の『松茸香る塩ラーメン』(1,350円)です。
秋の味覚の王様松茸を贅沢にもラーメンに使うなんて楽しみじゃありませんか。
もちろんオーダーしましたよ。
それにしても『フカヒレ姿煮ラーメン』(3,800円)すごいな。
貧乏人の私には手が出ませんがどんな人が食べるんだろと思ったら隣の人がお願いしてましたΣ(゚Д゚)







あと切れ端チャーシューがあったので速攻でゲット!
酒の肴に最高なんです(^0^)~♪



10分ほど待ったところで出てきました。
松茸の芳醇な香りがたまんないですなあ。

にっこり笑顔でいただきます。
スープはすっきりとした清湯。
塩味なので鶏や魚介などの旨みがよく感じます。
その中に松茸の風味が溶け込んでおいしいったらありゃしない。



麺はおなじみの中太ストレート麺。
モチモチ感がよく上あごに吸いつくような喉ごし。
いつもながらいい麺だと実感します。



トッピングはチャーシュー、海苔、白髪ねぎ。
そして松茸と輪切りのスダチがのってます。
松茸は薄くスライスしたものを片面だけソテーしたもの。
これがまあ香りもさることながら歯触りもよく贅沢な仕上がり。
ある意味これがトッピングされてこの値段でいいの?って思うお得感です。





チャーシューは低温調理タイプが2枚。
やっぱりここのは最高やな。



丼を持ち上げてスープを飲み干しごちそうさまでした。
私の貧困なボキャブラリーでは伝えにくいのですがとにかく素晴らしい味でした。
高級食材を使ったラーメンは下手するとキワモノになりがちですがさすがは神楽さんですね。
もう食欲の秋をたっぷりと堪能させていただきました。


お店の詳細:
住所 金沢市寺町1-20-10
電話番号 076-280-5010
営業時間 11:30~14:15、17:30~20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 月曜日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホルモン中華@麺専門店 アラキ

2017-09-26 23:00:00 | ラーメン
さて昨日の続き。
ラーメン一心」さんにてお昼ごはんを済ませて富山駅へ。
ここからあいの風とやま鉄道で東富山駅へ移動します。
駅を降りて西に向かって歩いて岩瀬スポーツ公園へ向かいます。
10分ほど歩いたところでなにやら気になるお店がありますね。
思わず引き寄せられてしまいました。



ここが噂の「麺専門店 アラキ」さんですか!
なんてね、最初から知ってたんですけどw

お店の周りの駐車場は車でいっぱい。
お店に入るとすごい人で賑わっています。
カターレ富山ののぼりが立ってるな。
とりあえず私も券売機で食券を買う行列につきました。



こちらは麺専門店というだけあってラーメンだけでなくうどんやそばも食べられるというお店。
ですがラヲタとしてはラーメン食べるに決まってます。
ここは一番左上にある『ホルモン中華』(680円)のボタンを押します。





出てきた食券をお店の人に見せると手際よく空いている席を教えてくれます。
50席以上あろうかという席は満席状態ですが回転もはやいので比較的スムーズに座れます。
お昼だけの営業だそうですが営業や配送途中のサラリーマンやタクシー運転手、近所のおばちゃんなど多彩な客層です。
お店のほうはそろいの黄色い頭巾とエプロンのお姉さま方が10人以上忙しそうに働いてました。



とりあえずセルフサービスのお冷やをくんできて待ちます。
周りの人皆おいしそうに食べてます。
うどんやそばもおいしそう。
それにしてもスマホいじりながら食べてる人が多い…人のこと言えんが。



そうこうしてるうちに持ってきましたよ。
なんかボリュームあるんですが(*o*)

ではいただきますか。
スープは豚骨ベースで鶏ガラや野菜などからとった醤油味。
ほどよい味の濃さですね。



麺は自家製麺の縮れ麺です。
かんすいの使用を抑えた玉子麺はモチモチした舌触りで吸い付くような感じ。
しかしまあ量が多い!
普通の店の2玉分は余裕でありそう。



具材はホルモンとメンマ、ねぎです。
ホルモンと言ってますが豚のバラ肉とモモ肉を煮込んだもの。
肉の繊維がほろほろとほぐれ脂もいい感じに落ちてます。
これまた量がありますね。



1時間前に食べたばかりな上、このボリュームに四苦八苦。
なんとか食べきることができました。
この値段でこの味この量なら人気があるのもわかります。
でも小食の人ならサイズは小で十分満足するかな。

食べ終えた後はセルフで食器を片付け次の人のためにさっさと店を出るのが流儀。
お腹をさすりながらすぐそばの岩瀬スポーツ公園に向かいトレーニングマッチ見学をしたのでした。
ああ幸せ(^ω^)


お店の詳細:
住所 富山市住友町24-11
電話番号 076-438-0012
営業時間 11:00~15:00(L.O.)
定休日 日曜・祝日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加